業務用痩身機セルライトゼロの開発秘話

業務用痩身機セルライトゼロの開発秘話

セルライトゼロセルライトゼロ ワゴン

1、美容サロンの大手からの要望

業務用痩身機セルライトゼロは、美容サロン大手の会社のキツイ課題から開発されました。

弊社は、美容機器の卸会社として10年以上販売してきました。そしてある大手美容サロンが全国展開するためのエステメニューとマシーンを用意してくれと言う要望から生まれました。大手のエステサロンは当たり前ですが施術でのリスクを大変嫌います。つまり脂肪を焼いてしまったり無くしてしまう事はNGです。
ただ結果が出なければお客様離れにも繋がるのでNG。
またスタッフが多いだけに技術差が大きく入れ替わりも激しい。その中で少しの技術研修で効果を最大化した物を選びます。
更に痩身機の導入となれば店舗数が多くなり導入機器の数も多くなるので1台当たりの機械代の投資金額は決まってきます。
その中で弊社は最適な業務用の痩身機器を提案しなければなりませんでした。

そこで提案したのが単機能の痩身マシーンを数台。
エステメニューの三種の神器のエステ機器を持って営業に行きました。
エステメニューとキャンペーン内容の提案と痩身マシーンのセットでの提案でありがたい事に購入に至りましたが今後全国の店舗に導入するに当たり投資金額が大きすぎます。
そこで弊社では、効果を今まで以上に出す事が出来て投資金額が最小化できる業務用痩身機の開発に乗り出しました。

2、直営サロンの人気メニュー

痩身メニューでは一回の結果が全てです。初めてご来店していただいた客様に一回で結果を実感させなければ痩身コースの販売に繋がりません。
エステティックサロンのエステティシャンは一回一回真剣に勝負しているのです。
私達も美容機器メーカーとしてエステティシャンの勝負の手助けになるエステの機械を開発しなければなりません。
そこで役に立つのが直営のエステサロンの存在。

私達ワールドジャパンは横浜駅前3分の場所と人気路線東急東横線綱島駅3分の場所に直営サロンを展開しています。
実際エステサロンでは毎日お客様の美容の願望を叶えるために一生懸命頑張っています。
10年以上痩身メインのエステサロンを運営してきて一番お客様に結果がでてはやりすたりに関係なく支持されてきた痩身メニューが光痩身メニューの「セルライトゼロ」でした。

レーザーダイオード痩身機器による脂肪液化作用によって中性脂肪が遊離脂肪酸に代え、その後ラジオ波痩身機により温めながら排出をする。最後にリンパマッサージにより血行促進とお客様満足度をアップさせる。
またエステメニューの名前を「セルライトゼロ」とする事により新規顧客の獲得にも成功していました。

ワールドジャパン株式会社の経営理念は美容を通して女性の社会進出を支援するです。そのために社内でも直営サロンの必殺のメニューの公開する事によりライバル店にお客様を取られるという危機感で反対する人もいましたが公開する決断に至りました。

ビューティーワールドジャパン2015セルライトゼロ 情報スポットG TV出演

3、下請け工場探し

問題は弊社が理想とする機能を備えて結果が出す事が出来る業務用痩身機を制作できる工場探しでした。
今回の開発のポイントは5つでした。

(1) 直営サロンで結果を出している光痩身メニューに匹敵するもしくはそれ以上の結果を出せる痩身機器が作ることができるか?

弊社で使用している光痩身機とラジオ波機器は日本製で部品の細部までこだわりのある私の尊敬する美容機器メーカーの社長の制作した痩身機でした。中途で入社してきた弊社直営サロンのスタッフも今まで20年以上エステ業界にいますが今までで一番結果が出る痩身機ですねと言わしめるほどの性能です。

(2) 価格

本当に結果が出る美容機器でもやはり商売でエステサロンを行う以上費用対効果は大事な要素になってきます。
大手サロンであれば尚更です。直営サロンで使用している光痩身機とラジオ波痩身機の購入価格を足すと450万円します。
エステサロンの業界は面白いもので中小のエステサロン程、設備投資をするので結果も出ます。
大手のエステサロンはマシーンの投資金額を抑えようとするあまり実際のマシーンをプロの私が見るとエステティシャンが可哀想になる時も多々あります。
今回は、大手サロンでも投資できる金額で中小サロンの結果が出るマシーンを開発しなければなりません。

(3) デザイン

今回は一から開発するのでデザインも重要な要素になってきます。痩身マシーンのデザインが目的とあっているとお客様もワクワクします。
ワールドジャパン株式会社の社名は、ディズニーランドのアトラクションのイッツアスモールワールドの「世界は一つ」から由来しています。
夢の世界を客様に提供するにはデザインも重要な要素になってきます。

(4) お客様がリピートしてくれる痩身マシーン

いくら良いマシーンでも痛すぎたり不快すぎるとお客様のリピート率は下がります。それからハンドマッサージのような気持ちの良い感覚をマシーンで提供する事も大事な要素になってきます。

(5) 故障が少なく安定供給できる痩身機器

最後にはなりますが一番大事なのが故障の問題です。業務用である以上故障してマシーンが使えないという事はサロンのオーナー様はお客様を断って修理に出さなくてはなりません。故障率の低下は、マシーンに対する安心感にも繋がります。業務用として毎日使用していて壊れない事は皆無ですが本体故障は少なく部品は予備をすぐに用意できる体制は常にとっておかなくてはなりません。

以上5項目をクリアする痩身機器を真剣に作ろうするには、かなり苦労しました。
相反する事をクリアしていくわけでですからかなりの工場で断られました。
構想から開発まで一年。更に工場を探してから一年。日本、韓国、中国とアジアの工場を50か所以上行きました。
私も学歴は国立の沼津高専を卒業して機械工学のプロですから工場と過去の製品を見ればだいたい分かります。
その中でパートナーとして選んだ企業は、世界に数十か国で販売実績がある医療機器も製造している工場でした。

4、業務用痩身機セルライトゼロの特徴

セルライトゼロ ポスター

セルライトゼロのコンセプトは、ディズニーランドのアトラクションの「スペースマウンテン」でした。
お客様には結果と体感で夢を与え、サロンのオーナー様には、売上と所有する喜びを与える。
そしてスペースマウンテンの特徴は、暗闇の中をジェットコースターで駆け抜けていくスリル。暗闇とジェットコースターを掛け合わせた相乗効果によってお客様にスリルと楽しさを提供してきました。

セルライトゼロは、今までもある機能である、ラジオ波の温めとキャビテーションの脂肪乳化、レーザーダイオードによる脂肪液化、LEDによるお肌の引き締めを同時に行うことによる相乗効果で痩身の結果を出しています。同時施術による時短も実現しています。
また、温めながらサイクロン吸引出来る事により一台でエステメニューを完結できる満足感があります。
さらに純正のジェルには痩身効果を高める成分とマシーンの機能をマックスまで引き出せるように工夫してあります。
機械のデザインも未来的な宇宙をイメージ出来るデザインになっています。

5、商品との相性

ワールドジャパンでは、エステ機器メーカーとしてマシーンを販売するだけでなくエステの痩身メニューと痩身理論にあったダイエット商品とキャンペーン内容、お客様管理のやり方もアドバイスさせていただいています。どんなに良い機械でもカウンセリング、痩身マシーン、ダイエット商品をトータルで使いこなしてこそお客様に満足できる結果を提供出来ます。
これは、第1回DNA美容ビューティーコンテストでエステサロンの800サロンのグランプリの頂点に輝いたayaエステサロンだから出来るノウハウです。

スリムインパクト・セルライトゼロ

今回は、業務用痩身機セルライトゼロを開発するまでの事について記述してみました。
ご興味のある方は是非試して見てください。
0120-99-4104

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。