ヒップケア~水着シーズン前にやること~

いよいよ水着シーズンが到来します!今のうちにくびれを作りたい、ヒザやワキの黒ずみを無くしたいなど、ボディにいろいろ気になるところが出てきますよね。では、ヒップはどうでしょうか?自分ではよく見えないので、あまり気にならずケアがおろそかになりがちです。どんな形をしているのかはもちろん、肌トラブルが起きていても気づきにくい部位になります。

 たかがお尻くらい…と思われるかもしれませんが、美しいヒップラインとツヤ感のある肌は、それだけで魅力的な後ろ姿に。そこで、この記事では水着を着る前にやっておきたいヒップケアについてお伝えします。水着が映える、魅力的なヒップを目指しましょう!

あなたのヒップの形は?

ヒップの形として例えられることが多いのが、フルーツの桃です。ふんわり丸みがある桃の形のヒップは、まさに理想の形。しかし、現実的に日本人で多いのは平べったい平尻。それがさらに垂れて縦長の四角に見える、ピーマン尻も多いです。このような形は、ヒップトップや太ももとのラインがモヤっとしていてメリハリがなく、後ろ姿を老けた印象にしてしまいます。日本人には、アジア人特有の骨盤型の影響もあって、欧米人のようなボリューミーなヒップの人はなかなか見かけませんね。平べったいヒップは小尻と考えることもできますが、水着を着ると立体感が無く寸胴な印象になってしまいます。丸みがあるヒップを実現するには、ヒップまわりの筋肉を鍛えるエクササイズが最も効果的。 加えて、デスクワークなどで座っている時間が長い人は、ヒップの筋肉が凝ったり腰回りの血流が悪くなったりして、むくみやすくなります。そういった不調はスタイルにも悪影響を及ぼすので、マッサージなどでほぐしてあげる必要があります。

 

まだ間に合う!ながらエクササイズでヒップアップ

平べったく、下に垂れたヒップを理想の桃型にするには、筋肉を鍛える必要があります。ヒップの筋肉は、意識しないとあまり使わないので年とともに衰えていくばかり。そこで、ここでは普段のちょっとした動作でヒップアップにつながる「ながらエクササイズ」をご紹介します。忙しくて筋トレする時間がない、筋トレが苦手という方でも続けやすいですよ。

 

 

 ■歩きながらできる!つま先歩きで下半身の筋力アップ

ちょっとした移動をつま先歩きに変えれば、下半身を中心に満遍なく筋肉を使うことができます。つま先歩きは、普通に歩くより筋肉を意識してバランスを取る必要があるためです。特に階段の上り下りは、ヒップの筋肉を使っていると実感できるでしょう。

 

■立ちながらできる!脚を後ろに蹴り上げるポーズ

立った状態で、ゆっくり脚を後ろに蹴り上げます。勢いをつけず、かかとから足の付け根までをまっすぐに伸ばして行うのがポイントです。上げられるところまで上がったら、10秒キープ。慣れてきたら、キープ時間を長くしていきます。台所で洗い物しながら、電車のつり革につかまりながらなど、脚を後ろに伸ばす場所があればどこでもできます。あまり動きが大きくないので、人の目も気になりませんよ。

 

■座るときにできる!ちょっとだけ空気イス

空気イスを続けるのはかなりキツイですが、ちょっとだけならお手軽で続けやすいですよ。イスに座る時、ゆっくり腰を下ろしていき座る直前でストップ!そのまま数秒キープしてからイスに腰掛けます。トイレから戻ってきた時、テレビを見る時など、決まったタイミングで行うと決めると続けやすいですね。

 

■寝ながらできる!寝る前のお尻上げエクササイズ

寝る直前にも、ヒップアップのためにひと手間かけましょう。布団の上に仰向けに寝たら、膝を90°曲げます。その状態から、頭を支点にしてゆっくりお尻を上げていき、膝からお腹が一直線になったところでストップ。ゆっくりお尻を下ろすというのを、10回行います。腰を反りすぎたりやりすぎたりすると腰痛につながるので、無理はしないようにしてください。

 

見落としがちなヒップのスキンケア

ヒップは下着やタイトなボトムとの摩擦で、意外と肌トラブルが起きている部位です。潤い不足でハリがなかったり、ブツブツがあったり黒ずんでいたり…いくらヒップラインが完璧でも、水着からのぞく肌がこれでは台無しです。自分で直接見づらい部位だからこそ、入念なケアが必要です!

 

 

 特におすすめなのは、お風呂でのヒップケアです。ザラつきや黒ずみが気になる場合は、ヒップ用のスクラブやピーリング剤入りソープで角質ケアを行いましょう。ただし、やりすぎは逆に肌を傷めるので禁物ですよ。角質ケアをしたら、お風呂あがりの保湿は必ず行ってください。ヒップは紫外線ダメージがほとんどなく、もともとは肌がとても綺麗な部位です。丁寧なスキンケアを毎日欠かさず行えば、ツルツルでハリのあるヒップにグッと近づくことができます。

 

残念なセルライトは解消できる?

ヒップの脂肪がデコボコして見えてしまうセルライトは、見た目が悪くとにかく頑固!一度できてしまうと解消するのが難しくなります。デコボコしているだけなら、潰して無くしてしまえと思われるかもしれませんが、これは逆効果!強い力で無理やり潰すと、皮膚組織を壊してしまい新しいセルライトを発生させてしまうかもしれません。セルライトができてしまう原因はいろいろありますが、血流の悪化や冷えなどで老廃物を溜め込みやすい体質だとリスクが高まります。座ることが多いと、脚の付け根やヒップの血流が滞りやすく、セルライトができやすくなるので要注意。そんな方は、湯舟につかりながらリンパマッサージをするなど、血行を促すことでセルライトの予防・改善が期待できます。 頑固でどうにもならないセルライトは、専用機器を持つエステなどに相談してみましょう。自己流で、逆効果かもしれないケアを続けるよりも早く悩みを解決してくれますよ。

 

 

まとめ

ヒップケアは他の部位より軽視されがちですが、スタイルアップには欠かせない要素です。特に水着を着た時の後ろ姿の印象は、ヒップ次第といっても過言ではありません。ヒップトップの高い、桃のような柔らかさと丸みのあるヒップは、それだけで若々しくグラマラスな雰囲気になれます。そうなるためには、まず普段あまり意識しないヒップの筋肉を使う必要があります。

 また、スキンケアがおろそかな割に摩擦が多い部位でもあるので、ザラザラ感や黒ずみがあることも珍しくありません。せっかくヒップケアを始めるなら、筋肉を使うエクササイズとスキンケアを同時に行うのがおすすめです。

 水着シーズンまであと少し!今すぐできるヒップケアばかりご紹介してきたので、さっそく今日から実践して美しいヒップを手に入れてくださいね。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE