業務用エステ機器 レンタル&リース

レンタル&リース

業務用エステ機器のリース

業務用エステ機器のリース

リース契約の最大のメリットは経費になる事

リース契約の最大のメリットはエステサロンのオーナー様にとっては負債ではなく経費になる事です。

業務用のエステ機器を一括支払いで購入した場合とリース契約でレンタルした場合のメリットとデメリットを考えてみましょう。

一括支払いで購入した場合

通常、業務用の美容機器を一括支払いで購入した場合は、購入した人が所有権を持ちます。

一括支払いした時のメリットは
①支払いが一回で終わる。(金利等がかからない)
②自分の物だという満足感がある。
③自由に売却できる。

です。

デメリットは、
①大きなお金が動きキャッシュフローが悪くなる。
②固定資産税を毎年支払う。
③動産保険料を別途支払う。

リース契約でレンタルした場合

それに対してリース契約でレンタルした場合のメリットは、
①財務諸表の経費科目になり負債にならない。
②固定資産税がかからない。
③月々の支払いのみで良い。(自己資金が無くても導入できる。)
④万が一の時には動産保険に加入している。

デメリットは、
①所有権がない。
②総額支払いは一括支払いに比べるとリース料金の方が高い。

弊社では、業務用で使用する機器はリースをお勧めしております。
二つの理由があります。

数百万円のコピー機を一括購入で買いますか?

答えはノーです。
業務に使用する機器は仕事に使用するものですので投資で考えます。所有しなくても使える事ができ業務に支障がなければ良いのです。

もう一つの理由は、経営はキャッシュフローで計算するので月々のリース料金に対していくら儲かるかを計算します。
例えば、月々リース料金が3万円で利益が50万円あったとします。
その場合、月々47万円の儲けとなります。
経営の場合は、月々の儲けを足したものが年間の儲けになります。1年でいくら儲かったが経営では重要となります。
一括購入の場合ですと初年度に儲けが少なくなります。
これは経営者にとってはリスクとなります。

経営は最小のリスクで最大の儲けを出す事が大事ですので弊社では月々のリースをお勧めしております。

また、リースに対するリース会社の考え方も変化してきました。
今までエステ業界にはリース業者は審査が厳しくなかなかリース契約が出来ませんでした。
それが金融緩和によりエステ機器に対するリース審査も比較的容易になってきました。
また、弊社では金融機関からも10数年以上の実績がある会社ですので比較的審査も優遇されます。

リース契約でエステ機器ご導入をご検討中のオーナー様にはまずは「予備審査」をお申し込みしていただきます。

まずはご相談のお電話をください。

0120-99-4104

リースご契約でご導入する場合の流れ

1. お電話でのご相談

お電話でのご相談

  • 導入希望機器の相談
  • リース契約についての相談
  • 月々のお支払い内容の相談

2. リース見積書と予備審査申込書をご送付

  • リース見積書をご確認していただき予備審査申込書をご記入しFAXか郵送でワールドジャパン株式会社まで送る。

3. デモ体験

デモ体験

  • 予備審査が通過したらご希望の業務用のエステ機器のデモ体験を行い体感を実感する。

4. 本申し込み

  • リース会社より書類が届き本申し込みを行う。

5. リース契約成立・機器の導入

  • 納品日・講習日の日程を調整して機器をサロンに導入する。

6. アフターサポート

  • 弊社では実際に機器が導入されてからは売上アップのためのサポートをさせていただきます。
    直営サロンを首都圏に4店舗展開しているので必要に応じて、メニュー相談や集客相談によりアドバイスさせていただきます。
  • また、必要に応じて再講習等も行っていきますのでご安心ください。

リース可能商品

  • 脱毛機
  • 痩身機
  • その他の機器

レンタル可能商品

大畑社長コラム

大畑社長

エステ機器を購入する際にはいくつかの支払方法が存在します。
ポピュラーなのは自己資金による一括でのお支払いです。
他にも銀行や国民金融公庫などからのお借入れや、弊社でもご紹介可能なオーナー様向けのクレジットやローンなどからのお借入です。
これは基本的にはご購入という形です。
つまり購入したエステ機器は資産となります。
金額的には備品という扱いになる場合があり、その場合は減価償却が必要となります。

購入とは別にリースという形も存在します。
リース契約というのは、リース会社がエステ機器のメーカーから機器を買い取ります。それをサロンのオーナー様にレンタル契約を行いサロンオーナー様は月々リース会社にリース料金を支払います。
所有権はリース会社になります。

一般の会社ではコピー機やパソコン、電話、設備機器は通常リース契約するのが普通です。
エステ業界だけは今までは不安定な業種とみられていましたのでエステ機器はリース会社があまり取り扱いたくない業種の一つでした。
それが昨今の政治事情で金融緩和の波がエステ業界にも影響し始めました。
日本企業は金余りの企業が増えその資金を投資に回そうとリース取扱高を増やしてきたのです。

だから、今はリース契約はとても魅力的なのです。

このリースにはメリットがあります。
最大の特徴は購入する時のように大きな資金的リスクが抑えられるという点。
月額料金のみでの支払いとなるので大きな資金が必要ないのです。
最低でも月額料分の売上を考えて経費を計算すればよいということになります。

また、経理面でも良いことがあります。
それは減価償却をする必要がないということ。
資産として購入する場合は全額一括で経費として認められるわけではありません。減価償却費として数年にわたり経費計上されるのです。
それがリースであれば、月額料金まるごと経費として認められます。
経費計算もしやすくオーナー様の目に見える形で経営ができるのです。

とはいえデメリットもあります。
リースには支払い年数の制限があります。
リース期間は3年間~7年間となっています。
ですからその期間は固定経費が生まれるということです。

とはいえ購入時のキャッシュフローが悪くなるリスクを回避できるという面から比べるとかなり低いリスクです。
それまでに売上を安定させる時間があるということですから。

エステ機器をリースした場合は、購入資金として用意していたお金を運転資金に回すことが可能となります。
特に初めて開業されるオーナー様はエステ機器や店舗の家賃、人件費に頭がいっぱいになり、毎月の運転資金に余裕を持たれない方が結構見られます。
実は購入資金を支払うと運転資金がほとんどなかったという風になってしまう方にはリースをおすすめします。
その方がサロン経営が成功する確率が高まるからです。
当り前ですが、できるだけサロン機器の購入費や他の固定費はかけないに越した方がいいのです。
とはいえ安かろう悪かろうのエステ機器を選んでしまったらお話にはならないのでご注意ください。本当に安かろう悪かろうというのは存在しますので。
ご興味を持たれた方は是非一度、弊社にご相談ください。