いよいよ夏本番!夏バテしない体づくりはこの方法で!

夏の入り口ではあまり感じなくても、7月後半から8月と、外気温が急に上昇する時期に突入すると、多くの方が「夏バテした」と感じるようになります。しかし、夏本番を迎える前から対策をしておけば、夏バテを最小限に留めることができるのです。それでは、夏バテの原因や対策方法についてご紹介していきましょう。

 

 

夏バテとは?あなたに当てはまるのはどの状態?

夏バテで起こる体調不良は人によって異なりますが、以下はほとんどの方が感じる症状です。

  •  ・体がだるくて動きたくない
  • ・寝つきが悪い・よく眠れない
  • ・食欲減退
  • ・休んでも疲れが取れにくい
  • ・便秘や下痢のいずれか、またはこれを繰り返す
  • ・急な立ちくらみやめまい
  • ・汗をかいているはずなのにむくみやすい
  • ・熱っぽい、頭痛が起こりやすい

 

 これらが、一般的に起こりやすいとされている夏バテの症状です。このような症状は、夏本番を迎える前の梅雨時でも、外気温や湿度が急激に高くなると起こりやすくなります。この中のひとつでも該当するものがあれば夏バテの前兆、あるいは既に夏バテが始まっていると考える必要があるため、なるべく早めに対策を開始しておくことが大切でしょう。

 

夏バテしやすい人には共通点がある?夏バテの原因を考える

夏本番を迎えると多くの方が夏バテの症状を訴えるようになりますが、人によってその度合いは異なり、軽い夏バテで済む人がいれば、夏バテが進んでいつまでも体調不良を改善できない人もいます。では、どうしてそのような差が現れるのでしょうか?それでは、夏バテしやすく体調がなかなか改善しない人にはどのような共通点があるのか見ていきましょう。

  • ・エアコンの温度設定が常に低め
  • ・1日に何度も冷たい飲み物を飲む
  • ・ビールの飲みすぎで脱水症状に
  • ・おうちでゴロゴロ、運動をほとんどしない

 

夏バテしやすいと感じている方には、このような共通点があります。それでは、ひとつずつ解説していきましょう。

 

エアコンの温度設定が常に低め

寒さを感じるレベルにまで室温を下げていると、外気温との寒暖差が非常に大きくなり、自律神経の働きが鈍ります。すると、体がだるい、疲れやすい、熱っぽい、頭痛といった症状が起こりやすくなります。

 

1日に何度も冷たい飲み物を飲む

1日に何度も冷たい飲み物を摂ると、知らず知らずのうちに内臓が冷えて機能が低下、便秘や下痢が起こったり、これらを繰り返したりすることが多くなります。固形物なら「食べた」という意識がありますが、飲み物となると無意識に何杯も飲んでしまうことがありますので、冷たい飲み物の摂りすぎにはくれぐれも注意しましょう。

 

ビールの飲みすぎで脱水症状に

真夏のビールっておいしいですよね。しかし、飲みすぎてしまうと夏バテの原因になってしまうことがあるのです。ビールに含まれているアルコール成分には利尿作用があるため、飲んでいるそばからトイレが近くなることがあります。実は、ビールを1ℓ飲むと、約1.1ℓの水分が体外へ排出されるといわれています。

それだけではありません。尿にはミネラル成分も含まれているため、飲めば飲むほど脱水症状が起こりやすくなり、頭痛も起こりやすくなるのです。これはビールに限らず、どのアルコール飲料にも共通していえることなのですが、とりわけビールだとすいすい飲めてしまうことが多いため、より脱水症状を起こしやすいといわれています。これを防ぐためには、ビールを飲んでいる間に数回、水を飲むといいですよ。これによって脱水症状を防ぐことができ、頭痛も起こりにくくなります。

 

おうちでゴロゴロ、運動をほとんどしない

暑さを感じるとそれだけで動くのが億劫になることがあり、運動なんてできるわけない!と感じることがあるかもしれません。しかし、暑さを理由に体を動かさなくなると、それだけで代謝機能が鈍る可能性が広がりますので、より夏バテしやすい体になってしまう可能性が高くなるでしょう。というわけで、激しい運動をしないまでも、夏バテを避けたいなら適度な運動はすべきだということですね。

 

体力がないと夏バテしやすい!夏バテしない体力づくりを!

上記では夏バテしやすい人の共通点についてお伝えしましたが、もともとの基礎体力がない場合では、さらに夏バテするリスクが高くなるでしょう。そのためにはまず、以下の点について注意してみてください。

 

理想的な室温に調節しよう

理想的な室温って何度くらいだと思いますか?専門家の話によると、理想的な外気温と室温の差は5℃以内なのだそうです。ということは、外気温が30℃とした場合に室温が23℃では低すぎだということで、この場合では25℃以上の設定が理想ということになります。この温度差を守っていれば自律神経が影響を受けにくく、夏バテ特有の症状も現れにくくなるでしょう。

 

常温の水分をこまめに補給

夏バテ予防におすすめできるのは、常温またはそれに近い温度のミネラルウォーターでこまめに水分を補給するということです。また、お茶やコーヒーでも水分補給はできますが、これらには利尿作用があるため、1日に何回も飲むと水分の体外排出量が増えて逆効果になることがあります。

 

十分な栄養補給で夏バテしない体力づくり!

体力温存あるいは体力強化に必要なのは、毎日の食事から栄養をしっかりと摂るということです。特に夏バテ予防対策として摂っておきたいのが、以下の食品です。 

  • <ウナギ>
  • ウナギには、ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンE、ミネラル成分、動物性タンパク質などがたっぷりと含まれているため、夏バテ予防としてかなりおすすめ度が高い食品です。近年では、国産ウナギの価格高騰などの問題があるのでやや敷居は高い感じはしますが、夏バテ予防として月1回くらい食べるなら、まあ現実的なのではないでしょうか。
  •  
  • <豚肉>
  • ビタミンB1を多く含む食品で、たっぷり摂っておくことが夏バテ予防につながります。豚肉は、生姜焼きや肉野菜炒めなど、バリエーションに変化を持たせやすい食品ですので、積極的に摂ってみると良いでしょう。
  •  
  • <ネバネバ野菜>
  • ネバネバ野菜のオクラにはビタミンやカルシウム、ペクチン、ムチン、モロヘイヤにはビタミン、カルシウム、鉄分、ツルムラサキにはカルシウムが豊富に含まれています。これらの野菜は、サッと茹でればサラダやおひたしなどで摂れますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

夏バテ予防の基本は良質な睡眠をとること

夏日や真夏日が続くと、それだけで寝苦しくて睡眠不足に陥りがちですが、夏バテ予防の体力づくりを意識するなら、良質な睡眠をとることを心がけなくてはなりません。どうしても暑くて寝苦しいなら、保冷枕を使用してみるというのもひとつの方法でしょう。また、寝る前のスマホやPC操作は脳を刺激して良質な睡眠の妨げになることがありますので、寝る1時間前にはこれらの操作を避けることも大切です。

 

夏バテ予防の体力づくりには運動も欠かせない!

運動しなくちゃ!と思っても、室外の気温があまりに高いときには、そもそも室内から出たくありませんよね?そのようなときには、室内用ルームランナーや階段昇降機などを購入し、1日短時間だけでも体を動かしてみてはいかがでしょうか。また、筋肉量を増やして夏バテに備えたいなら、ダンベルトレーニングもおすすめです。このような健康器具なら、わざわざそれに集中しなくても、テレビやDVDなどを観ながら実践できるため、続けやすいはずですよ。

 

まとめ

「今年こそは夏バテから自分を守りたい」という方は、今回ご紹介してきた生活習慣を今一度確認してみましょう。もしかすると、日常的になっている生活習慣が夏バテを助長する原因になっているかもしれませんよ。そして、夏バテしないためにはそれに負けない体力づくりが必要ですが、それはそれほど難しいものではありません。室温や水分補給に注意するとともに、「栄養をしっかり摂る」「良質な睡眠をとる」「運動する」ことを心がければ、意外と簡単に夏バテしない体力づくりを行えます。夏バテで気力や体力を奪われたくない方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE