マスク着用で肌トラブル続出!?マスターしたい【マスクの上手な使い方】

新型コロナウイルスの脅威から身を守るための大切なアイテム、それがマスクです。マスクには飛沫感染を防ぐ重要な役割がありますが、長期間の連続着用で肌トラブルに悩まされている方もいるようです。こちらの記事では、マスクの連続着用で起こることがある肌トラブルや、その解決方法についてご紹介しています。

 

 

マスクの連続着用で肌トラブルが!理由は何?

本来身を守ってくれるはずのマスクで起こる肌トラブル、それはどのような理由によるものなのでしょうか?それではまず、マスクの連続着用で起こる可能性がある肌トラブルについてご紹介しましょう。

 

 乾燥肌

短時間のマスク着用で乾燥肌になる心配はほぼありませんが、1日の着用時間が長く、しかも長期間連続着用していると、いつの間にか乾燥肌になってしまうことがあるのです。ここでちょっと、マスク着用時の呼吸について思い出してみてください。ちょっと息苦しい感じにならないでしょうか?これは、吐いた息がマスク内にこもっているために起こります。そして、それが蒸発していく際にはお肌の水分も同時に蒸発してしまう可能性があるのです。つまり、これがマスクの着用による乾燥肌の原因だということです。

 

 お肌のかゆみや肌荒れ

使い捨てタイプのマスクの大半は、不織布(ふしょくふ)という素材が使われています。この素材はしばらく使っていると毛羽立つことがあり、その細かい繊維の毛羽立ちでお肌が刺激を受け、その結果、かゆみや肌荒れが起こることがあります。また、使い捨てマスクを洗って使い回すとより毛羽立ちやすくなり、さらに大きな刺激がお肌にかかる可能性もあります。特に接触性アレルギーが起こりやすい方の場合では、不織布の刺激でアレルギーのような状態が起こることもありますので、それが起こる前に対策しておくことが大切です。

 

 ニキビや吹き出物

新型コロナウイルス騒動の渦中には、使い捨てタイプのマスクが品薄になり、パニックのような状態が起こりました。その中で多く見られたのが、使い捨てマスクの使い回しです。使い捨てマスクの不足が続けば使い回しも仕方がないことではあります。しかし、マスクに付着した汗や皮脂が酸化すると、それを餌とする雑菌が増殖しやすくなり、ニキビや吹き出物の原因になります。

 

 

 

マスクによる肌トラブルはこうやって改善!

不織布タイプの使い捨てマスクを着用しなければならないときには、以下の点に注意しましょう。

 

 念入りな保湿ケア

乾燥肌の予防や改善には、とにかくしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。梅雨時から夏にかけては湿度も外気温も高くなるため、保湿化粧品によるべたつきが気になる方がいるかもしれません。しかし、乾燥肌や肌荒れが起こっているのに保湿ケアをしないとなると、さらに現在の状態が悪化するリスクを高めることになるでしょう。さらに、保湿ケアをしないとバリア機能が弱まった状態が続く可能性があり、それが新たな肌トラブルの引き金になるかもしれません。メイクをする、しないに関わらず、マスクを着用する前には保湿ケアでお肌の状態を整えておきましょう。

 

 ガーゼを1枚挟む

不織布は毛羽立ちやすく、毛羽立つとお肌に刺激を与える可能性がありますが、お肌とマスクの間にガーゼを1枚挟めば、毛羽立ちによる刺激を軽減できます。また、一度水に濡らして乾燥させたガーゼなら吸水性が高まるため、吸汗作用も期待できます。特にサイズがきつめのマスクを着用は密閉度が高く、より汗をかきやすくなります。このようなときにガーゼが汗を吸ってくれれば、汗による不快感の軽減にも役立つでしょう。また、保湿ケアのべたつきが気になるときでも、ガーゼが1枚あることでべたつき感を軽減できますよ。

 

 マスクを洗うときにはここに注意!

不織布のマスクは、洗えば数回使えますので、マスクを使い回している方は以下の方法で洗ってみてください。

  • ・両面を石けんやハンドソープで洗う</li>
  • ・流水で洗浄成分を完全に洗い流す</li>
  • ・消毒用アルコールスプレーをスプレーして干す</li>
  • ・完全に乾いたら着用可</li>

なお、アルコール成分はお肌への刺激が強いため、完全に乾くまで待ってから着用するのがポイントです。

 

 布マスクに切り替えるという方法も

使い捨てマスクの品薄状態を受けて続々と誕生しているのが、布マスクです。専門家によると、布マスクでは目が粗く、新型コロナウイルス感染予防にはあまり役立たないということです。しかし、布マスクがあれば、少なくとも飛沫はある程度防ぐことができるでしょう。最近では、インターネットショッピングでも「冷感タイプ」や「薄手タイプ」など、夏にも対応できる布マスクが数多く販売されていますので、これらを購入してみても良いでしょう。もしも手作りマスクに興味があるなら、この機会に手作りマスク作成にチャレンジするのも面白いですね。

 

ほかにもあった、マスク着用によるトラブルとは?

マスクの着用で多いのは、上記でご紹介した肌トラブルです。しかし、紫外線の放射量が増える夏場では、マスク着用でまた違った問題が発生することもあるのです。

 

 夏に多いのはマスク焼け 

マスクをしていると、つい紫外線対策がおろそかになることがあるのではないでしょうか。しかし、マスクで隠れている部分はまだしも、外部にさらされている部分はいつもと変わらず紫外線の影響を受けています。ということは、ちょっとした不注意でマスクから出ている部分が日焼けしてしまう可能性があるということですね。この状態はマスク焼けと呼ばれることもあり、マスクに覆われている部分は日焼けしていないため、お肌がツートンカラーになる可能性があります。でも、これってちょっとカッコ悪くないですか?そして、問題はツートンカラーだけに留まりません。それは、紫外線の影響を直接受けた部分についての光老化スピードが速まるリスクがあるということです。紫外線はシミやシワといった光老化の原因になりますので、マスクをしていない部分に関しては、特にしっかりと紫外線対策をしておきましょう。メイクをしている方は、紫外線カットに役立つタイプのファンデーションを選んでみると良いでしょう。

 

 

まとめ

新型コロナウィルスが収束したとしても、第2波、第3波のリスクを考えるなら、まだまだマスクの出番は多いでしょう。そしてそれに伴い、肌荒れに悩む方が増える可能性もあります。しかし、マスク着用の際にちょっとした工夫をしたり、スキンケアをきちんと行ったりすることで、マスク着用による肌トラブルを防ぐことはできるのです。また、今回はマスクを使い回さなければならないときの洗い方についてもご紹介してきましたので、こちらもあわせて参考にしてくださいね。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE