あなたの自己流スキンケア間違っている?正しい美肌ケア方法

お肌の為に様々な化粧品、巷で評判のお手入れ方法など。美容に時間をかけてケアをしている方が多いのではないでしょうか?高い化粧品を使っていても肌荒れが良くならない、良いと言われること試しているのに肌荒れが悪化した・・・など。良いと思って努力したことが逆効果になってしまうと時間を掛けただけに残念な気持ちになりますよね。肌荒れの原因は実は自分流のケアが原因かもしれません。そこで意外な原因と、肌質にあったケア方法をご紹介します。

 

実は肌荒れの原因だった?自己流ケアワースト6

  • ■クレンジング、洗顔にじっくり時間をかけて汚れを落とす
  • ■洗顔は指で肌のザラザラ感がなくなるまで行う
  • ■お風呂の中での洗顔&シャワーで洗い流す
  • ■毎日マッサージをする
  • ■口コミで評判の化粧品を取り入れる
  • ■家にいる時は肌を休める為にメイクをしない

肌に良いと思って取り入れている事も、やり方次第では実は間違っていることが多くあります。なぜ間違っているのか、理由と正しいケア方法をご紹介します。

 

 クレンジング、洗顔は時間をかけてしっかり落とす

メイク汚れは洗い残しがあると肌荒れの原因となります。しかし、クレンジングや洗顔に時間を掛け過ぎてしまうのも、肌に負担を掛けてしまうので禁物です。

<クレンジング>                                                 クレンジングの理想時間は30秒~1分です。リキッドファンデーションや重ね塗りなどメイクの濃い方は1分ほどが目安です。クレンジング剤はたっぷりと手に取り、肌と手の間に膜をはるイメージで、手でクルクルとメイクを浮かしていきます。この時、肌が動くようであればクレンジング剤が少ないサインです。

<洗顔>                                                     洗顔の理想時間は朝は15秒~30秒 夜は30秒~60秒です。洗いあがりに、ツッパリ感や乾燥が気になる方は、洗いすぎのサインですので、時間の短縮や洗い方の見直しが必要です。

 

 洗顔は指で肌のザラザラ感がなくなるまで行う

毛穴の汚れやざらつきが気になって、洗顔時につい手で確認してしまうという方いるのではないでしょうか?しかし、洗顔時に手でゴシゴシとこすったり、手で肌に触れてしまうとせっかく浮いてきた汚れを、手で押さえこんでいるのと同じです。そして肌に摩擦がうまれ、キメが崩れて、肌へ負担を掛けてしまいます。

また、洗顔をネットで泡立てるのが面倒で、時間がないからと、手で泡立てるのは禁物です。手で泡立てると泡立ちが悪く、ほとんど原液の状態で肌にのせてしまう為、肌への負担が大きく、皮脂の取り除きすぎで、続けてしまうと、皮膚が薄くなり、敏感肌になってしまう可能性があります。洗顔はしっかりとネットで泡立て、泡で包み込むようにして手が触れないように洗いましょう。

 

 お風呂の中で洗顔&シャワーで洗い流す

お風呂のシャワー時に一緒にクレンジング・洗顔をしている方も多いのではないでしょうか?浴室には沢山の雑菌が住みついています。浴室にカビが出るように、直接水の出るシャワーヘッドにもカビが発生します。浴室はカビの温床ですので、雑菌を顔に付けているのと思うとゾッとしますよね。その上、シャワーの水圧を肌に直接当ててしまうと水圧が強すぎて肌を傷つけてしまうので、肌荒れの原因となってしまいます。

シャワーも顔だけに設定温度を変える方も少ない為、熱い温度のまま顔を洗ってしまう方が多く、そうなると肌の乾燥がひどくなり、肌のバリア機能も低下してしまいます。きちんと洗面台で洗顔し、洗い流すときの水の温度はぬるま湯(38℃~40℃)にしましょう。

 

 毎日マッサージする

顔の血行促進や小顔、お肌の為にマッサージをしているという方、とても美意識が高いですね。しかし、マッサージの仕方によっては、肌荒れの原因や肌を傷つけてしまう可能性があります。顔のマッサージをする時は、必ずマッサージオイルや、クリームを使い、滑りを良くした状態で行いましょう。何もつけずに行うと、肌を強く擦ることになり、摩擦によってシミやそばかす、色素沈着の原因になってしまいます。また、たるみやシワの原因にも繋がってしまうので、逆に顔が大きく見えたり、老化の原因になってしまいます。マッサージは強くこする必要はありません。軽く触れて皮膚が動かないくらいの強さでもリンパ液は流れてくれます。強くすると逆にリンパの流れが滞ってしまうので注意してください。

 

 

また、マッサージは中途半端に流すと逆効果です。顔の中心から外側に向かって、リンパ節まで流し、最後には耳の後ろ(耳下腺リンパ節)から首~鎖骨(鎖骨リンパ節)までしっかりと出口まで流してあげましょう。鎖骨リンパ節は全身のリンパ節の出入り口と言われています。ここは老廃物の排泄や全身のリンパ液の循環地点です。顔だけをマッサージしても、流した老廃物を外へと出してくれる鎖骨まで流さず、鎖骨周りの循環がつまっているとせっかくの努力が水の泡になってしまいます。必ず鎖骨までしっかりと流してあげましょう。

 

  口コミで評判の化粧品を取り入れる

現代ではネットや雑誌で簡単に良い化粧品を見つけることが出来ます。口コミを見て、化粧品を選ぶ方も多いです。しかし、口コミが良いからと色んなメーカー、色んな種類の物を片っ端から試すというのはお肌には良くありません。化粧品にはそれぞれの成分が含まれており、pH値(ペーハー)というものがあります。※pH値とは酸性~アルカリ性の度合いを示すもの。

 

 

 これは化粧品会社が肌タイプ別に化粧品をつくり、この化粧水にはこの成分のクリームと相性が良いなど、肌を安定させて健やかに保たせるために開発、研究を重ねています。その為、化粧品会社によって、成分やph値が違うのです。お肌が安定していない方や、肌荒れを起こしている方はお肌のキメが崩れ、敏感状態になっていますので、化粧品はお肌に合った、同じメーカーの物を最低3カ月は使用することをおすすめします。

 成分を見極めた上で、相性のいいものを選べるプロの方なら、それぞれの良さを引き出すことが出来ますが、良いものだからと色々な化粧品を使うと、成分同士の相性が悪かったり、ph値が安定しなくなり、逆に肌荒れを起こしたり、状態が改善しないということになりかねません。

同じメーカーの化粧品でも、色々な種類の化粧品セットがあるのは、このように肌質によって成分を変え、一番相性の良い物を提供する為なのです。自分の肌質を見極めて、自分に合った化粧品を使用するようにしましょう。

 

 家にいる時は肌を休める為にメイクをしない

お肌を休めるのは良い事です。しかし家にいても紫外線を浴びている事をご存知ですか?ずっと家にいるし、肌を休める為に素肌でいるという方は多いです。

しかし素肌の状態はとても無防備です。カーテンを開けて入ってくる日差し、洗濯ものを干す時に浴びる紫外線など、肌にストレスを掛け、逆に肌を守る為のバリア機能を低下させているのです。老化の原因は紫外線を浴びることによる光老化が80%と言われているほどお肌に与える影響は大きいです。ずっと家にいる、デスクワークだから、と安心していても、知らないうちに紫外線を浴びていて光老化を引き起こしてしまいます。家にいても、油断せずに日焼け止めを塗り、2時間おきに塗り直しをおススメします。

   

自己流ケアの前に肌質を知りましょう。

化粧品選びや自己流のケアをする前に自分がどの肌質なのかを知ることが大切です。肌質には大きく分けて4つ、普通肌・脂性肌・乾燥肌・混合肌があり、その他にも沢山の肌質の分類があります。肌質判断は自分では難しいものです。自己判断で間違った見極めをしてしまう方も少なくありません。肌質を知る為に、皮膚科やエステなど、プロの方に肌質を見てもらう事で、今後の化粧品選びやケアがしやすくなり、トラブル改善にもつながります。ぜひプロの方に相談することをおすすめします。

ケアを頑張っても効果がないのでは?と思っていても、日々の積み重ねで老化が進んでいくように、一つ一つの努力の積み重ねでお肌は変わってきます。これはすぐに効果が表れるものではありませんが、10年後・20年後、大きく変わってきます。肌質にあった、正しいケアと日々の努力で何年たっても綺麗な肌を保ちましょう。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE