やっぱり見た目も大事!見た目印象UP術

見た目だけで人を判断してはいけないと言われても、やっぱり目からの情報ってとても影響力が大きいです。初対面で、この人苦手かも…と思ってしまうことありますよね。

綺麗ごと無しに言うと、やっぱり見た目は大事です。でも、それは顔の造形のことではなく、その人がまとう雰囲気に左右されること。改善の余地は十分にあるのです。見た目の印象をUPさせるには、どのようなことを心がければ良いのでしょうか?ポイントを押さえて、誰からも好印象に映る見た目を手に入れましょう!

■見た目の印象って何で決まるの?

見た目の印象をUPのためには、まず人がどんなところをみて印象付けしているのかを知る必要があります。特に初対面の場合、その人に関するリアルな情報は、今見ている目の前の状態しかないのです。

明るい、暗いは表情から読み取られる

いつも笑顔の人と無表情の人、どちらが好印象かと聞かれれば前者が圧倒的に多くなることでしょう。それほど表情が与える印象は大きいです!

普段から意識して口角を上げている人は、特に何もない時でも優しい表情になります。これだけでも安心感が得られ、積極的な話してみようという気になります。一方、無表情だと何を考えているのか分からない、怖いといったマイナス面を想像してしまい、印象は悪い方向に。

接客業や営業など、人とコミュニケーションを取ることが必須の職種では、表情が乏しいだけでかなり損してしまう可能性が高いです。また、就職の面接などでは印象に残りにくく、実力を過小評価されかねません。

視線で信頼度が測られる

「目は口ほどにものを言う」という言葉通り、視線ひとつだけで簡単に印象は変わります。目を合わせてくれれば、話の内容に自信がある、こちらに興味を持ってくれているなど、比較的好印象につながりやすいです。

逆にキョロキョロして視線が合わなかったり、終始下向きだったりすると不信感を与えてしまい、全く目を合わせない人は無礼な印象さえ持ってしまいます。このように、視線がどこにあるかで、信頼度が測られるのです。

だからと言って長時間ガン見してしまうと、それはそれで圧迫感を感じるので気をつけてくださいね。話が長くなるときは、鼻のあたりを見るのがおすすめです。

最も大事な要素は清潔感!

ファッションに関しては、人により好みが分かれるのでなんとも言えないところ。オシャレなファッションかどうかより、見た目の印象に大きな影響を与えるのは清潔感です。

髪は寝ぐせも直さずボサボサ、服はシワだらけで食べこぼしのシミもちらほら…いくら化粧バッチリでハイブランドを着ていても、これではだらしなさの方が印象としては強いですよね。一見身だしなみはカンペキでも、足元はかかとがすり減ったスリッパだと清潔感は感じられません。

身につけるものだけでなく、自身の清潔感も見られています。顔なら特に、目ヤニや鼻毛、口元の食べカスなどはものすごく目を引いてしまいます。また、テーブルを挟んで会話する場合などは、手元の袖や爪先が汚れていると目立ちますよね。

プチプラ服を着ていても、トータルで清潔感が溢れていたら見た目の印象は良いものになります。どこかに不潔な要素があれば、それが悪目立ちして簡単に印象は下がってしまうのです。

昔からよく知る人なら、すでに人となりを知っているので、こういったことに印象を左右されることは少ないでしょう。しかし、初対面の人だと目立つものすべてが情報として入ってくるので、マイナス要素はその人の印象に直結してしまいます。

■好印象は作れる!なりたい自分を目指そう

どうせ目つきは悪いし、オシャレにも自信がないし…と最初からあきらめていては、見た目の印象はいつまでもUPできません。初対面の印象がどうも悪いという人、印象が薄く覚えてもらえないという人は、まず自分に自信を付ける必要があります。

内面に自信がない時は

視線を合わせられない、表情が暗くなりがちという人は、内面に自信が持てていない場合が多いです。コミュ力が低い、話すのが苦手といった内面的な自身のなさは、どう変えていけば良いでしょうか。

コミュニケーションをとることは、なにも会話をすることばかりではありません。基本はあいさつから!小さい声でうつむき加減に言うのではなく、背筋をのばして相手の目を見て、口角を上げ気味にしてはっきりとあいさつしましょう。

こちらから話をふるのが苦手であれば、気配り上手、聞き上手を目指してみてください。例えば相手の話にこまめに相づちをうつ、話の内容によって表情を変えながら返事をするなど、相手が気持ちよく話すことに意識を傾けます。

何か話さなければ!という焦りを無くせば、自然と心に余裕が生まれるので、表情は柔らかくなり印象がアップします。表情作りが苦手な場合は、表情筋のトレーニングをしてみるのがおすすめですよ。

自分磨きで印象UP!ポジティブ思考になろう

体型を気にしている人の中には、どうせ何を着ても似合わないからと、服装に無頓着になることがあります。これが悪循環のはじまりで、ますます不摂生に拍車がかかったり、清潔さまで失われてしまったりと、どんどん見た目の印象を下げる行動をとってしまうことに。

本当はスリムな体型に憧れている、理想の体型があるという場合は目標を立てて計画を実行に移してみましょう。今は、動画サイトやSNSなどで、他の人のダイエットチャレンジを見ることができます。

目標に向かって頑張っているというだけで、気分もポジティブになって表情が変わりますよ。憧れだった服を素敵に着こなすことができた時には、より綺麗に見せたいと自信が持てるようになり、見た目の印象が上がる方向に自然と引っ張られていきます。

一方で、体型をどうにかする気はないけど印象はUPさせたい…という人もいるかと思います。そのような人は、自分に似合うファッションやメイク、カラーについて研究してみましょう!

特に、体型が気になるからと小さめの服を選ぶのは逆効果です。体のラインを綺麗に見せるのは、自分のサイズに合った服です。また、肌色を診断してもらって似合う色を覚えておくのもおすすめです。好きな色が必ずしも似あうとは限らないので、思い込みは一度捨ててしまうのも有効かもしれません。

同じ体型の人でも、服装に無頓着な人と自分に似合うオシャレを楽しんでいる人では、印象が全然違います。なりたい自分を目指す人、なれた人にはもれなく好印象がくっついてきます。難しいことは考えず、何かを変えようと思うところから始めてみてくださいね。

■まとめ

見た目の印象をUPさせるためには、服やメイクを変えるだけでなく表情や目線、清潔感がかなり重要です。どれも意識して変えていくことができるので、まずは客観的に見て自分がどうなのか知ってみましょう。その上で目標を設定すると、具体的にしなければならないことが分かってきます。

内面、外面ともに自信が持てるようになれば、見た目の印象はUPしているはずです。なりたい自分を目指し、印象UPに向けてさっそく今日から頑張ってみましょう!

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE