サステナブルな春のファッションアイテムと美肌づくり

春になるとパステルカラーなど、明るいカラーを取り入れたファッションアイテムでオシャレをしたくなりますよね。せっかくオシャレをするならば、最近話題になっているサステナブルな春ファッションを楽しみたくありませんか?しかし、サステナブルがどんな意味なのか良く分からない。名前だけ聞くと難しそう。なんて思いませんか?また、春は生活環境の変化や寒暖差、大気汚染などの影響で肌の状態が不安定になる「ゆらぎ肌」に悩む方が多くいらっしゃいます。今回は、ファッション業界で注目されているサステナブルについて解説し、サステナブルを用いた春ファッションアイテムと美肌づくりについてご紹介します。

サステナブルの取り組み

サステナブルとは、世界各地で地球環境の問題を解決する取り組みで様々な企業が参入しております。そのため、テレビや雑誌、SNSなどで、サステナブルについて聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?日本でのサステナブルの取り組みは、環境にやさしいまちづくり、地方創生、女性活動の推進などを行っております。しかし、日本の取り組みはまだ評価が低いのが現状です。また、新型コロナウイルスの影響により、世界的に深刻な影響を受けております。

ファッション業界がサステナブルに取り組む理由

サステナブルの活動の中で、ファッション業界が注目を浴びているのはご存知ですか?2000年前後には欧州でファッション業界の環境負荷について懸念されておりました。衣類の破棄や環境破壊に繋がる製造方法、リアルファーを使用することでの動物への影響、サプライチェーンによる労働格差など、問題を抱えておりました。しかし、近年ではサステナブル活動により、ファッション業界も製造方法や使用する素材に変化が出てきました。現在では、ハイブランドや大手アパレル企業が、いち早くサステナブルに取り組んだことで、サステナブルラインを立ち上げ、人気が高まっております。

サステナブルファッションの特徴

日本で取り組まれているサステナブルファッションの特徴をご紹介します。

・リユース
着なくなった服を捨てるのではなく、リユースショップやフリマアプリで売ることで、二次利用が可能です。衣類をリユースすることで衣類の破棄を減らし、環境負担の軽減に繋がります。

・リメイク
リユースと同様、着なくなった服を捨てるのではなく、新しいデザインでリメイクする。そのため、1着の衣類を長期的に着用できるため、破棄を減らすサステナブルの取り組みの一つとなっております。

・再生素材の再利用
植物性食品やプラスチックから再生素材を利用し、製造することで枯渇性資源を抑制しております。デニムやメガネ、アクセサリーなど幅広いアイテムで再利用されているようです。

・自然染色
染色を行うときは、化学物質を使うのではなく植物性の染色を利用することで、水質汚染を軽減できます。ファッションの定番であるデニムは、化学物質や農薬を使い、1枚につき約6800リットルと非常に多くの水を使うため、問題視されておりました。しかし、オーガニック繊維や植物染料、水量を減少することで環境に優しいサステナブルなデニムが登場したことで注目を集めております。

・ファッションレンタル
ファッションレンタルは、衣類を消費するのではなく、レンタルすることで破棄を減らすことが可能です。最近ではファッションレンタルについてSNSや雑誌で特集されており、ハイブランドのバッグや靴も月額レンタルできるサービスもあります。

リユースやリメイクは一度は耳にしたことがあると思いますが、日本のファッション業界で再生素材の再利用や自然染色は、取り組む企業が増加傾向にあります。また、ファッションレンタルは、多くのファッションブランドを取り扱っているので、自分好みのブランドをレンタルすることができるでしょう。

サステナブルな春のファッションアイテム

これから暖かくなってくると淡いカラーのファッションアイテムが増えますよね。しかし、せっかくならサステナブルなファッションを楽しみたくありませんか?ここからは、春の季節にピッタリのサステナブルなファッションアイテムについてご紹介します。

オーガニックコットン素材のトップス

サステナブルファッション定番として使われているオーガニックコットン素材。天然素材を使用したオーガニックコットンは、着心地が良いのはもちろん、通気性・吸湿性が良く、保湿性も優れているため、過ごしやすい春に着用しやすいアイテムになっております。また、オーガニックコットンは化学肥料や農薬を使用せず、太陽や水などの自然の恵を使って栽培されております。そのため、天然素材ならではの低刺激で肌への刺激が少なく、寒暖差のある春の天候でも、肌寒い時は保湿性を高め、暖かい日中では通気性・吸湿性の効果で、少し汗をかいても汗を吸収するため快適に過ごすことができます。

オーガニックコットンが使用されているトップスは以下の通りです。

  • カットソー
  • タンクトップ
  • キャミソール
  • シャツ
  • カーディガン

オーガニックコットンの種類によっては、シンプルで通気性が良いだけではなく、冷感タイプなどもあるため、これからの季節にはとても嬉しいですね。トップスには春らしい淡いカラーを取り揃えてるブランドも多いため、サステナブルな春らしいファッションを楽しめます。

ナチュラルなリネン素材のワンピース

リネン素材は、さらっとした上質な素材で触り心地や通気性がよく、体の熱を外に逃してくれるため、これから暑くなる春の季節にピッタリの素材です。また天然繊維の麻を使用しているため、環境に優しくサステナブルファッションの定番とも言えます。また、天然繊維の麻の素材を使用しているため、化学繊維で肌荒れしてしまう敏感肌の方や、汗をかきやすい方におすすめです。リネン素材のワンピースは、ふんわりとしたシルエットのタイプで、おうち時間や外出先でも快適に過ごすことができます。また、トレンドを意識したシャツワンピースやセットアップもあるため、トレンドを楽しみながら、地球環境に優しいサステナブルなファッションを楽しむことができます。

再生利用した環境に優しいデニム

サステナブルファッションの中で、大きな注目を浴びているデニム。デニムの製造は、加工時に染色による化学薬品や大量の水を使用することで、環境に大きな負担をかけてしまいます。しかし、サステナブルなデニムは地球環境に配慮して、素材をオーガニックや天然染料に変更しながらファッション性の高いデザインとなっております。また、素材だけではなく、履き心地にもこだわっております。

  • ストレッチ素材でスタイルアップ
  • ストレートでゆったり履ける
  • 形状記憶タイプで脚に馴染みながら肌に低刺激

デニムには、サステナブルながら様々な種類があるため、自分好みのファッションを楽しむことができます。環境に配慮しながら、スタイルアップ・ゆったりタイプ・長く履くことで形状記憶することができるのは嬉しいポイントです。春のファッションアイテムには必須のデニムはサステナブルなものを選ぶといいでしょう。

サステナブルなファッションはファストファッションからハイブランド、デニム専門店で展開されているため、自分好みのサステナブルな春ファッションを見つけることができます。

春の美肌づくりに大切なこと

春になると、秋冬の寒さや乾燥と紫外線による肌ダメージが蓄積。暖かくなると花粉や黄砂・PM2.5などの環境問題によりかゆみや吹き出物・乾燥などによる「ゆらぎ肌」を引き起こします。また、新年度による環境の変化により、ストレスが溜まりやすくなり、ホルモンバランスが不安定になります。そのため、スキンケアだけではなく、生活習慣を整える必要があります。ここからは、春の美肌づくりに大切な生活習慣やスキンケア方法をご紹介します。

バランスの良い食事を意識する

春の美肌づくりに大切なことの中で一番大切なことは、「バランスの良い食事を意識する」ことです。食事は美肌づくりの基盤にもなり、体の健康を維持するためにも大切です。美肌づくりに必要な食事方法をご紹介します。

肉、魚、卵は良質なたんぱく質

肉、魚、卵には良質なたんぱく質が豊富に含まれております。たんぱく質は肌の土台を作ってくれるため、美肌づくりには必須の栄養素です。また、肌だけではなく、筋肉や髪の毛、爪など体内ホルモンを作るため、生きるうえで欠かせない栄養素です。また、美肌の土台となるハリや弾力に欠かせない「コラーゲンやエラスチン」はたんぱく質の一種なため積極的に摂取しましょう。
お肉でたんぱく質を摂取する場合は、脂身の少ない赤身肉。魚の場合、マグロやカツオ、ブリ、イワシの赤身の魚。卵は1日1個を目安に摂取するといいでしょう。

野菜やきのこ類でビタミン補給

野菜やきのこ類は、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCなど美肌づくりに欠かせないビタミンが豊富に含まれております。

ビタミンAは、抗酸化作用が高く紫外線によるダメージを防ぎ、弾力のある肌を作ります。
(人参・かぼちゃ・ほうれん草・ブロッコリー・トマト)
ビタミンB群は、肌のターンオーバーを整え、皮脂のコントロールしてニキビを防ぎます。
(豆苗・クレソン・枝豆・モロヘイヤ・切り干し大根・きのこ)
ビタミンCは、抗酸化作用が高く、シミやソバカスの原因となるメラニンの生成を抑えます。
(パプリカ・ピーマン・菜の花・かぶ・ゴーヤ)

ビタミン類をバランスよく摂取することで、秋冬に蓄積した肌のダメージ改善し、紫外線によるダメージを防ぎます。また、肌のターンオーバーを整えながら、肌のベタつきが気になる春でも皮脂をコントロールしてニキビを防ぎ、今あるニキビを沈静する役割があります。また、ビタミンCは肌の土台を作るたんぱく質と一緒に摂取することで、コラーゲンの生成を促すため積極的に摂取しましょう。

ミネラル豊富な海藻類

ミネラルは体内で作り出すことができないため、食事で摂取する必要があります。ミネラルは海藻類に豊富に含まれており、いくつか種類があります。また、肌や女性に必要な栄養素となっております。ミネラルの種類をご紹介します。

  • 亜鉛・・肌の生まれ変わりをサポート
  • マンガン・・肌の新陳代謝を促します。
  • マグネシウム・・肌細胞の代謝とたんぱく質の合成にも必須
  • 鉄・・コラーゲンの生成を促し、活性酸素を取り除きます。女性は鉄不足なため積極的に摂取が必要です。
  • ヨウ素・・たんぱく質の働きを手助けして肌にツヤを与えます。

ミネラルが豊富な海藻類は、わかめ・昆布・めかぶ・もずくが摂取しやすいでしょう。海藻類は塩分も豊富なため、過剰に摂取すると血圧が上がる場合があります。また、ヨウ素が含まれているため、甲状腺に異常がある方は注意して摂取してください。甲状腺が通常の方でも過剰摂取は危険なため、摂取量を守りましょう。

腸内環境を整える発酵食品

腸内環境を整えるためには発酵食品の摂取は大切です。また、発酵食品は腸内環境が整うことで、美肌づくりの近道となります。発酵食品はコンビニでも気軽に購入できるので毎日摂取することをおすすめします。

  • 納豆・・肌の代謝に必要なビタミンB群とたんぱく質が豊富で、シミやシワ、タルミを予防するイソフラボンが多く含まれております。また、納豆の粘りに含まれているポリグルタミン酸には肌の保湿効果、腸内環境を改善する善玉菌の納豆菌、善玉菌のエサとなる食物繊維も豊富です。1日1パック食べることで、腸内環境が整い、悪玉菌の軽減にも繋がります。納豆についているタレは塩分や糖分が高いため、できるだけ使わない方がいいでしょう。
  • 味噌・・遊離リノール酸が配合されており、シミの元になるメラニンの合成を抑えます。また、味噌の濃度が高いほど、ヒアルロン酸が豊富に含まれており肌のハリとツヤをキープします。味噌を毎日食べ続けると腸内の善玉菌が活性化し、老廃物を排出し腸内フローラが整うため、肌の水分量がアップします。
  • 麹・・麹の中でも米麹には「グルコシルセラミド」が配合されており、角質層にあるセラミドの量を増やし肌のうるおいを高めながらキメの整え、バリア機能を高める効果があります。また、「コウジ酸」にはメラニンの生成となるチロシナーゼの活性を抑制するため、シミを防ぎ、美白効果も期待できます。
  • 漬物・・植物性乳酸菌が多く含まれており、酸味が強いため生きたまま腸に届く可能性が高いと言われております。そのため、腸内の老廃物を排出しやすくなり、ニキビができにくく、ハリとツヤのある肌に導きます。また、生きた乳酸菌の中には乳酸菌の一種であるGABAが摂取でき、自律神経を整え免疫力UPにも繋がります。環境の変化で自律神経が乱れやすい春には特におすすめです。
  • フルーツ・・フルーツはビタミンが豊富で、種類によっては食物繊維や鉄分を摂取できるものがあります。その中でも手軽に摂取しやすいフルーツは、バナナ・リンゴ・イチゴ・グレープフルーツがおすすめです。
    • バナナは食物繊維や鉄分・マグネシウム・ミネラルが多くビタミンB・Cも摂取できるため、腸内環境を整えながら美肌をサポートしてくれます。
    • リンゴはエラスチンやコラーゲンが配合されており、抗酸化作用もあるため、エイジングケアに効果的です。
    • イチゴはビタミンCや葉酸が多く配合されており、ニキビやシミ・ソバカス予防、美白への効果も期待できます。
    • グレープフルーツはビタミンCや食物繊維、カリウムが豊富なため、デトックスや腸内環境を整えられます。
    • 夏みかん・・甘夏や金柑、ゆず、日向夏、ポンカンなど柑橘類が夏みかんの一種となっております。ビタミンCが豊富で、紫外線による肌の抗酸化を防ぎ、シミ・ソバカスを防ぎます。また、美白やニキビ予防にもなるため、1日1個を目安に摂取するといいでしょう。

果物は季節の旬なものを摂取するとさらに良いと言われております。春はイチゴや夏みかんなどビタミンが豊富な果物が多いため、朝食やおやつに少しずつ食べるといいでしょう。しかし、食べすぎると糖分の過剰摂取になって肌の糖化やニキビの原因となるので、気をつけましょう。また、一つの栄養素を摂取するのではなく、全ての栄養素をバランスよく摂取することで肌づくりに繋がるため、バランスの良い食事を心がけましょう。

生活習慣を整えて美肌になる

春になると、環境の変化や寒暖差などで肌が敏感になり肌荒れを起こしやすくなります。生活習慣を整えることで「ゆらぎ肌」を防ぐことができます。生活習慣を整える方法はいくつかあります。
早寝早起きを心がけて自律神経を整えます。朝は太陽を浴びて、夜は早く寝ることで成長ホルモンが分泌されて女性ホルモンが増加し、肌の新陳代謝が活発になります。そうすることで自律神経が安定し、美肌への近道となります。
食事はバランスの良く摂取して、腹八分目に抑えるといいでしょう。食べ物を消化するときに酵素が使用され、酵素はたんぱく質からできています。満腹で消化すると大量の酵素とたんぱく質が使用されてしまい、肌や髪に栄養が行き渡らなくなります。そのため、腹八分目で抑え得ることで、肌と髪に必要なたんぱく質を確保できます。また、ストレスを溜めないように心がけることも大切です。

大気汚染から肌を守るためのケア

春は花粉や黄砂、PM2.5などの大気汚染による肌トラブルが増加します。肌に付着すると、体を外部刺激から守る活性酸素の働きが活発になり、肌内部で発生してしまいます。肌内部で発生すると、肌細胞が酸化を引き起こし、肌ダメージへと繋がります。そうなると、メラニン色素を誘発してシミの原因となり、皮脂が酸化してニキビや毛穴の開きや敏感肌に繋がります。

大気汚染から肌を守ためには、敏感肌向けのスキンケアでしっかりと保湿することが大切です。化粧水・乳液は低刺激で保湿効果が高いものを使用することで、肌のバリア機能が整えられます。化粧時は、大気汚染の付着を防ぐスプレーやファンデーションを使用するとこで、肌に粒子が付着を防ぐことができます。外出先でも肌への大気汚染対策ができる化粧水スプレーがあるので、こまめに活用するといいでしょう。

外出時は必ず紫外線対策を行う

紫外線は1年中降り注いでおり、春の3月から4月は紫外線が強くなるため、対策が必要です。外出時は必ず、日焼け止めを塗り、日傘を差して紫外線から肌を守りましょう。日焼け止めは、塗った直後から紫外線対策ができますが、2〜3時間置きに塗り直すことで、さらに効果を高められます。また、肌や体だけではなく、髪にも紫外線対策が必要ですので、スプレータイプがおすすめです。外出時の日焼け止めを塗り直すのは手間がかかるため、スプレータイプを使用することで、素早く紫外線対策が行えます。おうち時間でも、紫外線対策は必要です。窓から紫外線は侵入しますので、SPFの弱い日焼け止めを塗ったり、UVカットのカーテンを使用するといいでしょう。

春の美肌づくりに注意したいこと

春の美肌づくりについてご紹しましたが、ここからは、春の美肌づくりに注意したいことをいくつかご紹介します。日常生活の中で意識することで、美肌づくりのサポートにも繋がりますので、注意点を参考にしながら美肌づくりを実践してくださいね。

むやみに肌を触らない

肌にポツッとできたニキビ、小鼻の角栓、髪の毛が肌に当たって痒くなり、無意識に肌を触っていませんか?特に春は、環境の変化によるストレスや大気汚染によるかゆみや肌荒れによって、無意識に肌を触ってしまいます。また、手が汚れている状態で肌を触ると、手についている細菌が肌に付着してさらに肌荒れを引き起こす可能性があります。また、爪が長いと爪で引っ掻くように触ると、引っ掻くことによって肌表面に傷が付き、炎症に繋がりますので、避けましょう。かゆみが生じたときは、かゆみ部分を冷えたタオルで抑えて、化粧水と乳液で保湿をすると抑えられます。外出先の場合、かゆみ部分に化粧水スプレーを吹きかけて、優しくハンドプレスするとかゆみを抑えられます。

マスクの素材に注意する

コロナウイルスや花粉によって春もマスクの着用が必須になっております。しかし、コロナウイルスの影響によりマスクの需要が高まって様々な種類が発売されました。ファッション性の高いオシャレマスクから、メイク映えするカラーマスク、花粉などの菌の侵入をしっかりと防ぐ不綿布マスク、通気性の良いウレタンマスクなどたくさんありますが、マスクの種類によっては、肌荒れを引き起こす原因となる場合があります。できることなら肌に優しくて、花粉などの菌の侵入を防いでくれるマスクを着用したいですよね。春におすすめのマスクはいくつかあります。

シルク素材のマスク

シルク素材のマスクは、保湿性が高く肌に優しく呼吸がしやすいためストレスを感じにくいです。マスクの中には抗菌加工のガーゼが含まれているため、ホコリや菌の侵入を防ぎます。シルク素材のため、肌に触れても刺激が少なく肌荒れを起こしにくく、紐も優しく耳が痛くなりにくいため長時間着用していても快適に過ごすことができます。洗うことで繰り返し使えるため、環境にも優しいサステナブルなマスクでおすすめです。

オーガニックコットン素材のマスク

オーガニックコットン素材のマスクは、化学薬品や農薬を一切使わずに栽培されているため、安全性が高く、肌に優しく安心して着用することができます。敏感肌や肌荒れしやすいかた、お子様にも安心して使用できます。不綿布マスクで肌荒れする方は、オーガニックマスクを使用するといいでしょう。また、ウイルスや花粉を99%ブロックする種類が多く、ドラッグストアやバラエティショップで気軽に購入できるのも嬉しいポイントです。洗って繰り返し使えるタイプや使い捨てタイプがあるため、ライフスタイルに合わせて使用できます。

抗菌ガーゼ素材のマスク

抗菌ガーゼ素材のマスクは、抗菌加工しているものが多くありますが、同時に消臭加工も行っているため、菌やホコリをブロックしながら、マスクを着用することによって起こるニオイも対策することが可能です。中にはUVカットの種類もあるため、紫外線が強くなる春の季節には嬉しいポイントです。紐の部分もガーゼで作られているため、長時間着用して痛くなりにくくなっております。また、繰り返し洗って使えるため、環境にも優しくサステナブルなマスクと言えるでしょう。

マスクを洗浄するときは、通常の洗濯洗剤を使用してしまうと、残留した洗剤が肌に付着して肌荒れを引き起こす場合がありますので、注意が必要です。オーガニック洗剤やマスク専用の洗剤、除菌スプレーを使用して、優しく手洗いすることで、マスク素材と肌に優しく清潔に保てます。また、乾かすときは、陰干しで直射日光は避けることで、変色や素材を痛めることなく乾かすことができます。

ストレスを溜めすぎない

春になると環境の変化や寒暖差で自律神経が乱れやすくなるためストレスが強くなる傾向があります。そのため、肌荒れや体の不調を引き起こしコンディションが悪くなります。少しでもストレスを軽減、溜めないようにするには、いくつかの方法を試すといいでしょう。

ハーブティーを飲んでリラックスする

ハーブティーは、香草や薬用植物を使用しているため、「天然のくすり」とも言われております。ハーブティーを飲むことで、体が暖かくなるため、全身の血行促進に繋がります。そのため、ターンオーバーの促進や乾燥肌の改善、顔の血色がよくなるためアンチエイジング効果を高めることができます。美肌づくりにおすすめのハーブティーはいくつかあります。

美肌効果の高いローズヒップティー・・ビタミンCの爆弾と言われており、その他にもビタミンEやリコピン、鉄分が豊富に含まれているため、女性ホルモンを整える効果も期待できます。

アンチエイジング効果の高いルイボスティー・・肌の抗酸化作用が高く、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進する効果があります。冷え性の改善やむくみ解消、便秘解消にも期待できます。

自律神経を整えるラベンダーティー・・不安や憂うつな気分を和らげる沈静作用が高く、偏頭痛や消化不良にも効果的なため、体調を崩しやすい春に飲んでおきたい一種です。

ゆっくりと入浴する

新年度などで春はバタバタすることが多くなりますが、少しでもゆっくりと入浴することで、血行促進とリラックス効果を高めることができ、美肌づくりのサポートに繋がります。入浴効果の高い方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

温度は40℃〜40.3℃がベスト・・温度が高すぎると心臓に負担がかかるため、ゆっくり入浴できてじんわりと汗をかける40℃がおすすめです。

入浴時間は15分・・湯船に浸かることで血圧は上がります。40℃のぬるま湯だと汗をじんわりかいて徐々に血圧が下がるため、リラックスしながら入浴ができます。

全身浴で体を温める・・半身浴は上半身を冷やしてしまい肌の乾燥を進行してしまうため、肩までしっかりと温まる全身浴がおすすめです。

趣味を楽しむ

ストレスを溜めすぎないようにするためには、自分の好きな趣味を楽しむといいでしょう。好きな趣味を楽しみながら没頭すると、細胞が活性化され免疫力にアップに繋がります。また、免疫力が上がることで、菌やウイルスの侵入を防ぎ、肌荒れやニキビなどの肌トラブルの軽減に繋がり、美肌をキープすることができます。細胞が活性化されれうことでアンチエイジングにも繋がるため、趣味を楽しんでメンタルから美肌づくりを楽しみましょう。

まとめ

サステナブルな春のファッションアイテムと美肌づくりについてご紹介しました。サステナブルなファッションアイテムは注目浴びており、ファストファッションからハイブランドまで展開しているため、自分好みのブランドで探してみるといいでしょう。また、今の季節に必須なマスクでも地球環境に優しいサステナブルなマスクがたくさんあり、手に入れやすい値段のものが多いので活用するといいでしょう。春の美肌づくりは、環境変化によるメンタルに気をつけて低刺激なスキンケアでウイルスに強い肌を作りましょう。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE