目元を集中ケア マスクしても目元美人

この秋冬も引き続きマスクは必需品。マスクをすると頬から下は全部隠れてしまうので、人に与える見た目の印象は目元で決まります。スキンケアに気を使っている人の中でも、目元だけの美容ケアも取り入れているという人は少ないのではないでしょうか。ここではマスク必須な今だからこそ取り入れたい、目元ケアについてお伝えします。マスク姿でも人を惹きつけるような、目元美人を目指しましょう!

 

目元には万全の紫外線予防を

 

  • 目元は顔の中でも、最も年齢が出やすい部分です。その理由は、頬など他の部位の3分の1程度しかないと言われる皮膚の薄さ。皮膚が薄いと外部からの刺激に弱くなるので、少しのことでシワや色素沈着が発生しやすくなります。 
  • 最も気をつけたいのが紫外線によるダメージです。シワやたるみといったエイジングサインのうち、約80%は紫外線が原因の光老化とも言われています。目元は皮膚が薄いので紫外線ダメージが届きやすく、無意識のうちに触って日焼け止めも落ちやすくなっているのです。そんな目元の紫外線対策は、とにかく日光に当たらないようにすること。外に出る時はUVカット機能付きのサングラスをかけたり、つばが広めの帽子をかぶったりして目元を守りましょう。日焼け止めやファンデーションは、目の粘膜への刺激が気になってキワまで塗りにくいという人もいますよね。そんな場合は飲んで紫外線対策ができるサプリメントにも頼ってみてください。紫外線を完全にシャットアウトできるわけではありませんが、できることをやって目元の紫外線ダメージを最小限にしましょう。

 

目元専用ケアでシワ対策

 

  • 皮膚が薄い目元は水分が蒸発しやすいので、乾燥によるシワっぽさが出やすい部位です。マスクをしているとそんな目元しか見えないので、乾燥は老け見えの原因に…。顔全体のケアだけでなく、目元専用ケアを取り入れるのが目元美人への近道です。 
  • 特に取り入れたいのが、目元専用のクリームや美容液。保湿に特化しているので、ふっくら潤いツヤのある目元になります。シワが特に気になる場合は、シワ対策クリームを取り入れてみましょう。近年、レチノール配合のクリームなどで「抗シワ」「シワ改善」といった、シワに対してダイレクトに働きかけるアイテムが増えてきました。目じりや目の下は、特にシワやハリの無さが気になりますよね。そんな人こそ、専用アイテムの導入で一気に目元美人に近づくことができます。まだシワは気にならないという人も、乾燥しがちな目元は今から専用ケアを始めてみましょう。乾燥によるシワは、放っておくとクセになり定着してしまいます。特にこれから迎える秋冬は、肌の乾燥に対して注意が必要な季節です。今から目元を集中ケアすることで、シワ予備軍も撃退できますよ!

 

消えないクマの原因とは?

目元の悩みとして多いのがクマ。実はその原因は大きく3つに分けることができます。

 

血行不良による青っぽいクマ

パソコンやスマホで目を酷使していることや、寝不足が原因となります。このタイプは生活習慣の見直しや血行促進などで改善が期待できるので、もっとも解決しやすいタイプと言えます。

 

色素沈着による茶色っぽいクマ

色素沈着の原因は、化粧落としの際にアイメイクをごしごし擦って落としたり、花粉症の時期などに目を頻繁に触ったりなどの摩擦です。この場合は、アイメイク用クレンジングを使用して優しくオフする、顔を触らないようにするなどとにかく刺激を減らすことが最優先。それに加えて、肌に潤いをしっかり与えることでくすんだ角質の排出を促していきましょう。頑固な茶クマには、美白化粧品を試すのもおすすめです。

 

加齢が原因の黒っぽいクマ

このタイプは肌に色が付いているのではなく、加齢による肌の衰えが影を作り出すことが原因です。目の下のたるみや、肉付きが薄くなることで窪んでしまうことで影ができます。自分でできる対策は、ハリ肌を目指せる目元ケアを取り入れることと、のちほど紹介する目のまわりの筋肉を動かすこと。また、どうしても気になるなら美容外科で目の下のたるみを取ってもらうという方法もあります。

 

パッチリ目元のためにするべきこと

 

まぶたが重たい、たるんで目が小さく見えてしまう…。そんな悩みが自宅で解消できるかも⁉目元美人は、美容液などで与えるケアを行うだけでは目指せません。肌の土台を自分の力で整えてこそ、刺激や環境にも揺らがない美しい目元が作れます。どのような方法があるのか見ていきましょう!

 

目のまわりの筋肉を動かそう

目のまわりには、眼輪筋という筋肉があります。ボディの筋肉が少ないとたるむように、眼輪筋も使わなければ肌を支える力が失われてたるみを発生させてしまうのです。 眼輪筋を動かすには、下向き目線がポイント。顔はまっすぐ前を向き、眼球だけを動かして真下を見るようにしてみてください。3~5秒ほどキープを3回繰り返します。筋肉を使うことで目元のたるみ解消が期待できるだけでなく、血行促進にもなるのでむくみ対策にもなりますよ。直接手では触れないので摩擦によるダメージの心配がなく、いつでもできて取り入れやすいのがメリットです。運動中はちょっとホラーな顔になるので、人目が気にならない場所でお試しくださいね。

 

おでこをほぐしてまぶたを軽く

むくみやたるみの原因は、目のまわりだけにあるとは限りません。目のすぐ上にあるおでこが凝っていると、リンパの流れや血流が滞って目元までむくんで腫れぼったくなってしまいます。おでこが凝る原因は、目を酷使することや考えることが多く脳の前頭葉をよく使うことにあります。おでこを触ってみて、硬上下左右に動かしにくく硬さを感じたら凝っている証拠。おでこに両手の指を優しく当て、円を描くようにしてほぐしてください。内側から耳の付け根に向かって老廃物を流すイメージです。眉毛も同様に、くるくる円を描くようにしてほぐしてください。眉下の皮膚が薄い部分には、なるべく触れないようにしましょう。マッサージでおでこがほぐれると、目元が軽くなるのを感じることができます。

 

じんわり温めて癒される温熱パック

一日酷使した目は疲れがたまり、目のまわりの血流を滞らせてしまいます。これを放置して寝ると、肌の新陳代謝が遅くなったり翌朝目が腫れぼったくなってしまうことも。そんな疲れ目にはもちろん、目元の美容ケアにもぴったりなのが温熱パックです。じんわり温めることで血流が改善し、心地よい温かさに癒されてリラックスすることで筋肉の緊張がほぐれます。蒸しタオルや温かいシャワーなど、特別なアイテムがなくてもできるので、疲れを感じたら目元を温めてみてくださいね。


まとめ

目元美人になるためには、まずは光老化を防ぐことが重要になります。皮膚の薄い目元は徹底してガードし、シワやたるみの原因を作らせないようにしましょう。専用ケアアイテムを積極的に取り入れるだけでなく、肌そのものを強くすることも目元美人のためには必要です。目のまわりの筋肉を使ったり、おでこの懲りを解消させるだけでも目元をすっきりさせることができます。温めて目を労わってあげることも、目元美人のためには欠かせません。マスクから見える顔のパーツは目と眉毛くらいなので、目元の印象はそのまま見た目の印象となります。目元に視線が集まる今だからこそ、集中ケアを始めてみましょう!

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE