パン好きが選ぶ食パン!

高級食パンブームがはじまって以来、食パン選びにこだわりたいと思っている人は増えているのではないでしょうか。食パン専門店もあるほど、食パンの世界は奥深いのです。

ひと言に食パンと言っても、リッチな風味やもちもち感を楽しむもの、厳選された素材の風味を楽しむものなどタイプもさまざまです。

今回はそんな食パンについて、パン好きの人がどんなものを選んでいるのかをチェック!美味しい食パンに巡り合いたい人は、ぜひお読みくださいね。

形で食感が変わる!基本の選び方

食パンには、正方形に近い形の角食パンと、頭が盛り上がったような形をしている山食パンの二種類があります。スーパーなどで売っているおなじみの食パンだと、角食パンのほうがよく見かけるでしょうか。この二つは、ただ形が違うだけでなく食感も異なります。

水蒸気を閉じ込めて焼く角食パン

角食パンは蓋つきの型で焼くので、水蒸気が中に閉じ込められてしっとり・もっちりした食感になります。また、上に生地を膨らませない分、生地の密度が高く気泡が細かいです。トーストしてももちろん美味しいですが、そのままちぎって食べれば、よりしっとり滑らかな食感が楽しめます。

生地が上に向かって膨らむ山食パン

山食パンは蓋なしの型で焼くので、上に向かって自由に生地が膨らみます。角食パンと比べると気泡が大きいので、軽い食感となるのが最大の特徴です。また、トーストすると表面がカリカリ食感になるので、歯ざわりの良さが楽しめます。

リッチ?それともシンプル?材料で好みを探る

次に注目したいのが、パンの原材料です。パン屋さんごとに強いこだわりが出るポイントでもありますね。食パンにおいては、大きく分けると油脂分を多く含んだ「リッチブレッド」と、できるだけシンプルな配合で小麦の風味を引き出す「リーンブレッド」があります。

高級食パンに多いリッチブレッド

リッチブレッドの場合、脂肪分の多い生クリームやバターを入れることで、豊かなコクと香りが感じられるだけでなく、よりしっとり・ふわふわ感が増します。生クリームをふんだんに使用した食パンだと、特にパンの耳=クラストがとても柔らかくなるので、固い耳はあんまり好きじゃない…という人は生クリーム入りがおすすめです!ちなみに、その柔らかさは生クリームの脂肪分が多ければ多いほど増します。

バターをパン生地に練りこむと、風味を良くする以外にも水分の蒸発を防いだり、生地の伸びが良くなったりといった特徴が出ます。バターが多いと、食パン内で層ができるデニッシュブレッドとなりますが、高級食パンは絶妙な配合でしっとりキメの細かい生地を実現しています。生クリームやバターそのものが、産地やブランドにこだわっている場合も多いので、買う前にチェックしてみるのも良いですね!

素材を味わうリーンブレッド

リーンブレッドは、基本的に小麦・塩・酵母・水といった、パンの基本材料で作られているものです。小麦の風味や酵母の香りを楽しむことができ、自家製の天然酵母を使用していたり、小麦だけでなく水にもこだわっていたりすると、特に味わい深いですね。

なお、明確に定義こそされてはいませんが、パン屋さんで見かける「パン・ド・ミ」は山食パンのリーンな配合であることが多いです。パン屋さんによって名付けの基準が異なるので、パンの説明をよく読んでみてくださいね。

あんこ・チョコ・季節のフレーバー…練りこみ食パンも人気

近頃よく見かけるのが、パン生地にさまざまなフレーバーが渦巻き状に練りこまれたものです。あんこやチョコなどは、市販のパンでも見かけることが多いですね。このようなバラエティに富んだ食パンは、季節や期間が限定されているものも多いので、気になったらまずは試してみましょう!

お取り寄せできる!パン好きの間で話題の食パン5選

食パンの種類を知ったところで、今パン好きの人たちが選んでいる食パンはどんなものがあるのか、とても気になりますよね。ここでは、全国どこでもお取り寄せ可能な、人気の食パンをピックアップ!行列に並んだり、わざわざ遠出したりしなくても美味しい食パンが食べられますよ。

泉北堂の極食パン

画像出典:泉北堂公式Instagram(https://www.instagram.com/senbokudo/

泉北堂は、大阪府堺市にあるパン屋さんです。日本一のもっちり食感を目指したという「極み食パン」は、多数のメディアで紹介されている話題の食パン!最高級のバターと牛乳、厳選された素材をふんだんに使用し、石窯で焼き上げることで外側はパリパリ、中はしっとりもちもちになります。

通販では焼き上げ当日に発送してくれるので、到着後はそのまま食べるのがおすすめなのだそう。こちらは楽天やヤフーショッピングなど、通販サイトからの購入が可能なので、比較的手に入りやすいです!ギフトボックスに入っているので、手土産にも最適ですね。

公式ホームページ:https://senbokudo.net/
オンラインショップ:https://senbokudo.net/netsales.html

パン焼き小屋zopf(ツォップ)の食パン

画像出典:zopf Instagram(https://www.instagram.com/p/Bav4GvZhL-d/

千葉県松戸市にあるzopfは、パン好きの間ではとても有名なパン屋さんで、常に行列の絶えない超人気店でもあります。パンの種類は約200種類もあるので、食パン以外にもいろいろ欲しくなってしまいそうです。

食パンの種類も多く、ベーシックな食パンから自家製粉の香り高い全粒粉使ったグラハム食パンの他、通販はできませんが自家製酵母を使った食パンなどもありますよ。なお、通販の受付日は限定されており、人数も限定されます。日にちや受付開始時間はホームページで公開されているので、さっそくチェックしてみてくださいね!

ホームページ:http://zopf.jp/

LeTAO(ルタオ)の北海道生クリーム食パン

画像出典:LeTAO公式ショップ(https://shop.letao.jp/category/28/R565.html

ドゥーブルフロマージュなどのスイーツでも有名なLeTAOが作る食パンは、水を使わず北海道産のミルクと生クリームだけで練り上げた、優しい甘さが特徴です。生地はしっとりもちもちで、トーストすると表面はカリカリに!リッチなミルク感を楽しみたい人は、ぜひ一度味わってみてくださいね。

なお、こちらは通販だと冷凍便で届きます。届いてすぐに食べない場合は、冷凍庫に保管場所を確保しておきましょう!

LeTAO公式ショップ:https://shop.letao.jp/category/28/R565.html

GLAND MARBLE(グランマーブル)のマーブルデニッシュ

画像出典: GLAND MARBLE公式Instagram(https://www.instagram.com/grandmarble/

京都発のデニッシュ専門店GLAND MARBLEでは、基本のデニッシュはもちろん、バラエティ豊かなマーブルデニッシュが魅力的です。断面が美しいので、ギフトや手土産にもピッタリ!

京都らしく抹茶やあんこ、くろみつといった和食材を練りこんだものや、季節のフルーツを練りこんだ期間限定商品、チョコやフロマージュといった定番商品など、いくつも買い揃えたくなります。ネット限定商品もありますよ!

公式オンラインショップ:https://grandmarble.com/onlineshop/

ヤマザキのゴールドソフト

画像出典:山崎製パン公式サイト(https://www.yamazakipan.co.jp/product/01/goldsoft.html

ヤマザキといえば、すっかりおなじみのパンメーカーですが、店頭では決してお目にかかることがない「ゴールドソフト」はご存じですか?パン好きの間では密かに話題となっている食パンで、受取日は毎月第2・4金曜日だけの完全受注販売となっています。厳選したバターや卵、生クリームを贅沢に使用しており、キメが細かくふんわりした食感だけでなく風味も豊かです。

こちらはネットもしくはデイリーヤマザキ等で注文でき、受け取りは各ヤマザキの店舗で直接受け取りとなります。

Dairy365.netゴールドソフト注文ページ:http://www.daily365.net/365shop/goldsoft

おうちで美味しくトーストする方法

せっかくお取り寄せした食パンも、いつも食べるおなじみの食パンも、最大限の美味しさを引き出して食べたいところです。特にトーストする場合は、焼き方に一工夫してみましょう!

ポイントは、できるだけパンに水分を残すこと。トースターはあらかじめ余熱しておき、高温・短時間で一気に焼き色を付けます。また、焼く前にパンに霧吹きをかけるのもおすすめですよ。水分の蒸発を最小限に抑えれば、表面はカリカリ・中はしっとり・ふんわりとした美味しいトーストができあがります。

まとめ

シンプルだけど奥が深い食パンは、パン屋さんごとの素材や製法のこだわりが出やすく、それぞれに違った味わいがあります。今回はお取り寄せできる人気の食パンをご紹介しましたが、地元のパン屋さんに置いてある食パンもぜひチェックして、好みの食パンを探してみてくださいね!

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE