秋から冬のスキンケアを見直しましょう!冬のスキンケア方法

夏が終わると秋~冬にかけて、一気に気温と湿度が下がり、お肌の状態も急激に変わってきます。
皆さんは1年通して同じお手入れをしていませんか?
肌は季節によって様々な肌質へと変化していき、敏感肌になったり混合肌になったりと変化していきます。お手入れ方法を間違えてしまうと、敏感になったり、赤みやかぶれの原因となってしまいます。
季節やお肌の状態に合わせて、化粧品やお手入れ方法を変えていく必要があるのです。
秋から冬にかけてのお肌の変化と、スキンケア方法をご紹介します。

■秋のお肌はどんな状態?

秋は、夏のダメージを沢山受けてます。ダメージを受けた肌は、バリア機能が低下し、ターンオーバーも乱れてしまい、乾燥が一気に進んでしまいます。
また、紫外線により、メラニンが肌に蓄積されてしまい、シミ・ソバカスの原因にもなるため、放っておくとシミが目に見えるほどまで出てきてしまいます。
強い紫外線を受けたお肌をいたわるように肌に栄養を与えてあげましょう。
秋にしっかりと肌の修復をしてあげると、本格的に寒くなる冬にトラブルが起きにくい状態になります。

秋のうちに冬に向けて肌ケアをしましょう

秋は乾燥、たるみ、シミなどのトラブルが出やすい季節で、実感としては、「なんとなく乾燥しているかな?」という程の気付かない乾燥でも、放っておくと肌内部の水分がカラカラとなり、気付いたら取り返しのつかないほどの乾燥やトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
化粧品を変えるのが面倒だからと、夏に使用していた化粧水や乳液を使用する方は多いですが、化粧品は季節ごとに環境や肌の状態に合ったものに変えていく必要があります。
厳しい冬の乾燥を乗り越える為に秋から肌の準備をしていきましょう。

■寒さ厳しい冬のお手入れ

冬は気温が急激に下がり、空気の乾燥し、湿度の低い上に、暖房などの使用で肌がとても乾燥しやすくなります。体温も下がるため、古い角質が肌表面に残って角質が厚く固くなり、くすみやごわつき、ザラつきも起こりやすくなります。
肌の水分と一緒に皮脂も無くなると、肌が粉をふいたように皮がむけてしまいます。こうなってしまうと、肌がどんな小さな刺激でも、ダメージを受けやすく、炎症を起こしやすくなってしまいます。
冬の環境に負けない肌作りをしっかりと行っていきましょう。

クレンジング&洗顔

秋~冬に起きる乾燥を防ぐには、まず水分・保湿成分を肌に取り込んで行き届かせることが大切です。
その為には、肌表面の汚れや毛穴の中に入った汚れを取り除く必要があります。
クレンジングと洗顔をしっかりと行い、肌の汚れを優しく取り除いてあげましょう。

クレンジングは、うるおいを守るヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が含まれたクレンジング料がおすすめです。

洗顔後に肌がつっぱった感じがする方や、乾燥が気になる方は、洗顔している時間が長かったり、洗い流す際に水温が適温ではない可能性があります。
洗顔は20秒以内に終わらせ、すぐに洗い流しましょう。洗い流しの水温は33~35℃で、ぬるま湯の状態で洗い、洗い残しがないように、優しくしっかりと洗い流し、肌の乾燥しない洗い方を意識しましょう。

浴室で顔を洗わない

お風呂の中で顔を洗ったり、頭を洗う時に顔までシャワーを当ててはいませんか?
顔にあたる水温はぬるま湯が適温です。冬のシャワーは特に水温が高く、直接顔に当ててしまうと、温度が高すぎて肌が乾燥しやすくなります。また、40℃以上のお湯が顔に当たると、肌のバリア機能が崩れ、ダメージを受けやすくなります。
頭を洗う時も、顔には直接、お湯が当たらないように、上を向いてシャワーで洗い流しましょう。

また、お風呂は雑菌の巣窟です。シャワーのヘッド部分に水アカやカビも付着している可能性もあるため、浴室でクレンジングや洗顔をするのはおすすめしません。
クレンジングはお風呂に入る前に洗面台で行い、お風呂からあがって毛穴が開いた状態で、再度洗面台で洗顔を行い、適温の水温で洗い流しましょう。

スキンケアにオイルをとりいれましょう

冬の乾燥やトラブルを防ぐには、肌に入れ込んだ水分に対してしっかりとフタをしてあげることが大切です。
さらっとした乳液だけでは冬の乾燥を防ぐには間に合いません。
通常のお手入れに、美容オイルを取り入れてあげるだけでお肌の環境は変わっていきます。
美容オイルは、保湿や血行促進、肌のハリツヤUPなど、お肌にとって沢山のメリットがあります。
肌に優しい植物性のオイル、「ホホバオイル」「アルガンオイル」「スクワランオイル」などがおすすめです。
オイルは、塗るタイミングによって、様々な効果を発揮します。肌の状態に合わせて、使用してみましょう。

【日頃の保湿ケアと一緒に使用】
日頃のスキンケアで使用している乳液やクリームなどにオイルを混ぜて使う事で、保湿力がアップします。現在使用しているアイテムに混ぜるだけなのでとても簡単にとりいれることが出来ます。

【オイルを導入液として使用】
オイルをスキンケアの最初に使用することで、美容液代わりになります。最初に塗布することで肌を柔らかく整え、固くなった角質を柔らかくすることで、次に使うスキンケアの美容成分の浸透力を高めてくれる効果があります。

【入浴中にオイルパック】
普段、乾燥が酷く粉がふいたような肌が気になる方や、固くごわついた肌には入浴中にオイルでパックして上げることがおすすめです。
湯船に浸かっている時、毛穴が開き血行が良くなった肌に美容オイルを塗って浸透させます。
同時に顔と首、鎖骨周りのマッサージをしてあげるとより肌の新陳代謝が高まり、美容成分が浸透しやすくなります。
混合肌でTゾーンがテカりやすい方は、Tゾーンは避けてオイルを塗るなど、自身の肌質や状態に合わせて塗る量や、塗る箇所を変えていきましょう。

【最後の保湿剤として使用】
スキンケアの仕上げとしてオイルで肌を包み込んであげるのもおすすめです。
「洗顔→化粧水→乳液→美容オイル」このような順番で使用することで、オイルの保湿成分で最後に肌のフタをしてあげると、寝ている間にもオイル成分が肌へと浸透し、朝までうるおいのある肌へと導いてくれます。

《美容オイルの塗り方》

  1. 手のひらにオイルを2~3滴たらします
  2. 手のひら全体にオイルをなじませて指先まで伸ばします
  3. 両手の平で顔を包み込むように押し当てて、そっとフタをするように顔全体に浸透させます
  4. 肌がオイルでぬるぬるするようであれば、量が多いので、余分なオイルは優しく押さえるようにティッシュオフして取り除きましょう

加湿器やスチーマーを利用して湿度を適温に

気温が下がり、湿度が下がると乾燥しやすくなる上に、エアコンやヒーターが直接肌に当たる事でより乾燥が悪化してしまいます。
室内の湿度が下がりすぎている場合は、肌の乾燥が進み、敏感肌に傾いてしまいます。湿度を適度に保つために加湿器を使用するようにしましょう。
また、冬は肌の角化がすすみやすく、肌質がかたくなってしまいます。週に1度は美顔スチーマーなどで肌にうるおいを与えてあげましょう。
朝起きたら肌がカピカピに乾燥している!という方は寝室の湿度が低すぎる可能性があります。寝室にも加湿器を置き、寝ている間も肌ケアをしてあげましょう。

■冬特有のトラブルが出る前に肌ケアを始めましょう

冬の肌トラブルは、乾燥から敏感肌になりやすいため、一度、敏感肌になってしまうと肌を元に戻すには時間がかかってしまいます。
敏感肌になると肌への刺激に弱くなり、今まで使用していたスキンケアでさえも刺激になってしまいます。そうなる前に、肌トラブルにならないよう、事前にスキンケアを見直して、しっかりとケアをしてあげることが大切です。
本格的に寒くなる前に、冬のスキンケアを取り入れて、冬の間も肌のうるおいを保ち、ハリとツヤのある肌をキープしていきましょう。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE