美容家がおすすめする、 キレイのためのこだわりランチ(恵比寿編)

ビューティ・ランチのため、3つのポイントを整理する

私たちの事務所は恵比寿にあるため「この辺りでランチに良いお店を教えて?」と聞かれることが良くありますが、実際は答えに困ることも多いのです。美味しいお店はたくさんありますが、それらがすべて『美』にこだわりをもっていらっしゃる方に『良い』お店として、お教えできるとは限りません。美容に携わる者が考える『良いランチ』とはどのようなものなのでしょうか?基本から考えてみたいと思います。

まず、『良いランチ』について考える際には、3つのポイントがあげられると思います。第1にケアすべきなのは、糖質の問題です。糖質の摂りすぎによるたんぱく質の糖化を避ける必要があるためです。第2のポイントは活性酸素除去のためビタミンC、E、ポリフェノールなどを積極的に摂れるメニューであることでしょう。アンチエイジングや美肌のためには忘れてはなりません。そして最後には、のんびりと時間を取れる空間が用意されている事が重要です。一見すると美容と脳には直接的な関係がなさそうですが、最近の研究では特にPCやスマートフォンを閉じゆったりとした休息時間を過ごすとことが、美容やアンチエイジングに直結する長寿ホルモン(DHEA)の分泌を助けるために不可欠だと言われているのです。

目的がアンチエイジングであれ、美肌づくりであれ、ダイエットであれ、大きな違いはありません。美容の専門家から見た場合、これらの3つのポイントをケアしたランチなら、キレイをサポートする『良いランチ』だという事なのです。さてそれでは、これら三つの基本を押さえた、恵比寿ならではのおすすめのビューティ・ランチスポットをご紹介しましょう。

 恵比寿ならガーデンプレイス。おすすめランチスポット3選

今、恵比寿でビューティ・ランチに最適な場所と言えば、ガーデンプレイス周辺です。JR山手線のスカイウォークを辿ってゆけば、東口改札から約5分で到着します。

まずは恵比寿ガーデンプレイス入り口で、一足早く大きなクリスマスツリーのお出迎えをうけます。そして、その周辺に目をやると、木造りのヨーロッパ風のクリスマスマーケットと2台の可愛いデリトラックが並んでいる小さな広場が見えます。この一画は決して規模は大きくないものの、一クラス上の恵比寿クオリティなのです。

デリトラックの本格的なホテルカレー

時計広場のランチなら、ウエスティンのデリトラックをチョイス。カレーのスパイスが、体の中からキレイをサポートしてくれます。

まず試してみていただきたいのは、恵比寿ならでは、ウエスティンホテルのデリトラックの総料理長特製ビーフカレーです。日本調理科学会誌の『カレーの機能性』*というレポートによると、カレーにたくさん使われており、これまでも様々な効用が知られていたターメリック、シナモン、クローブは、非常に高い抗酸化作用を含んでいるとされています。つまりカレーに使われているスパイスは様々な効果でカラダの中から整え、キレイを強力にサポートしてくれるという訳です。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/cookeryscience1995/37/3/37_320/_pdf/-char/ja 

総料理長のカレーは、少し懐かしい味がする。恵比寿ウエスティンの特製ビーフカレーと言うと、お使い物としても、ビュッフェでも、人気の一品だとか。デミグラスソースベースでビーフはトロトロになっていて、辛みは決して強くないのですが、味わっているうちにしっかりとスパイスの味を感じます。総料理長の沼尻シェフが修行をされたという箱根宮ノ下の富士屋ホテルのカリーの様な、すこし懐かしい上品な味と言えばよいのでしょうか。

爽やかな秋空の下、一足早いクリスマスツリーを眺めながらスパイシーなカレーを頂くのも、この時期ならではの恵比寿らしいランチタイムの楽しみ方です。

時計広場のクリスマスマルシェ
開催期間11月2日から12月25日まで
営業時間:12:00~20:00
https://gardenplace.jp/special/2019christmas/marche/ 

ヘルスコンシャスランチ

恵比寿ガーデンプレイスのグラススクエアでは、ミシュランスターシェフのヘルスコンシャスランチをリーズナブルに。恵比寿ガーデンプレイス グラススクエアは最近リニューアルされましたが、このレストラン街で美容を考えたランチなら、ミシュランスターシェフ、デイビッド・マイヤーズの『ソルトウォーター バイ デイビッド・マイヤーズ』がおすすめです。

このお店の一番有名なメニューは、なんといってもニューヨークタイムズが絶賛したバーガーです。100%赤身のパテなら良質のたんぱく質を豊富に含んでいるので、こちらもビューティ・ランチメニューの候補ではありますが、糖質による抗酸化やダイエットの事を考えると調節の難しいバーガーのバンズの糖質は気になります。過度な糖質制限は決してお勧めできませんが、糖質を取りすぎる事も老化の加速につながりますから。

そこで今回お勧めするランチは、糖質量を簡単に調節できる、ケイジャンチキングリルサラダです。ケイジャン料理はあまり日本人にはなじみがないかもしれませんが、アメリカ南部の郷土料理で、パプリカパウダー、唐辛子、ガーリック、オレガノ、クミン、タイム、コリアンダーなど、カレーのようにスパイスをたくさん使います。このプレートの低糖質度に加えて、ケイジャン料理ならではのスパイスの力でも、抗酸化や代謝向上などが期待できると考えられます。

ケイジャンチキングリルサラダ このボリュームで880円!

このランチはスパイス効果以外にも、タンパク質はたっぷりのチーズとチキンでとれますし、大ぶりのロメインレタスはグリルをしてあるので食べやすく、糖質のバゲットを食べなくても十分に満腹感が味わえます。脂質にはオリーブオイルが使われているところも、美容にとってはたいへん好ましいですね。つまりこのクオリティで、この立地で、ミシュランシェフのレストランでランチが880円というお手頃価格。美容にもお財布にも優しい一品ですから、ぜひ一度、お試しいただきたいと思います。

恵比寿ガーデンプレイスグラススクエア https://gardenplace.jp/shop/area.php?a=2
Salt Water by David Myers http://salt-water.jp/
ランチ 11:00〜15:00(L.0.14:30)
カフェ 14:30〜17:30
ディナー 17:30〜23:00(L.O.22:00)

昼下がりは、くつろいでいる人が多い屋内広場ランチの後の15分でも、お日様を浴びてのんびりする。ホルモンバランスを整える、キレイの為の習慣を。また、このグラススクエアに足を延ばされるなら、もう一つ、美容のためにおすすめしたいコトがあります。それは、ランチ後に15分程度日光浴をすることです。リニューアルした屋内広場はまるで温室のようになっていて、日差しの差し込む高い天井が特徴的です。緑もたくさん配置されていますので、これから向かう寒い季節の日光浴には最適なスポットでしょう。本当はこの『ランチタイム日光浴』は毎日続けることが望ましいのですが、やらなければならない・・とストレスになるのでは、逆効果になってしまいます。出来る時だけでも構いません。特に40代以降の女性は、自然にホルモンバランスを整えるためにも、おすすめしたい習慣です。

ワンランクアップのイートイン

美容に『良い』ランチを選びたい方にも、ガッツリお肉の人の為にも。ワンランク上のイートインなら、ビュッフェ感覚で好きなものを好きなだけ。リニューアルした恵比寿三越のイートインコーナーは、ワンランク上のフードコート。中央には大きな木のテーブルやソファーコーナーも作られていて、グループでもお一人でもベビーカーを持ち込んでも、周りに気兼ねをせず、ゆったりとランチがとれるようになっています。

特に美容のために食事に拘っている時は、ご家族そろっての外食でも、お友達とのお食事会でも、みんなが満足できるお店を探すのが難しいことが多いと思います。特に小さなお子様連れでのママ会などの時は、ダイエットだけでなく好き嫌いやフードアレルギーも個別に対応できるのも重要です。皆さんが自由に食べたいものを食べながら、こんなキレイで落ち着けるイートインなら、恵比寿らしい新しいランチスポットとして最適です。恵比寿三越のフードエリアには多くのお店がありますが、ビューティ・ランチとしての一押しを選ぶなら、有機野菜を中心にスーパーフードも摂れるベジスタンドになると思います。

メイン商品のサラダは全部で8種類あり、『アンチエイジング』サラダには抗酸化作用の高いビーツやサーモンに加え、ベータカロチンの豊富な人参やほうれん草が豊富に入っていますし、『デトックス』サラダには、解毒作用があるといわれているパクチーやセロリと食物繊維を豊富に含むサツマイモなどが入っています。提供されるボウルのサイズや色合いを見ていると、オアフで人気のホールフーズのデリランチを思い出します。

ベジスタンド http://vegestand.tokyo/
恵比寿三越フードガーデン https://gardenplace.jp/shop/detail.php?id=90
営業時間: 午前11時~午後8時(一部飲食店を除く)

UMAMI BURGER恵比寿三越   https://umamiburger.jp/locations/ebisu.html

ガッツリお肉派なら試してみたい。LA発、ベストバーガーオブザイヤーのUMAMIバーガー.ご一緒されているガッツリ召し上がりたい方のためには、米国版GQのベストバーガーオブザイヤーに選ばれた、UMAMIバーガーがおすすめです。もうあちこちで有名なバーガーを召し上がっていても、国内6店舗という店舗数の少なさからか、知る人ぞ知るという状態なのか、UMAMIバーガーを召し上がられた方は意外と少ないのです。店名のUMAMIはもちろん日本語の旨みからとられたもので、LAで生まれたこのバーガーは開発者が旨みを最大限に引きだす調理法を作り出したため、UMAMIバーガーと名付けたそうです。

食後のひと時。日光浴を兼ねて、ウエスティンの小径をたどるフードコートでのランチが終わったら、お散歩はいかがでしょう?先ほどは食後にアトリウムでの日向ぼっこをおすすめしましたが、恵比寿三越でランチの後は、お天気が良ければ、ウエスティンの小さな森を散策するコースがちょうどよいと思います。恵比寿三越からウエスティンのお庭までお散歩すると、15分から30分くらいになるはずですから。

このご案内がひっそりと架けられたホテルのお庭に向かうゲートは、正面玄関にむかって左手にあるのです。足を延ばされたことは無い方も多いかもしれませんが、朝九時から日没までは木陰のゲートは開いていますので、一度覗いてみてください。

案内板から細い小径をほんの少したどってゆくと、いきなりポンっとひらけて小さなお庭にたどりつきます。塔のような建物を取り巻くように木々が生い茂り、鯉の泳ぐ小さな池や、さらさらと水の流れる滝もあるのです。春なら色とりどりの花に覆われ、秋には池のまわりの紅葉が見られますが、この季節なら、窓越しにロビーのクリスマスデコレーションが綺麗に見られます。

このお庭の中は本当に静かで、自分がどこにいるのか忘れてしまうような空間です。暖かい日なら日光浴とプチ森林浴を兼ねて楽しめると思います。

ウエスティンホテル東京 https://www.marriott.co.jp/hotels/hotel-photos/tyowi-the-westin-tokyo/

最後に

キレイをサポートする、恵比寿のこだわりランチスポット3選は、いかがでしたでしょうか。肌にも、胃腸にも、ココロにも『良い』おすすめのランチスポットをご案内しました。アンチエイジングでもダイエットでも、理由をきちんと理解した上で習慣づけることが肝要なのです。ぜひ秋の恵比寿でビューティ・ランチに、出かけてみてください。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。