8月のおすすめ「美」食材

長い梅雨が明けて、夏真っ盛りの8月!酷暑続きなので、体調管理にだけは気をつけたいですね。体の調子が悪くなると、肌荒れしやすくなるなど美容面でも悪影響が出てしまいます。ここでは夏の暑さや紫外線に負けない肌を作る、8月に食べたい旬の食材をご紹介します。夏の太陽をたっぷり浴びて育った野菜や意外な旬の食材など、上手に取り入れて美しさをキープしましょう!

 

ひとクセあるけど栄養豊富な旬の野菜

まずは、苦みや独特の香りから苦手とする人も多いゴーヤとセロリについてご紹介します。なんとなく栄養がありそうなイメージがありますが、具体的にどのような美容効果が期待できるのでしょうか?

 

 クセにな苦みが健康に◎ゴーヤ
  • ゴーヤにはビタミンCや鉄分が豊富に含まれており、美容と健康に嬉しい食材です。ゴーヤに含まれる栄養成分で、最も注目されているのが「モモルデシン」という苦み成分。 食欲増進や胃腸粘膜の保護といった作用の他、血糖値や血圧を下げる効果も期待できます。夏バテ対策ができ、食生活が乱れがちな人にとっても嬉しい成分ですね。
  •  ただし、最大のネックは新鮮なほど強くなるという苦みです。塩もみしたり水にさらしたりすれば苦みは和らぎますが、その分栄養素も流出してしまいます。モモルデシンを摂取したい場合は、やはり過度な苦み取りはおすすめできません。 比較的苦みを感じにくく、栄養をしっかり摂ることができる調理方法として、ワタや種ごと輪切りにして油で揚げるゴーヤチップスや天ぷらがおすすめです。捨ててしまいがちなワタや種も栄養豊富で、ビタミンCは緑の部分よりも多いと言われています。また、苦みがどうしても無理という場合は白ゴーヤという品種がおすすめです。真っ白な見た目で、苦みが少ないのでサラダなど生食にも向いているんですよ。モモルデシン量は少なくなりますが、生のまま食べられることでビタミンCをしっかり補えます。

 

 美容成分豊富なセロリ
  • 独特な香りで、料理に加えると程よいアクセントになるセロリ。セロリには、肌や粘膜を保護するβカロテンが豊富な他、美容に欠かせないビタミンC、抗酸化作用や血流改善が期待できるビタミンE、胃腸の粘膜を修復してくれるビタミンUなど、美容に欠かせない成分が豊富に含まれています。また、カリウムが豊富なのでむくみの防止にもなりますよ。 
  • そして、セロリ独特の香りには食欲増進といった夏に嬉しい効能の他、ストレス緩和や精神を安定させる働きもあるとされています。 セロリの栄養は葉にも豊富に含まれるので、余すところなく料理に使いたいですね。豊富なビタミンをそのまま摂取するなら、薄切りにしてサラダにしたりスティック状にしてそのまま食べたり、生で食べるのがおすすめです。
  •  

旬の緑黄色野菜には意外な効能が

夏は色鮮やかな野菜が豊富に出そろい、食卓も賑やかになりますね。今回は、スーパーでは年中見かけるけど実は夏が旬、かぼちゃとパプリカをご紹介します!

 

 美髪に嬉しい成分も!ほくほく甘いかぼちゃ
  • 煮物やサラダ、味噌汁の具などサイドメニューでよく登場するかぼちゃ。美容と健康に欠かせないビタミンACEが勢ぞろいで、特にビタミンA(βカロテン)とEは加熱調理と相性が良くアレンジもしやすいですね。 
  • また、かぼちゃにはリグナンというポリフェノールも含まれています。この成分は女性ホルモンと同様の働きをするので、ホルモンバランスの乱れが原因となりやすい頭髪の悩みにもアプローチできます。 かぼちゃの栄養は、皮やワタにも豊富に含まれています。皮を使わないポタージュスープやカボチャサラダを作る際は、皮は後日きんぴらにして食べるなどして、栄養をしっかりいただきましょう。ワタには甘みがあるので、甘さが欲しいおかずに混ぜるのがおすすめです。煮物にする際なるべく実に付けておく、刻んでひき肉料理や汁物に混ぜるなど、いろいろ活用してみてくださいね。

 

 色によって効果が違う⁉パプリカ
  • パプリカを加えるだけで食卓の雰囲気がグッと明るくなるので、なにかと重宝しますよね。輸入モノが年中スーパーに並んでいますが、この時期は国産のパプリカも手に入りますよ。 生でも加熱しても、どちらでも美味しく食べられるパプリカは、ビタミンACEが豊富に含まれているのでまさに美容の味方!さらに、パプリカの色によって含まれる色素成分が異なるので、彩り意外にも成分に注目して選ぶのもおすすめですよ。 赤のパプリカには、血行促進や代謝アップが期待できるカプサイシンに加え、ビタミンA(βカロテン)が最も豊富に含まれています。黄色はルテインが豊富で、スマホの光に含まれる、目にとって有害なブルーライトを吸収してくれるという成分です。
  •  たまに見かけるオレンジ色のパプリカは、この両方の色素成分をバランスよく含んでいます。どの色を選んでも美容と健康に嬉しい成分ばかりなので、夏の食卓に積極的に取り入れていきましょう!

 

美味しく美容にもいい8月の海の幸

旬があるのは、野菜だけではありません。8月に旬を迎える海の食材のうち、美容に嬉しい効果のある2つの食材をご紹介します!

 

 夏の美容と健康に最適な車海老

最近は養殖や海外産の冷凍モノなどがあり、年中食べることができる車海老。天然モノの旬は、6月から8月にかけてです。産地では贅沢に活け造りで食べられることもありますが、家庭で食べる場合は加熱して食べるのが一般的ですね。

 車海老に限らず、海老は高タンパク・低脂質・低糖質のためダイエッターの強い味方です。また、ミネラル類が豊富でカルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄といった成分を摂取することができます。加熱すると赤くなるのはアスタキサンチンという成分が含まれているためで、この成分には強い抗酸化作用があるとされています。この抗酸化作用が、紫外線により発生する活性酸素に対しても働くので、夏の美容にピッタリな食材ですね。

 

 実は今が旬!ダイエットに最適なこんぶ

昆布といえば、お目にかかるものは乾燥させたものがほとんどですが、実はこちらも8月が旬。この時期は、鮮魚コーナーで生の昆布を見かけることもあります。

昆布は食物繊維が豊富で、その割合は三分の一にもなります。特に、ネバネバのもとであるアルギン酸やフコイダンは水溶性の食物繊維で、糖質や脂質の吸収を抑制する働きがあるので、ダイエットのお供にしたいですね!また、美容と健康に欠かせないミネラル分も豊富で、不足しがちな鉄分やカルシウムもしっかり摂取することができます。ミネラルの中でも、ヨウ素は代謝のアップや肌のコンデションアップにつながる成分なので要注目です。昆布を使った料理といえば昆布巻きがポピュラーですが、普段から家で作るとなると少々面倒ですよね。生の昆布は、千切りにして炒める・煮る、茹でてサラダや酢の物にと、アレンジ豊富です。旬の今こそ、ぜひこんぶ料理に挑戦してみてくださいね。

 

まとめ

8月に旬を迎える食材の中で、特に美容効果が期待できるものを厳選してピックアップしてきました。ビタミンやミネラルの他、それぞれの食材特有の成分には特に嬉しい効果も期待できます。好き嫌いがハッキリ分かれる野菜、昔から馴染みのある食材…日々何気なく食べている食材が、実は美容に良い食材ということも。旬の美味しい食材で、夏バテにも紫外線にも負けない体を作りましょう!

 

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE