オンラインでも映えるメイク術

  • Zoom会議にスカイプ打ち合わせ…実際に顔を合わせず、オンラインで仕事をする機会が増えてきました。でも、Webカメラってあまり映りが良いとは言えませんよね。画質が低く、顔も暗く映りがちです。 
  • 最近では映りを良くするエフェクトツールも出てはいますが、そればかりに頼ってもいられません。印象を良くするなら、やはりメイクを変えるのが一番です。画像が粗くても、ウインドウが小さくても目を惹くようなメイクとはどのようなものでしょうか。カメラの映りが悪くなる原因を解消し、オンラインでも好印象なメイク術を身に付けましょう!

 

メイクの前に、まずは撮影環境を良くしよう

 

  • パソコン画面に映し出された自分の顔、鏡で見るのとは全然違って直視できない…。Webカメラで映りが悪くなる大きな原因は光の量と方向、カメラの向きにあります。部屋の主な光源は天井の蛍光灯のみ、しかもパソコン画面を見ながらだと顔は下向きになりがちなので、顔全体が影になります。下向きの光は、シワのラインを強調させてしまう効果も。それだけでなく、バックが白い壁紙や窓だと逆光となり、さらに暗さが増してしまうのです。 
  • また、パソコンをテーブルに置いて仕事をしている場合は、カメラアングルが下からになりがち。目元が小さく見え、鼻の大きさやたるみが強調される角度となり決して綺麗に見えるアングルとは言えません。映りを良くするためには、まずは光の取り入れ方を変えること。窓の位置が横にくるよう仕事場所を調節する、または卓上ライトなどをパソコン横に置くなどして、顔に影を作らない工夫をしましょう。また、テレビで女優さんなどが使うレフ板効果もぜひ取り入れたい光の使い方です。白い紙を顔の下に置く、白い服を着るなどするだけでも顔が明るく見えます。
  •  カメラの設置場所はなるべく高めに、やや上目遣いになる位置がおすすめです。撮影環境をベストな状態にできれば、次はいよいよオンライン映えするメイクの番です!

 

ベースメイクはツヤ感を重視して

 

  • 在宅勤務をしていると、オンラインで顔を見せるときにベースメイクはどこまでするべきか悩みますよね。気合を入れてしっかりファンデーションを塗っても、画質は低いしウインドウが小さいのでは意味無さそうと思ってしまいます。何より、家にいるのでなるべく軽めに仕上げたいのが本音ではないでしょうか。低画質の場合、肌荒れはハッキリ映らないのでベースメイクは軽めで大丈夫です。画素が粗くても映えるのは、程よいツヤ感のあるメイク。簡単にツヤ感が出せるのは、軽めのテクスチャーのリキッドタイプやBBクリームです。
  •  特に気をつけて塗りたいのが、正面から映った時に目立つ顔の中心部分。薄付きのツヤ感メイクをすることで、それだけで自然な立体感が出ます。ハイライトを使用して鼻筋などを明るくすると、光の当たり方やカメラによってはテカって見えてしまうので注意しましょう。小鼻のくすみやクマがある場合は、コンシーラーで肌の色を均一に整えてください。カメラ越しに見える色ムラは、顔の見えている部分が少なくなるだけに、思った以上に肌を汚く見せてしまいます。オンライン映えするベースメイクは、適度なツヤ感と均一に見える肌色です。肌に負担をかけない薄付きのファンデや下地に、ピンポイントでくすみをカバーするコンシーラー使いで映えメイクのベースを作りましょう。

 

暗さをカバーする血色感はほんのり色づく程度に

 

暗く見えがちなwebカメラなので、チークやリップはしっかり色をつけた方が良さそうと思われがちです。でも、Webカメラは色の再現度がさほど高くありません。濃いチークはただのくすみに見えてしまったり、リップは仕事にそぐわない派手カラーに映ってしまったりと、むしろ逆効果になってしまう場合も。チークは血色が良くなる程度の、ナチュラルなカラーを選びます。顔の中心部にかからないようにすることで肌を綺麗に見せ、やや外側で縦方向に入れて血色感とともにフェイスラインをスッキリ見せる視覚効果も期待できます。リップメイクはほんのり色づくティントリップや色付きリップでOK。薄いメイクながらキッチリ感が出て、派手に映る心配もありません。使用感も軽いので、在宅勤務にピッタリです。

 

アイメイクは濃いめorナチュラル、どっちが映える?

 

画質の悪いカメラ越しでは、濃いアイメイクは影を作って目元を暗く見せてしまうのでナチュラルメイクに軍配が上がります。アイシャドウは、暗めの色は使用せず明るめに。ブラウンやカーキといった肌なじみの良い濃い色は、くすみや影のように映ってしまいます。おすすめは明るいベージュや青み系のカラー。光を反射して目元を明るくしてくれます。アイラインを引く場合は上まぶただけ、まつ毛の生え際に入れて目の輪郭をハッキリ強調させましょう。下側に入れると影のようになってしまい、低画質ではクマに見えてしまいます。まつ毛はカーラーでしっかり上げた後、こちらも上側だけマスカラを付けます。ボリューム系のマスカラは目の下に影を作ってしまうので、ナチュラルタイプやカールキープタイプを選んで白目に影を作らないようにしましょう。

 

放置しないで!眉毛はキッチリ感を出すカギ

 

普段が薄化粧になると、つい手を抜きがちなのが眉の手入れ。ほとんど前髪で隠れていて見えないし、トレンドは太眉らしいし…と、放置している人は意外と多いかもしれません。前髪で隠れていたとしても、眉はふとした表情の変化で見えていて顔の印象を左右します。整った眉であればキリっとお仕事モードに見え、アイブロウなどで髪色と統一されていれば目元まで明るく見せてくれるのです。薄化粧なのでペンシルでハッキリ輪郭をかたどる必要はありませんが、眉の形はしっかり整えておきましょう。色も髪に合わせることで、仕事用に映えるオンラインメイクは完成します。


まとめ

オンラインで映えるメイクは、普段のメイクとは少々異なります。ポイントは、とにかく影やくすみに見えるポイントメイクはしないということ。濃いアイシャドウにボリュームまつ毛、頬の真ん中に入れるチークは普段ならいいかもしれませんが、オンラインではNGです。 

オンライン映えするメイクのポイントは以下の4つです。 

  • ・ツヤ感があり色ムラのない肌
  • ・控えめなリップとアイカラー
  • ・光が取り込める明るさ重視のアイメイク
  • ・キッチリ感を出す眉

 この4つのポイントに加えて撮影環境を整えることで、低画質でも映えるようになりますよ。画質の悪いオンラインでも綺麗でいたい!そんな方はぜひお試しくださいね。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE