サビさせない体は美容の基本!血管美容のおすすめとは?

シミ・シワ・たるみ・くすみなど肌トラブルに悩まされる女性は多いでしょう。
それらの肌トラブルがなかなか改善しない方は、血管が脆くなっていたり血流が悪くなっているのかもしれません。
今回は様々な肌の悩みを改善できる、体の内面からアプローチした「血管美容」を中心にご紹介します。

血管美容とは?

血管の役割をご存知でしょうか。
全身に血液の循環により末端まで栄養や酸素など細胞組織に必要な物質を行き渡らせ、不必要となった老廃物を運び出す役割があります。
体をめぐる血管の9割以上は毛細血管であり、毛細血管の老化は肌トラブルの大きな原因となります。
血管の強さ・血液の循環の2つの血管力に注目した美容が、血管美容なのです。
血管美容で体のめぐりを良くすることによって、健康的な美しさの基盤を作り上げることが出来ます。

血管美容におすすめな人とは?

それでは、血管美容におすすめな人の特徴をご紹介します。

  • シミ・シワ・たるみ・くすみ・乾燥などの肌トラブルが改善しにくいと感じる
  • むくみが気になる
  • 顔色が悪い
  • 冷え性
  • 白髪が気になり始める

以上の項目に少しでも当てはまった方は、毛細血管が脆く弱くなっている可能性があります。
外側からのスキンケアをしていても、効果が感じられない場合は血管力が弱くなっている可能性があり、見た目にも現れてしまうのです。
肌の衰えを感じる方以外にも、肌が敏感な方も血管美容がおすすめです。

毛細血管の老化とは?

毛細血管の老化は様々な原因が挙げられます。
血流が悪くなり、血管がねじれたり消えてしまうことが毛細血管の老化です。
そのような症状のある血管をゴースト血管と呼ばれており、血管力が弱い状態にあることを指しています。
血管は壁細胞と内皮細胞の二重構造となっており、2つの層の接着力が弱くなってしまうことによってゴースト血管となってしまいます。
また、壁細胞は血管の外側にあり、脆くなるなどしてはがれてしまうとむくみや炎症の原因となります。
毛細血管の老化は、大きく分けて活性酵素による酸化と血流の悪さに起因します。

毛細血管を老化させてしまう主な原因

  • 喫煙
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 運動不足
  • 食生活の偏り・乱れ
  • 加齢によるもの

これらの原因によって毛細血管の老化は進んでしまいます。
次項から原因と共に毛細血管への影響をご紹介します。

喫煙

タバコに含まれるニコチンによって血管を収縮させてしまい、血流を悪化させてしまう大きな要因のひとつとなります。

睡眠不足

睡眠が足りていないと、細胞組織や血管を修復する成長ホルモンの分泌が減少してしまいます。
睡眠不足だけではなく、睡眠の質も重要です。
長時間眠れたとしても、良く眠れたと感じられていなかったり、朝の寝起きがなんとなく調子が悪いと感じられた場合、睡眠の質が悪い可能性があります。

ストレス

ストレスを感じると、活性酸素を発生させます。
活性酸素が体内で増えてしまうと、血管にダメージを与えてしまう原因になるのです。

運動不足

長時間座りっぱなしだったり、あまり歩かないなど動かない生活が続くと、血流が滞りやすくなります。
そのため、栄養も末端まで届きにくくなってしまうのです。

食生活の偏り・乱れ

体は食生活から作られるものと言っても過言ではありません。
偏った食事や不規則な食生活は、血管の老化を進めるだけではなく、体全体に対しても同様に不健康となってしまいます。

加齢によるもの

40代からは様々な老化現象が加速してしまうと言われ、血管も同様となります。
女性ホルモンの分泌が急激に低下することに大きく起因します。

内側から美しく!血管力を上げて健康美を手に入れよう

毛細血管の老化を抑えるには、血管を丈夫にすること・血流を良くすること・栄養を末端まで行き渡らせることの3点です。
体全体をめぐる血管を良好な状態にすることで、美容だけではなく健康にも良い影響を与えることが出来るのです。
また、内側からアプローチすることで外側からのケアも実感しやすく感じることでしょう。

血管力を上げるおすすめの方法3選をこれからご紹介します。

軽運動を毎日心掛けよう

おすすめなのはウォーキングです。
肺・筋肉・心臓、この3つのポンプ機能が効率的に使われるため、体全体の血流が良くなります。
ただし、運動に慣れていない方やストレスに感じる場合は控えましょう。
かえって活性酸素が増えてしまい、血管へのダメージを加速させてしまう恐れがあります。

家でも可能な運動では、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎに注目した軽運動を行ないましょう。
例えば、スキップを疲れない程度に朝と夕方に行なうことがおすすめです。
血流を促すポンプ機能を運動で使うことで、肌のターンオーバーも良くなります。

栄養過多に注意した食生活を送ろう

食生活においてご飯や麺類、お菓子などを摂りすぎてはいませんか?
糖質・脂質の過剰摂取は血管のダメージに繋がってしまいます。
お菓子を控えるだけでも大きく変化はします。
また、糖質の元となるご飯や麺類などの食べ過ぎも控えましょう。

血管を修復するハーブティーを飲もう

血管の2つの層を修復する作用を持つおすすめのハーブティーは、ルイボスティーです。
特に、温かいルイボスティーを飲むことで冷え性にも相乗的に効果を発揮します。

炭酸ガスを用いたスキンケア用品を使おう

おすすめの炭酸ガススキンケア用品は、フェイスパックとなります。
炭酸ガスは二酸化炭素が含まれていることが重要なポイントです。
肌に炭酸ガスが含まれたフェイスパックが付着すると、血管が拡張して血液のめぐりが活発になります。

仕組みは皮膚内が酸素不足を感じることから、より酸素を供給しようと血流が末端までめぐろうとするからなのです。
血流が良くなることは、肌のターンオーバーを促すことに繋がります。
そのため、くすみやシミなどの改善・予防に効果的です。

活性酸素は悪いだけではない

これまでお伝えした血管へのダメージに繋がる活性酸素ですが、良い役割も果たしています。
活性酸素自体は、強い酸化作用があるために強い殺菌作用があります。
体内では、ウイルスや菌などから守る役割があるのです。
しかし、活性酸素が増えすぎてしまうと、正常な細胞や血管までも攻撃してしまうことになってしまいます。
体や血管を酸化させてしまうことが老化現象となります。
この活性酸素を増やし過ぎないことが、美容にとって基本とも言えます。

血管美容は健康にも繋がる

これまでお伝えしました血管美容は、健康にも勿論重要に関わることです。
血管のダメージは、動脈硬化になる恐れがあり、病気予防のためにも血管力を上げることが大切です。
また、血管力を上げると皮膚のバリア機能が向上します。
皮膚のバリア機能が低下すると表皮が薄くなってしまい、様々な肌トラブルの元となるので、根本を改善するためにも血管力を上げましょう。

美容は健康から

血液のめぐりを良くすることは、体全体の改善とも言えます。
美容は健康から始まることです。
毎日コツコツと始めることから、健康美は維持されていきます。
皆さんも少しずつ出来ることから始めて、内側から綺麗になりましょう。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。