放っておくと慢性化することも!?夏の冷え症の原因と対策

身体からは滝のような汗、でも手足だけはなぜか冷たい。このような状態が起こったら、それは夏の冷え症かもしれません。夏と冷え症はあまり関係なさそうに思えるかもしれませんが、実は、夏の生活の中には冷え症を誘発する要因がたくさん隠れているのです。こちらの記事では、夏の冷え症の原因と対策をご紹介しています。

 

 

夏の冷え症とは?原因は何?

外気温が低い冬場では、ほとんどの方が手足の冷えを感じるといいます。これは、外気の冷たさに体温を奪われることで起こりやすい現象ですが、夏場では冬場とは異なった理由で冷え症になることがあるのです。それではまず、夏の冷え症の原因から見ていきましょう。

 

夏の冷え症、いちばんの原因は身近なアレだった!

夏の室内で最も使われているものは何でしょうか?そう、冷房ですよね。近年では、地球温暖化に伴い冷房の温度を低めに設定している方が多く見受けられます。しかし、この冷房こそが夏の冷え症を誘発するいちばんの原因になっているのです。外気温が高い屋外から冷房の効いた室内に入ると、しばらくかけて体温が下がって快適に過ごせます。しかし、何時間も冷房が効いた室内で過ごしていると、今度は少しずつ寒気を感じるようになり、人によっては手足に強い冷えを感じることがあります。このような冷え症は「末端冷え症」と呼ばれ、冬場だけでなく夏場でも症状を訴える人が多いのです。そのほかにも、肩や腰だけが異常に冷たいといった症状が出ることもありますが、いずれの場合でも、早めに対策を行っておかないと慢性化するリスクが高まります。

 

自律神経の乱れも夏の冷え症の原因に

私たちの体内には、体温調節や血流に関わる交感神経と副交感神経という2種類の自律神経が存在し、これらの自律神経はバランスを取り合いながら体調を整える働きをします。ところが、真夏の炎天下から急に室温が低い室内に入ったりしたときなどには、自律神経がうまく対応できず、夏の冷え症を引き起こすことがあるのです。このように、自律神経のバランスが崩れたことによって起こった冷え症は、何もせずに放っておくとますます悪化することがあります。

 

冷たい食品の過剰摂取

夏の暑さでぐったりしついには食欲も減退…。こうなると、ついつい食べやすいそうめんやアイスクリーム、アイスコーヒー、ビールなどの冷たい食品に手伸ばしてしまいますよね。もちろん、これらの食品を続けて摂らなければ問題はありませんが、続けて摂った場合には内臓が急激に冷え、機能が鈍ることがあります。すると、内臓を守る目的から脂肪が蓄積されやすくなるほか、お腹から身体全体に冷えが広がることもあるのです。冷たい食品を摂るなら、1日の中で何度も摂らない、続けて摂らないことを心がけましょう。

 

辛い夏の冷え症はこの方法で対策しよう!

どのようなことが原因で起こったとしても、夏の冷え症をそのまま放っておくと慢性化のリスクが高まります。そうならないためには、今すぐにできる対策から試してみて、体調がどのように変化するか見守ることが大切です。それでは早速、お手軽に実践できる夏の冷え症対策をご紹介していきましょう。

 

お風呂ではしっかり湯船に浸かる

夏のお風呂場って暑いですよね。そしてつい、シャワーだけで済ませている方は多いはずです。しかし、シャワーだけで済ませてしまうと、冷房や冷たい食品で冷えた身体が温まらず、夏の冷え症改善にはつながりません。暑いとなかなか湯船に浸かる気にはなれないかもしれませんが、夏の冷え症を少しでも改善したいなら、ややぬるいと感じる湯船に10~15分程度浸かって身体を温めましょう。特に冷房が効いた室内でのデスクワーク時間が長い方の場合では、血行不良と夏の冷え症がワンセットで起こることがあります。そうならないためには、湯船にゆっくりと浸かって身体を温めたり固まった筋肉をほぐしたりする工夫を行うことが大切です。

 

ブランケットなどで冷房の直撃を避ける

冷房が効いた室内に長時間滞在する場合には、薄いブランケットなどを用意しておき、冷房の直撃を避ける工夫をしましょう。ブランケットは肩にかけることができるほか、お腹や腰に巻いて使用することもできますので、1枚あると重宝しますよ。また、足先が冷えてどうにもならないなら、靴下を用意しておくと便利です。最近では、シルクや麻などを素材とした夏用の靴下が数多く販売されていますので、こちらもあわせて用意しておくことをおすすめします。

 

スープを食事に取り入れよう

わかってはいても、暑さでぐったりすると食欲がなくなって冷たいものばかりを摂ってしまいがちです。それはそれで仕方がないことですので、冷たいものばかりを続けて摂ってしまったなら、その間に温かいスープを取り入れてみましょう。カップスープならいろいろな種類があるため、飽きずに続けることができるはずですよ。もしもダイエットをしているなら、温かいコンニャクラーメンなどもおすすめできるでしょう。

 

ホットジェルでマッサージ

お休み前に手足の冷えが気になる場合には、ホットジェルまたはクリームの使用がおすすめです。このような製品はシーズン製品ですが、インターネット通販などでは取り扱いがありますので、ぜひ探してみてくださいね。手足が冷たいと、それが原因で寝不足になり、早い段階で夏バテするリスクが高まります。ホットジェルやクリームは1種類用意しておくだけで、夏の冷え症対策に役立ちますよ。

 

適度な運動も夏の冷え症対策に役立つ

血行不良や夏の冷え症の対策として欠かすことができないもの、それは適度な運動です。運動といってもそれほど難しく考える必要はなく、簡単なストレッチや家事を素早くこなすなどを習慣化すれば、それだけで血行不良や夏の冷え症改善に役立つのです。また、普段から運動を行っていたものの、新型コロナウイルスの影響を受けて屋外の運動を行えなくなり、これで夏の冷え症になってしまったという方もいることでしょう。このような方は、ソーシャルディスタンスを守った上で屋外の運動に取り組むのもひとつの方法ですが、思い切ってトレーニンググッズを購入してトレーニングするという方法もあります。現在低価格で高性能なトレーニンググッズが数多く販売されていますので、この機会に購入を検討してみても良いのではないでしょうか。

 

まとめ

冷え症というと、外気温や室温が低くなる冬場のイメージが強いですよね。しかし近年では、冷房などの影響を受けて夏の冷え症に悩まされる方も少なくありません。夏の冷え症は、手足の先端や肩、背中、腰などに現れることが多いのですが、どの部位であっても放っておくと慢性化し、1年中冷え症に悩まされることになりかねないのです。それを防ぐためには、今すぐにできる対策を行って夏の冷え症に打ち勝つしかありません。今回は簡単に実践できる夏の冷え症対策をご紹介してきましたので、まずは実践しやすい方法を選んで実践してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE