【掲載情報】「エステティック通信 2020/1号」に掲載されました

エステティック通信2020年1月号の「トップリーダーが語るエステの未来を見据えた人材戦略」で大畑綾子のインタビューが掲載されました。

 

技術と人間力を磨く、充実した教育&評価制度で女性の社会進出を支援!

総合美容商社ならではの幅広い活躍の場を提供

-サロン運営はもちろん、美容機器開発・販売、セミナー開催、コンサルティングと活躍の幅がどんどん広がっていらっしゃいますね。

綾子:ありがとうございます。弊社は直営サロン5店舗の運営をはじめ、エステ機器メーカーとして、美容機器・商材の開発や販売、そして導入サロンに向けた各種セミナーの開催にも力を入れています。そのため、エステティシャンとして入社したスタッフの“未来像”も、経験・知識を磨いてチーフ、店長、マネージャーとステップアップするだけではありません。弊社ではエステティシャンとして入社した多くのスタッフが、本部の美容事業部に異動し、イベントや製品の企画に携わるインストラクターとして自社美容機器導入サロン向けに講習を行うなど、幅広い場面で活躍してくれています。技術を極め、昇格・独立を目指すだけでなく、美容機器メーカーとしての活動に参加できる点に魅力を感じ、入社を決めたというスタッフも多いですね。

-スタッフに向けた教育にもかなり力を入れているそうですね。

綾子:私どもが新卒採用を開始したのは6年前からになりますが、以降、新卒採用者から一人の離職者も出していません。その大きな要因は、独自の教育システムにあるのかなと感じています。これまでも月に一度、全店舗を休業日にして全社教育を行うなど、さまざまな取り組みを続けてきましたが、昨年からはさらにメンタルトレーニングの一環であるSBT(スーパーブレイントレーニング)プログラムを導入。これは、1人ひとりが自身の「夢目標」を語り、明確にすることで、個々の主体性を引き出そうというもの。異業種の参入、お客様の要望の変化が続く美容業界で、今後、活躍を続けるためには「自分の頭で考え、行動する力」が求められます。SBTはまさにそのために必要となる「主体性」を磨き、お客様が望む以上の技術・サービスを提供するための「自分の頭で考え、行動する力」を伸ばすことを目的としています。

エステティック通信2020年1月号

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。