熱中症対策

梅雨にから夏にかけて熱中症を引き起こしやすくなります。熱中症は気づかないうちに重症化してしまいます。熱中症にならないためには対策が必要です。正しい対策方法と応急処置方法をご紹介します。

 

なぜ熱中症になるの?

熱中症は、高温多湿な環境で起こりやすく、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れて、体温調節の機能が働かなくなってしまい、私たちの身体が適応できなくなることでさまざまな症状を引き起こしてしまう状態です。熱中症は重症化すると命にかかわります。熱中症にならないためにしっかりと対策をしましょう。

 

こんな環境には気を付けて!熱中症が起こりやすい場所

熱中症はイメージでは炎天下の中に長時間いたり、真夏の暑いなか激しい運動をしたりして起こることを想像するかもしれませんが、実際に多いのは、梅雨や夏にかけて湿度の高い環境で、急な気温の上昇や、身体が暑さに慣れていない時期にかかる方がとても多いのです。

 <熱中症になりやすい環境>

  • ・気温が高く、湿度が高い
  • ・風が弱く、日差しが強い
  • ・照り返しが強い
  • ・急に暑くなる時期
  • ・室内でも湿度と気温が高い状態

家の中でじっとしていても、室温や湿度の高い状態だと熱中症にかかることもあります。実は約37%の方が室内での熱中症を発症していると言われています。室内型熱中症は現在とても多く注意が必要です。

 

 

熱中症の症状

熱中症は気付かないうちに重症化している事が多く、身体の異変が起こった時にはすでに意識が無くなるような重症状態におちいることがあります。症状は時間を追うごとに変化していきます。ここで初期症状から重症になるまでの症状の変化をご紹介します。

1.めまいや顔のほてり (熱失神) 
  • ・めまい
  • ・顔面蒼白
  • ・一時的な失神
  • ・脈は速くて弱くなる(頻脈)

めまいやたちくらみ、顔のほてりなどの症状が出たら、熱中症の初期症状です。一時的に意識が遠のく、腹痛などの症状が出る場合もあります。


2.筋肉痛や筋肉のけいれん、しびれ (熱痙攣)
  • ・筋肉痛
  • ・手足がつる
  • ・筋肉が痙攣する

 筋肉痛が起こり、手足のしびれ、「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が起こります。筋肉がピクピクと痙攣したり、硬くなったりすることもあります。これは大量の汗をかくと、体内から水分だけでなく塩分(ナトリウムや塩素)も失われます。このとき、水分だけをとると血液中の塩分濃度が下がり、手足の筋肉の収縮を起こし、熱痙攣が生じます。これは汗をかかずに体に熱がたまった状態でも起こるので、汗がまったく出ていない状態の時も注意しましょう。

 

3.体のだるさ・吐き気 (熱疲労)

全身の倦怠感や、ぐったりと力が入らない脱力状態となります。吐き気や嘔吐、頭痛などの症状がおきる場合もあります。この症状が起きると熱中症の中等症です。意識障害がある場合は病院への搬送が必要です。意識が朦朧としているのであれば迷わず医療機関を受診しましょう。

 

4.汗のかきかたがおかしい(熱疲労)

汗が異常に出て、ふいてもふいても汗が止まらない、もしくは逆に全く汗をかかない状態など、汗のかきかたに異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。同時に脱水症状を引き起こしやすいので、症状がより悪化しやすい状態ですので注意が必要です。

 

5体温が高い、皮膚の異常

体温が高く、皮膚を触るととても熱い状態、皮膚が赤く乾いているなどの症状が出ている状態です。熱が身体にこもって発散できない状態です。これが続くと全身の痛みや意識の変化が起きやすくなります。

 

6.まっすぐに歩けない、意識障害が起こり呼びかけに反応しない

声を掛けても反応がなかったり、意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない状態)がおこったり、ショック状態になる場合もあります。または、身体がガクガクとひきつけを起こす、まっすぐ歩けないなどの異常がある時は、重度の熱中症にかかっている状態です。すぐに医療機関を受診するか、意識障害が起こっている時は救急車を呼びましょう。

 

7.水分補給が出来ない、意識が無い

呼びかけに反応しない、意識が無い状態の場合など、自分で水分補給が出来ない場合は大変危険な状態です。すぐに救急車を呼びましょう。

 

熱中症になったらどうするの?正しい応急処置方法

 

熱中症は時間の経過とともに症状がどんどん変化していきます。熱中症にかかった時の応急処置には正しい知識と、素早い対応が必要です。自分が熱中症になった時や、周りの方に症状が出たときはすぐに応急処置が出来るようにその方法をご紹介します。

 

症状をチェックして正しい応急処置を
  • ①熱中症の症状があるかチェック
  • めまい・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗・頭痛・不快感・吐き気・嘔吐・倦怠感・痙攣・高体温などの症状があるか確認しましょう。
  • ②意識の確認
  • 意識障害が起こり、話が出来ない状態か確認しましょう。意識が無い状態であればすぐに救急車を呼びましょう。

 

  • <応急処置方法>
  • すぐに涼しい場所へ避難して、服をゆるめましょう。ベルトやシャツのボタン、下着、ウエストなどをゆるめて、熱を逃がしやすい状態にします。水や濡れタオルなどで、身体に水をかけて、うちわなどであおいで身体を冷やすようにし、氷枕や保冷剤があれば、太い血管のある、首・ワキ・太ももの付け根に置き、身体を冷やすようにしましょう。これは意識障害が無くても、熱中症の症状が出ていれば悪化する前に同じように応急処置をしましょう。

 

  • ③水分補給が出来るか確認
  • 意識がある場合は、水分補給が自力で出来る状態かを確認します。自力で水分が取れる場合はスポーツドリンクや経口補水液、食塩水などをとりましょう。

 ここで大切なのは「塩分の含まれた飲み物」を必ず摂取することです。大量の汗をかくと、体内の水分とともに塩分やミネラルも一緒に奪われてしまいます。そこに水分補給のみだと、血液中の塩分・ミネラル濃度が薄まり、体内に必要な分が少なくなり、足りないと信号を出すので逆に熱中症の症状が悪化したり、それまで出ていなかった様々な症状が出てしまったりする危険性があります。

 

  • <熱中症の時の水分の摂り方>
  • ただ水分を補給するのではなく、塩分も一緒に補給することが重要です。またエネルギーを補給するために砂糖を加えると、水分や塩分の吸収が良くなると同時に、疲労回復に繋がります。塩分・糖分・水分を一緒に補給出来るスポーツドリンクや、経口補水液を摂るようにしましょう。スポーツドリンクが無い時は、自分で作る事も出来ます。1ℓの水に対して1~2gの食塩を加えます。さらに砂糖を少し入れると熱中症対策には効果的です。※カフェインの入った飲み物は利尿作用が強くなるので避けましょう。
  • <水分&塩分補給におすすめ>
  • スポーツドリンク、経口補水液
  • 塩分入りタブレット・飴
  • 麦茶
  • 塩こんぶ
  • 梅干し

 

  • 涼しい場所で安静にしましょう。症状がある程度良くなってきたら、そのまま十分に休息を取り、安静にして過ごしましょう。症状が回復したからといって、すぐに動くのは禁物です。

 

日常生活の環境づくりで熱中症予防をしましょう

  • ■暑さを我慢せずエアコン・扇風機を使用する
  • ■こまめに水分補給と塩分補給
  • ■シャワーやタオルで身体を冷やす
  • ■部屋の温度・湿度をチェックする
  • ■涼しい服装にする。
  • ■外出時は日傘や帽子などを使用し、直射日光は避ける
  • ■部屋の風通しを良くする
  • ■睡眠時に室内環境を整えて寝ている間の熱中症予防をする
  • ■緊急時・困った時の連絡先を確認する

まずは熱中症にならない為に日頃から気を付けて生活をしていきましょう。

 

熱中症は日頃のケアが大切

 

日頃から気温や湿度のチェックをする、外出する時は冷却グッズを身に付けるなどの工夫で熱中症は防ぐことが出来ます。熱中症はどんな時でも誰でも発症しやすいものです。自分は大丈夫と思わずに、しっかりと対策を行い、熱中症予防をしましょう。また熱中症は命に係わる危険な症状です。少しでも異変に気付いた時は迷わずに医療機関へ行くことをおすすめします。正しい知識を身に付けてしっかりと対応できるようにしましょう。

 

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE