夏の肌ダメージ対処法・秋の美容を始めよう

夏は紫外線の強い日が続き、湿度や気温の高くなるため、お肌の乾燥やトラブルが起きやすくなります。そして、夏にダメージを受けたお肌は、秋になるともっと肌に影響を与えてしまいます。夏が終わる前に、しっかりとケアをすることで、秋にトラブルを引きずることなく、綺麗な肌を維持できるようになります。今回は、肌に受けたダメージの回復方法とトラブルの改善方法をご紹介します。

夏の肌ダメージほっとくとどうなるの?

夏は肌が常に紫外線にさらされていて、どんなに紫外線対策をしていても、紫外線ダメージを受けてしまうものです。このような夏のダメージを放っておくとどうなるのか、秋に起こるお肌への影響をご紹介します。

 

 夏のダメージ!放っておくとシミやそばかす、シミが出てくる

強い紫外線を受けた肌は、メラニンの増加により肌の色がくすみます。元々そばかすやシミがあった部分はより色が濃くなってしまいます。通常、健康な肌であれば、生成されたメラニンは新陳代謝と共に排出されます。しかし、夏に繰り返し強い刺激を与えた部位は、ダメージが強く、肌の再生能力が衰えて、角質の生まれ変わるターンオーバーが遅くなり、角質の肥厚が生まれ、くすみが気になってきます。

 

いつも通りのケアをしているのに敏感になる

季節の移り変わりは、身体にも影響を与えます。夏から秋へと季節の変化に身体そのものも対応しようと一種の緊張状態になってしまう為、外からの刺激に反応しやすくなります。また、肌を守る最前線のバリア機能は夏のダメージで弱くなっている事が多く、より異物が侵入しやすい状態になってしまいます。秋に起こりがちな、カブレやかゆみなどの肌トラブルへと繋がってしまいます。

 

毛穴が目立ってくる
  • ■皮脂が酸化して炎症する
  • 夏は特に皮脂の分泌が活発になる事と同時に、紫外線や体温により皮脂の酸化時間が早まり、毛穴を囲む皮膚を変形させてしまいます。
  • ■メラニンの色素増加
  • 酸化した皮膚により、毛穴周辺に炎症が起こることで、メラニン色素が増加し、毛穴をより黒く目立たせてしまいます。
  • このような夏のダメージで出来た毛穴の開きや黒ずみは、秋になるとターンオーバーの循環がうまくいかなくなることから、より悪化してしまう可能性が高くなります。

 

しわやたるみが気になってくる

夏の紫外線によって、肌のハリや弾力を支えるコラーゲンやエラスチンなどの真皮層にある弾力繊維を破壊します。光老化の影響で秋になると小ジワとたるみが気になり始めます。そして秋の気温や湿度が低くなることで角質層の乾燥が悪化しやすくなります。乾燥すると肌が薄く硬くなるため弾力が失われシワがつきやすくなったり、たるみが現れやすくなります。

 

夏のうちに秋に向けた肌ケアをしましょう

秋に慌ててお手入れをしても間に合いません。肌質に合わせて、夏が終わる前にダメージケアをしっかりと行って、トラブルなしで秋を迎えていきましょう。トラブル肌を改善するには、保湿機能やバリア機能の重要な役割を持っている、角質層を正常に整える事が大切です。角質層を整える為には、「お肌に対する刺激物をなくす」ことと、「角質層を乾燥させない」事が一番です。

 

 肌への刺激をなくす
  • □肌をこすらない
  • □クレンジングや洗顔で落とし過ぎない
  • □外出は必ず日焼け止めをつける
  • □質の良い睡眠をとる
  • □辛い物や香辛料などの刺激物を摂りすぎない
  • □刺激の少ない化粧品を使う

まずは肌への刺激を与えないようにして、角質層のバリア機能を整え、肌機能を高めてあげましょう。

 

 トラブル肌の改善 肌に合った化粧品選び

肌のトラブル改善には、自分の肌の状態を知った上でケアすることが大切です。肌質によって合う成分と合わない成分もあります。タイプ別の肌質のご紹介と肌ケア方法をご紹介します。

 

  • ■乾燥肌
  • 秋の肌に多い乾燥肌。乾燥肌は肌のバリア機能が低下しているため、水分が蒸発しやすく、皮脂量も水分量も少ないので特に秋から冬にかけて乾燥しやすくなります。また、冷暖房や外的刺激のダメージを受けやすく、常につっぱり感を感じたり、小ジワが目立つのが特徴です。

 

 

  • <乾燥肌に合うお手入れ方法>
  • 化粧水は水分だけではなく、保湿成分も十分に含まれている物を選びましょう。保湿剤は、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの高保湿成分が入っている物を選び、乾燥を悪化させてしまう、アルコールや香料、レチノールなどの成分の配合されているものは避けましょう。また、保湿剤は、乳液などの水分の多いものではなく、しっかりと水分を逃がさずおおってくれるクリームタイプがおすすめです。

 

  • ■脂性肌
  • 皮脂量が多く、水分量も多いのが脂性肌の特徴です。外的刺激には強く丈夫な肌です。肌はしっとりとしているので乾燥などの悩みはありませんが、肌全体がテカりやすく脂っぽくなります。皮脂が多く出るので化粧崩れが早く、毛穴が開きやすいので、夏になると特に肌トラブルが起きやすく、秋までトラブルを引きずりがちです。
  • <脂性肌に合うお手入れ方法>
  • 肌がべたつくからといって、化粧水や美容液で終わらせず、乳液やジェル、または軽めのクリームで水分と油分のバランスを整えましょう。メイクはクリームタイプやリキッドタイプを使うと、よりテカりやすい肌になるので、軽めのメイクがおすすめです。クレンジングや洗顔で、皮脂を丁寧に落とし、週に一回はピーリングやクレイパックなどの角質ケアを行いましょう。

大人になってからの脂性肌は、生活習慣の乱れが主な原因です。睡眠不足、アルコールや辛い物などの刺激が強いもの、甘いものや脂っこいものの食べすぎは禁物です。またストレスなど、環境の原因も大きく関係しているケースが多いので、スキンケアと並行して、生活習慣の見直しも大切です。

 

  • ■混合肌
  • 肌の水分と油分のバランスが崩れてしまい、部分的な乾燥とべたつきが混合しています。Tゾーンはべたつくのに、頬は乾燥したり、洗顔後に目元と額だけつっぱるなどの症状が出ることも多くなります。季節によって肌状態が変わるので、いつもスキンケアが合わないと感じることもあり、お手入れの難しい肌質でもあります。実は日本人に一番多い肌タイプと言われています。混合肌は生まれ持った肌質ではなく、間違ったスキンケアが原因で引き起こる場合が多いのです。
  • <混合肌に合うお手入れ方法>
  • 混合肌は、乾燥する部分とテカりやすく皮脂分泌の多い部分を分けてお手入れすることでお肌が安定します。それぞれのパーツごとに合ったスキンケアをしていきましょう。過剰な皮脂や毛穴詰まりには部分的にコットンでのふき取りをおすすめします。角質を柔らかくし、余分な角質を取り除くローションをコットンに含ませ、優しくふき取ります。そしてビタミンC誘導体が配合された美容液を皮脂が多い部分に塗り、皮脂のバランスを整えましょう。

 

お肌全体にローションをたっぷりと入れ込んで、クリームで保湿をしましょう。この時、クリームでの保湿も、乾燥部分にはしっかりタイプのクリームで保湿し、皮脂の多い部分には、軽めのクリームを使用しましょう。混合肌は、季節によって皮脂の多い部分と、乾燥する部分が目まぐるしく変わりがちです。毎日お肌のチェックをして肌質に合わせたお手入れをしていきましょう。

 

  • ■敏感肌
  • 敏感肌は何らかの原因で肌のバリア機能が損なわれて、外からの刺激を受けやすくなってしまう傾向があります。肌が乾燥して敏感に傾いてしまうため、化粧水がしみたり、赤くなったり、かゆみが出ることもあります。特に、敏感肌は季節の変わり目に悪化しやすく、夏のダメージを受けて敏感肌が進行しやすくなります。他にもアレルギーや栄養不足などが原因でトラブルが生じる事もあります。

 

  • <敏感肌に合うお手入れ方法>
  • クレンジングや洗顔は短時間ですませ、肌の潤いを奪いすぎないようにしましょう。ふき取る時も、こすらずに押さえるようにして水分を拭き取りましょう。肌が乾きやすく、刺激を受けやすい状態なので、刺激の少ない化粧品で乾燥させないようにしっかりと保湿をしてあげることが大切です。ストレスや疲れなどが肌に影響することがあるので、睡眠をしっかりと摂り、ストレスを掛けないように過ごしましょう。

 

秋になる前にダメージケアをしましょう

 

夏に受けた肌ダメージは夏が終わる前にしっかりとお手入れをして、秋に引きずる事のないようにしていきましょう。自分の肌質を見極めて、肌質に合ったお手入れをしてあげると、秋になってもトラブルの出にくい肌を保つ事が出来ます。また、肌はだんだんと化粧品になれていきます。さっぱりとした夏向けの化粧品ではなく、保湿力の高い秋に合わせた化粧品を、夏の終わりごろまでに揃えて、秋に向けてしっかりと準備をしていきましょう。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE