トピックス

エステサロンで大人気! ラジオ波の“真の実力”とは?

何をやっても痩せない…自己流ダイエットの失敗、繰り返していませんか?

夏が近づくたびに「痩せなくちゃ!」と思うものの、結局、何の変化もないまま――そんな長年の悩みを抱えている女性は多いもの。

食事制限も運動もそれなりにやっている「つもり」なのだが、それが結果に結びつかずに途中であきらめてしまう。もしくは、無理な食事制限で一度は体重が減るものの、すぐにリバウンドしてしまうなど、自己流ダイエットの“落とし穴”にハマって抜け出せなくなっている人も少なくありません。

頑張っているのに痩せない――そんな悩みを抱える女性は多いもの。

頑張っているのに痩せない――そんな悩みを抱える女性は多いもの。

「自分ひとりではダイエットできない」と、エステサロンを訪れてくる女性が期待するのは「無理なく」「キレイに」スリムになれること。特に、ウエストや二の腕、太ももなど、気になる部分やコンプレックスを「何とかしたい!」と、エステサロンの痩身機器の“実力”に大きな期待を寄せているもの。こうした期待に応えて、サロンのファン客になってもらうためにも、サロンの「顔」となるマシン選びはその後の経営にも関わってくる重要なポイントといえます。

そんなエステサロンの痩身メニューの中でも、高い人気を誇っているのが、RF(ラジオ波)マシンを使った施術。ラジオ波は、もともと電気メスやがんの治療など、医療分野で使用されていた高周波温熱機器ですが、美容の分野で使用できるように開発され、今では多くのサロンでたるみやむくみの改善による痩身、セルライトケアなどに用いられています。

ラジオ波はセルライトケアや部分痩せメニューにと活躍中

ラジオ波はセルライトケアや部分痩せメニューにと活躍中

とはいえ、ラジオ波による施術によってどのような効果が期待できるのか、どんな人にお勧めなのか、改めて聞かれると「???」という人も多いのではないでしょうか。今さら聞けないラジオ波のメカニズムや効果、効果的な施術についてまとめてみたいと思います。

ラジオ波の様式によって「エネルギーの届き方」が変わる!

ラジオ波とは、電磁波の一種であり、そのしくみは電子レンジに似ているともいわれています。このラジオ波を人体に流すと、ダイエットの大敵である脂肪細胞が振動します。それによりジュール熱(摩擦熱)を発生させ、その熱で脂肪を燃やしたり、溶かしたりするのです。

脂肪の燃焼はマラソンや水泳といった有酸素運動でも可能ですが、その場合脂肪細胞は小さくなるだけ。暴飲暴食をしてしまうとあっという間にリバウンドしてしまいます。しかし、ラジオ波を使って燃焼させると、脂肪細胞は完全に破壊されるため、リバウンドの可能性が非常に低くなるといわれています。

有酸素運動では脂肪細胞を「破壊」することはできないのです

有酸素運動では脂肪細胞を「破壊」することはできないのです

このラジオ波にはエネルギーの届き方が異なる3つの様式があります。

●モノポーラー式(ユニポーラー式)

一つの電極から体の奥に向けて直線的にラジオ波が出ます。「対極板」というものを体に貼って使用、皮下2センチ程度にある深部の脂肪へとラジオ波を届けます。老廃物の排出や痩身効果が期待できます。

●バイポーラー式

二つの電極の間をラジオ波が流れます。そのため浅い部分、肌の表面に効果があらわれるのが特徴。新陳代謝の促進など、美容効果が期待できます。

●マルチポーラー式

電極が三つ以上ある、その間をさまざまな方向にラジオ波が流れます。電極間の距離によって、浅い部分・深い部分両方の効果があるといわれています。モノポーラー式とバイポーラー式、両方の効果が期待できる方式です。

このように、出力の様式や効果を発揮する部分は若干異なりますが、痩身施術に用いられた際の効果はほとんど変わりません。ラジオ波の出力方式は、周波数や出力の程度によっても大きく変わりますが、一般的にラジオ波による痩身施術によって、以下のような効果が期待できるといわれています。

・部分やせ効果

ラジオ波は気になる部分にピンポイントに照射することも可能なので、その部位のサイズダウンを意識的に行うことでおなかや二の腕、太ももなどの部分やせをめざします。1~2回の施術でサイズダウンを実感する人もいます。

気になる部分をピンポイントでケアできるのもラジオ波の魅力

気になる部分をピンポイントでケアできるのもラジオ波の魅力

・セルライトの除去

ラジオ波が体の中に届くと摩擦熱が発生しますが、この熱が脂肪を溶かし脂肪を体の外に排出しやすくさせるといわれています。部位によっては7℃くらい体温を上げ、脂肪を溶かすので、特に脂肪が固くなったセルライトに対しても効果が高いといわれています。

・エイジングケア

ラジオ波が発生させる熱は皮膚の内側まで届き、コラーゲンを収縮させて肌を引き締める効果があるといわれています。また、熱によって肌に損傷を与えることで、コラーゲンをつくる細胞が増えるため、肌にハリを与え、シワを減らす効果も期待できます。

ラジオ波はエイジングの悩みにもうれしい効果が期待できるのだとか

ラジオ波はエイジングの悩みにもうれしい効果が期待できるのだとか

・体温&代謝アップ

ラジオ波が発生させる熱により体温を上げることができます。体温が上がると代謝がアップし、血液の循環や新陳代謝も改善。冷え性やむくみを防ぐといわれています。代謝が良くなると体内に老廃物がたまりにくくなるため、太りにくい体になるといううれしい効果も。

ラジオ波にはこのように、ボディラインに悩みを抱える女性にうれしい効果がたくさんあります。特にセルライトによってやせにくい体になっている人や、冷え性に悩む人、代謝が下がりむくみがひどい人などにはオススメの施術だといえるでしょう。

ラジオ波はキャビテーションと組み合わせるとより効果アップ!

エステサロンでは、ラジオ波は痩身メニューの一部として、他の機械やハンドマッサージと組み合わせて提供されていることがほとんど。それにより、ラジオ波で温めて溶けたセルライトや脂肪を、さらに「リンパの流れを促して排出しやすくする」効果があります。

燃焼した脂肪をスムーズに体の外へ排出させることが大切!

燃焼した脂肪をスムーズに体の外へ排出させることが大切!

特にラジオ波と合わせて使いたいのが「キャビテーション」。キャビテーションはラジオ波よりも、さらに脂肪分解をメインにしている施術ですが、分解した脂肪を体の外に排出するのが難しいという難点があります。しかし、ラジオ波と一緒に施術を行うと、分解された脂肪がラジオ波の熱で燃焼・溶解し、排出できるのでより高い効果が期待できるのです。そのため、多くのサロンで一度の施術でラジオ波とキャビテーションの両方を受けることのできるメニューが用意されています。

とはいえ、ラジオ波とキャビテーションの両方を一度の施術で受けるとなると、一回の施術時間が長くなり、サロン側も施術を受ける利用者への負担が大きくなってしまうもの。そのため、今はキャビテーションとラジオ波の施術を同時に施術できる最先端マシンへの人気・需要が高まっているのです。

そんなハイスペックマシンの中でも、近年、特に高い人気・実績を集めているのがラジオ波、キャビテーション、低出力レーザー、サイクロン吸引、LEDの機能を1台に搭載した『セルライトゼロ』。

セルライトゼロ

コンパクトなボディに5つの機能を搭載した『セルライトゼロ』

ラジオ波とキャビテーション、低出力レーザー、LEDの同時出力を実現した「キャビラジ」と、ラジオ波とサイクロン吸引、LEDを同時に行う「サイクロンラジ」の2つのハンドピースで“温める・はじける・溶かす・もみだす・引き締める”の5つの施術を同時提供。それにより効果はそのままに、施術時間の大幅短縮を実現してくれます。

また、ラジオ波で温めながらマッサージし、代謝を促進すると同時に、リンパに沿って老廃物を体外に排出、プロポーションを整える「サイクロンラジ」によって、大幅な痩身によって起こりがちなたるみもしっかりと予防。気になる部分のサイズダウンはもちろん「美しく、キレイな」ボディラインへと整えます。

美しくキレイな体をつくることができるのも『セルライトゼロ』の魅力

美しくキレイな体をつくることができるのも『セルライトゼロ』の魅力

ラジオ波の効果を最大限に引き出し、「+α」の機能でさらに高い結果と満足度を引き出す『セルライトゼロ』。しかも一つひとつの施術を別々に行うよりも施術時間を大幅に短縮できるため、サロンの予約回転率アップにも貢献してくれること間違いなし。ボディにフェイシャルにとこれ1台で多彩なメニュー展開にも対応でき、サロン売上&集客アップの大きな武器になってくれるはずだ。

美容ライター 大野ルミコ
大手広告代理店、出版社での勤務を経て独立。女性誌や美容専門誌などを中心に、コスメ、サプリメント、ホームケアアイテムに関する記事執筆、取材多数。『美容用語事典』(美容経済新聞社)の薬事監修・校正なども手掛ける。

セルライトゼロ

セルライトゼロ

http://esthekiki.com/cellulitezero/