エイジングケアはいつから始める?ベストなタイミングはいつ?

エイジングケアとは、「年齢に沿ったケアを行うことで美しく年齢を重ねる」ことを目的としたケアです。また、エイジングケアにはいくつかの種類があり、普段の生活の中に取れ入れることができるものや、プロに任せる方法など実にさまざまです。では、エイジングケアはいつから始めれば良いのでしょうか?

 

 

エイジングケアにはどんな種類があるの?

それではまず、エイジングケアの種類からご紹介していきます。 

 スキンケア(シワ・シミ・たるみ)

鏡を見て「歳かも…」と自覚する瞬間、本当にイヤですよね。といっても、シワやシミ、たるみなどはエイジングサインとして早い段階で現れやすいため、気が付いた時点でケアを開始する必要があるのです。それではここで、シワ、シミ、たるみのケアについて簡単にご紹介しておきます。

 

<シワには美顔器&化粧品>

シワが気になり始めたら、RF美顔器と化粧品によるケアを開始しましょう。RF(高周波)がお肌の深い部分に届くと、ジワジワとした温かさが伝わり、コラーゲン線維を生成する線維芽細胞が活性化するといわれています。シワの原因のひとつとして挙げられるのは、皮下のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の現象ですので、RF美顔器で線維芽細胞の活性化対策をすることがシワの改善に役立ちます。また、シワのもうひとつの原因は乾燥肌ですので、美顔器を使用したあとには保湿成分配合の化粧品でしっかりと保湿ケアをしましょう。保湿成分としておすすめなのは、フラーレン、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワラン、ホホバオイルなどがあります。なお、スクワランとホホバオイルはオイル成分ですので、保湿成分配合化粧水をお肌に馴染ませたあとに使用する方法がおすすめです。

 

<シミにはピーリング&化粧品or医薬品>

エイジングで目立ってきたシミは頑固で、ケアを開始したからといってすぐに薄くなるものではありません。しかし、市販のピーリング剤と美白化粧品or医薬品でケアをすれば、時間かかったとしても薄くすることは可能なのです。ピーリングはターンオーバー促進作用があり、週1回程度のケアを続ければ少しずつターンオーバー周期が整って、頑固なシミ改善に役立ちます。また、美白成分としてよく知られているのはビタミンC誘導体ですが、この成分はどちらかというとシミ予防や目立ってきてから間もないシミの改善に向いている成分です。目立ってきてから時間が経過したシミの場合では、アルブチンやハイドロキノンがおすすめできるでしょう。なお、ハイドロキノンを高濃度で配合したクリームは、美容外科や美容皮膚科で処方を受ければ入手できますよ。これらのケアでも薄くならないシミなら、最終手段として医療レーザー治療を受けるという方法がおすすめです。

そしてもうひとつ、やや特殊なシミ、肝斑がありますが、肝斑は女性ホルモンの影響を受けて現れることがありますので、濃くなってしまったらひとまず美容外科や美容皮膚科に相談するのがベスト。これらの医療機関を訪れる時間がないという方は、トラネキサム酸配合のサプリメントや化粧品でケアを開始して、しばらく様子を見ると良いでしょう。

 

<たるみには美顔器&エクササイズ>

頬がたるむと、マリオネットラインやブルドッグラインができやすくなります。これらができるとグッと老けた印象になりますので、それだけはなんとしてでも阻止したいものです。そのためには、ローラー美顔器とエクササイズを組み合わせたケアがおすすめできるでしょう。ローラー美顔器にはいろいろな種類があり、価格も安価なものからやや高価なものまでとまちまちです。しかし、価格が少々高価になったとしても、マイクロカレント機能があるタイプがおすすめです。マイクロカレントとは微弱電流を意味し、血流の循環機能の向上に役立ちます。

そしてエクササイズですが、これは有名な「あいうえおエクササイズ」でOK、1日数回口を大きく開いて「あいうえお」とゆっくり発音するエクササイズを行ってみてください。このエクササイズは場所を選ばずに行えますし、1日数回短時間行うだけで、自然なたるみ改善効果を狙えます。

 

 ダイエット&筋肉サポートケア

年齢を重ねると、代謝機能の衰えによって脂肪が蓄積されやすくなり、ダイエットをしてもなかなか脂肪が落ちなくなります。このような状態になったら、食事の摂取量をやや減らしつつ、ウォーキングやランニングなど、ご自身のペースで行える運動を生活に取り入れてみましょう。このような軽い運動だけで脂肪を減らすのは難しいのですが、定期的に運動すれば自然に代謝機能が向上し、ダイエット効果を狙えます。また、このような運動は筋肉増強にも役立つため、さらに年齢を重ねてからの転倒予防や歩行困難に備えることもできるのです。

さらに、運動で骨に適度なストレスを与えることが骨粗鬆症の予防に役立つともいわれていますので、ちょっと太ったと感じたら、軽い食事制限と運動を取り入れる努力を行ってみましょう。

 

 

エイジングケアはいつから始めるのがベスト?

エイジングケアは、エイジングサインに差が付いた時点で開始すればOKです。しかし、もしもエイジングのスピードを遅らせることができるなら、早めにケアを開始しておきたいですよね?こちらでは、エイジングケアを開始するエイジングサインについてお伝えしていきます。ひとつでも当てはまるものがあれば、それはあなたにとってのエイジングサイン、エイジングケア開始のタイミングかもしれません。 

  1. 笑いジワがなかなか消えない
  2. 美白化粧品を使ってもシミが薄くならない
  3. なんとなくフェイスラインがぼやけてきた
  4. 急に太ったり動くのが億劫になってきた

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

 1.笑いジワがなかなか消えない

笑いジワがしばらく経っても消えないときには、そのシワが真皮層にまで及んでいる可能性があります。これは、皮下のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少していることを意味していますが、今回ご紹介したケアを実践すれば、最小限のシワに留めることが可能になります。

 

 2.美白化粧品を使ってもシミが薄くならない>

ターンオーバーの遅れで角質層が厚くなり、シミがその場に留まっている可能性が考えられます。そして、この状態を放置していると、皮下にあるシミ予備軍が次々に表面に浮かび上がってくることがありますので、直ちにケアを開始しましょう。

 

 3.なんとなくフェイスラインがぼやけてきた

以前よりもフェイスラインがぼやけてきたと感じたら、それはたるみの前兆の可能性があります。「なんとなくそうかも…」と感じたなら、ご自身の以前の写真と見比べてみてください。それで明らかに変化が現れているようなら、それはエイジングケアを開始するサインだと捉え、早めにケアを開始しましょう。

 

 4.急に太ったり動くのが億劫になってきた

急に太った、あるいは動くのが億劫になった状態、これは代謝機能の低下が原因になっている可能性があります。そして、そのまま何にもせずにいると中年太りまっしぐら!なんてことになりません。そうなる前に、まずは軽い食事制限と運動をちょっとだけ頑張ってみましょう。

 このように、エイジングケアのタイミングは年齢を基準にするのではなく、お肌や体の状態で判断するのがベストです。エイジングケアはいつ始めても早すぎるということはありませんので、いつまでも若々しくありたいなら、なるべく早めに開始してみてはいかがでしょうか。

 

 

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE