トピックス

シミやたるみに徹底アプローチ! 美容機器「セルサー」の実力とは?

「年齢だから…」とあきらめていませんか?

見た目年齢もグンと若返る!?
美肌のカギは「ターンオーバー」にあり!

夕方、電車の窓に映る自分の老け顔にギョッとした――そんな経験はありませんか?

朝晩のお手入れもそれなりにしっかりとやっている。化粧品にもこだわっているし、時にはシートマスクで保湿ケアだってやっている。それでもなぜこんなに疲れ顔なんだろう…。

年齢を重ねるごとに鏡を見るのがつらくなってくる・・・

年齢を重ねるごとに鏡を見るのがつらくなってくる・・・

年齢よりもなんだか老けて見える――その原因は、やはりフェイスラインのたるみやほうれい線、そして何よりも蓄積された紫外線によって顔中に見え隠れする「シミ」にあるのではないかと思う。

極端な話、同じようにたるみやほうれい線があっても、シミやくすみのない白肌をキープしている女性は、年齢よりも若々しい印象を持たれるのではないでしょうか。

頬全体にうっすらと現れたシミ。これが「老け顔」の原因ともなる

頬全体にうっすらと現れたシミ。これが「老け顔」の原因ともなる

「一度できてしまったシミを消すには、美容外科に行かないと無理」という人もいます。確かにシミをきれいに「消す」ためには、美容外科や皮膚科でレーザー治療を行うのが確実かもしれません。しかしレーザーによるシミ治療は保険対象外。費用も掛かるうえに、レーザーを肌に当てることへの不安もあって、なかなか「よし! 行こう!」と決断できない人も少なくないのではないかと思います。

できてしまったシミや気になるくすみを、肌に負担をかけることなく少しでも薄く、改善する方法というのはないのでしょうか。さまざまな角度から考えていきたいと思います。

そもそも「シミ」ってどうしてできるの?

実は、ひとことで「シミ」といっても、医学的には6種類に分けられるといわれています。
その中でも紫外線の影響によってできるシミを「老人性色素斑」といい、顔や腕、手の甲など、さまざまな場所に現れます。初期の段階ではとても薄く、目立たないのですが、時間が経つ(年齢を重ねる)につれて、濃くなったり広がったりするという特徴があります。

肌が紫外線を浴びると、肌のシミやしわなどの影響を与える「活性酸素」が発生します。加えて、細胞の核を紫外線から守ろうと、表皮の一番下にある、黒いメラニン色素を作る作用を持った「メラノサイト」という細胞が活性化。それにより、メラニン色素を多く含む表皮細胞が層となり、シミとなってしまいます。

シミを予防するためには、日々の紫外線対策が欠かせません!

シミを予防するためには、日々の紫外線対策が欠かせません!

しかし、若い時は新陳代謝が活発なうえ、肌の細胞が一定の周期で生まれ変わる「ターンオーバー」も正常に働いています。そのため、紫外線によって増えたメラニン色素もスムーズに排出され、シミができることはありません。

ところが年齢を重ねると、このターンオーバーの周期が長くなり、メラニン色素がなかなか排出されずに肌に残ってしまいます。30代に入って急にシミが気になる人が増えるのは、この「ターンオーバー」の周期の乱れが大きく影響しているからなのです。

ターンオーバーが正常に働けば、メラニン色素はシミになる前に排出される!

ターンオーバーが正常に働けば、メラニン色素はシミになる前に排出される!

「ターンオーバー」を促せば、シミの予防につながる!?

シミの発生に肌のターンオーバーが大きく影響している――ということは、言い換えれば「肌のターンオーバーを整えれば、シミを予防することができる」ということ。一度できたシミを完全に消すことは難しいといえますが、皮膚内で蓄積されているメラニンの働きを遅らせたり、シミを予防することはできるはず。

肌のターンオーバーが乱れる原因は「加齢」だけではありません。ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが崩れたり、食生活が乱れることで、新しい細胞を作るための栄養素が不足することで起こることもあります。また、間違った洗顔によって、古くなった角質が肌に残っていることによって起こる場合も。

間違った洗顔がターンオーバーの乱れにつながることも!

間違った洗顔がターンオーバーの乱れにつながることも!

「加齢」は防ぐことはできませんが、それ以外の原因は、日々のちょっとした注意によって改善できるものがほとんど。肌のくすみやシミが気になるという時は、以下に挙げる「改善ポイント」を見直してみましょう。

●「6時間以上」の「良質な睡眠」を心がけよう

実はターンオーバーはだいだい6時間くらいかけて行われるといわれています。そのため、睡眠も「6時間以上しっかりと眠る」ことを心がけたいもの。よく「午後10時から午前2時の間は美容エキスが分泌されるからしっかり眠ろう」といわれますが、そこにこだわる必要はありません。ベッドに入る時間が午後10時を超えてしまっても、6時間以上熟睡できれば問題はありません。

●飲酒・喫煙はできる限り控えよう

タバコやお酒は美容の大敵ともいえる存在。お酒を飲むと体内の水分が大量に失われるばかりか、アルコール分解のためにビタミンB群が大量に消費されてしまいます。また、タバコは血行が阻害し、体内のビタミンCが壊されてしまうといわれています。「吸う人と吸わない人では肌質の差が一目瞭然」といわれるほど、タバコは美容にとって「百害あって一利なし」の代表ともいえるほど。肌をキレイにしたいと思っているならば、真っ先に禁煙を考えるべきです。

●毎日の食生活を見直そう

油っこい食事や、偏った食事が続くと、新しい細胞をつくるための栄養素が不足し、ターンオーバーの乱れを引き起こす原因に。糖分の多い食事や加工食品、ファストフードばかり食べていると、必要な栄養素が不足してしまいがち。タンパク質やビタミン類、亜鉛などの栄養素をしっかりと摂るために、肉や魚、野菜など、バランスのよい食事を心がけましょう。

「ターンオーバーを整える」エステ機器とは?

実は、エステでのフェイシャルコースでも「ターンオーバーを整える」ことを目的としたさまざまな施術が行われています。

ターンオーバーの周期は、遅いのはもちろん、早すぎても乾燥や肌荒れを引き起こすといわれています。加齢や好ましくない生活習慣によって乱れてしまったターンオーバーを、セルフケアで「正常に整える」ことは、決して簡単なことではありません。「40代になって急にシミが増えた気がする」「毎日しっかりとケアしているのに肌がガサガサ…」という時は、“美容のプロ”によるアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

ターンオーバーを整えるには、その時の肌状態に合わせた適切なケアが必要

ターンオーバーを整えるには、その時の肌状態に合わせた適切なケアが必要

自宅での毎日のお手入れや、パックなどの保湿ケアももちろん大事ですが、やはりどんなに頑張っても肌表面のケアしかできません。しかし、エステサロンのフェイシャルマッサージの多くは、肌表面だけでなく、その下の筋肉や血流、リンパ、体の“ツボ”などにも考慮し、アプローチすることで新陳代謝を高め、ターンオーバーの正常化や老廃物の排出をめざします。また、サロンによっては、肌のより深部にまで働きかけるというマシンを併用し、美容液などの有用成分の浸透やターンオーバーの正常化を促すところも。自宅ケアではなかなか実感できないハリ・ツヤ、そしてワントーン明るい肌へと仕上げてくれます。

そんなサロンのフェイシャルコースの中で、「ターンオーバーを整える」ことを目的として多く使われているのが『セルサー』という美容機器。これは専用のマスクを通して「パルス波」という特殊な電流を顔に流し、肌深部の細胞に刺激を与えることでターンオーバーを促すというもの。

細胞レベルで働きかけ、ターンオーバーの乱れを整えてくれる

細胞レベルで働きかけ、ターンオーバーの乱れを整えてくれる

もともとこの「セルサー」傷跡や火傷跡などの再生医療用として開発された機器ですが、今ではそのメカニズムを美容にも取り入れられるように改良されたマシンが開発され、今では多くのエステサロンで導入されています。

洗顔やクレンジング後に、美容成分を顔に塗布し、セルサーによるケアを行い、さらにその後、仕上げとしてエステティシャンによるハンドマッサージを行う――というのが一般的なサロンでのお手入れ法になりますが、セルサーとハンドマッサージを併用することで、ハリ・ツヤ感のアップ、くすみ改善など、お客様に満足度の高い施術が提供できるのだとか。

現在、サロンではさまざまなセルサー機器が使われていますが、中にはセルサー機能だけでなく、エレクトロクレンジングやピーリング、イオン導入など、1台で6つの施術を提供できる『バイオメディックセルサー』といった、複合型マシンも登場、フェイシャルメニューの幅を広げてくれると、人気を集めています。

バイオメディックセルサー

「1台6役」のエステティック複合機『バイオメディックセルサー』

ターンオーバーの乱れを整え、シミやくすみ、たるみといった肌悩みを改善へと導く――「セルサー」をハンドマッサージの効果を高める補助的役割として、またはフェイシャルメニューの主力マシンとして取り入れてみてはいかかでしょうか。

美容ライター 大野ルミコ
大手広告代理店、出版社での勤務を経て独立。女性誌や美容専門誌などを中心に、コスメ、サプリメント、ホームケアアイテムに関する記事執筆、取材多数。『美容用語事典』(美容経済新聞社)の薬事監修・校正なども手掛ける。

バイオメディックセルサー

バイオメディックセルサー

http://esthekiki.com/other/bio-medic-cellcer/