自宅サロンの集客方法とは?新規顧客獲得やリピーターについても徹底解説!

自宅サロンで集客するには、具体的に何をしたら良いか悩みますよね。施術を完璧にこなしていても、なかなかリピーターにならないことも少なからずあると思います。今回は自宅サロンで集客する為に必要な事をワールドジャパン株式会社広報の鈴木が解説します。

売上がグングン上がる自宅サロン集客のコツはリピーター集客!

集客には2つあり、新規の集客とリピーターによる集客があります。新規の集客に力を入れることも大切ですが、長期的な目で集客率を上げるためには、リピーターによる集客方法が重要です。

集客がうまく掴めていないと、新規集客に注力してしまいませんか?そうすると、新規集客を集めるために必要な時間やお金を費やし、成功しても格安メニューばかりサービスに満足いかないと他のサロンに流れてリピーター率が下がってしまいます。

まずは、新規集客に力を入れるよりもリピート率を上げられるように、お客様の満足度を高め、定着率を上げてから新規集客に力を入れましょう。

 

リピーター集客の具体的方法①:来店体験を最高のものにする

自宅サロンでリピーターの集客を集めるためには、来店体験時の満足度を高める必要があります。新規集客のために、特別メニューを提供することがあると思いますが、リピーターにも特別メニューやサービスは必須です。ここからは、来店体験の満足度を高めてリピーターに繋げられる方法を4つ紹介します。

リピーターのお客様の要望を聞き入れサービスをカスタマイズ

集客率を上げるためにも、高頻度で来店されるお客様の存在は最も大切です。そのため、高頻度で来店するお客様のみのサービス内容をカスタマイズする必要があります。

月1に1回来店されるリピーターよりも、月に2回、3回と高頻度で来店されるリピーターのお客様の方が売上も上がります。高頻度で来店されるリピーターのお客様にアンケートを取ったり、要望を聞き入れ、どのようなサービスが求められているか統計を取りましょう。そうすると、カスタマイズや特別メニューの変更に活用できますよ。

 

リピートしてもらうためのカウンセリング

お客様にリピートしてもらうためには、カウンセリングを行うと良いでしょう。

来店時に、お客様の肌の悩みを聞き出し、実際に肌の状態を確認、その後、肌や体質の状態を丁寧にお伝えする(例えば、「肩が凝っていますね」や「同じ姿勢のままでいませんか?姿勢が固まっています」)ことで、「サロンに通ってもらうことが必要な状態」であることを認識してもらいましょう。

 

カウンセリングシートやカルテによる施術計画・改善計画管理

リピーターを掴むためにも、カウンセリングシートを利用して、カルテを作成し施術計画や改善計画管理を行ってみましょう。
カウンセリングシートを利用することで、現在、肌や体質にどんな悩みがあるのか?また、通うことでどのように悩みを改善できるか計画を提示することで、お客様も通いやすく、改善しようと前向きになるでしょう。

施術計画や改善計画はお客様の要望に答えながら作成するとさらに良いですよ。

 

VIP待遇・特別待遇感を演出するコミュニケーション

リピーターの中でも、月に数回来店してくださるお客様には、特別感が味わえるVIP待遇を演出できるコミュニケーション方法を取り入れるために、会話をメモすると良いでしょう。

お客様との会話をメモすること、次回来店時に世間話をした時に前回会話した内容を掘り返すことで、「大切にお客さんとして接してもらえている」と感じてもらいやすくなります。

来店後は、必ず会話のメモを行い、次回来店時には会話の中で前回の会話を掘り返すなど親近感と特別感を演出しましょう。

 

ちょっとしたプレゼント

サロンに来店して頂いたら、ちょっとしたプレゼントを用意すると良いでしょう。リピーターに繋げるためにも、お客様に「サロンに来たらプレゼントをもらえて得した!嬉しい!」とハッピーな気持ちでお帰り頂くことが大切です。

ちょっとしたプレゼントとは、化粧品のサンプルや肌質別のサンプルの詰め合わせ、施術時間を10分サービスをすることです。また、ちょっとしたプレゼントやサービスはお客様へのVIP感や特別感を演出できるので、ぜひ取り入れてみると良いですよ。

 

リピーター集客の具体的方法②:再来店の”きっかけ作り”

リピーターの集客方法の方法として、再来店のきっかけ作りも重要となります。再来店してもらうためには、次回予約の獲得やクーポンの配布などをきっかけを作りを行って、「そろそろサロンに行こうかな?」と、思い出してもらえるようにしましょう。

会計時の次回予約

再来店をしてもらうためにも、会計時に次回の予約を取ってもらうようにしましょう。営業っぽくなってしまうと、次回の予約を取ってもらいにくくなるため、あくまでも自然な流れで取ることが大切です。

カウンセリングシートの目標設定と関連付けて、「次回は〇〇を行いましょう」など自然に予約に繋げられる声掛けで、定期的なサロンへの来店を習慣化してもらいましょう。

 

スタンプカードやクーポンの配布

リピーター集客の方法として、スタンプカードやクーポンの配布を行いましょう。

スタンプカードは、5回来店でマッサージ無料、10回で粗品プレゼントなど特典を付けると良いです。クーポンは、次回来店で10%OFFなどの割引、お友達紹介でお互い15%OFFなど特典を付けて有効期限を付けると期間を開けずに次回来店に繋げられやすくなりますよ。

 

来店後のお礼DMの送付

来店してもらったら、お礼のDMを送付することで、次回来店に繋げることができるでしょう。

来店時のサービスや次回予約などのきっかけ作りも大切ですが、お礼のDMを送付することで、「お客さんを大切にしてくれるとても丁寧なサロンだ」と好印象を与えられます。お礼のDMを送付するためにも、SNSのアカウントフォローやカウンセリングシートに住所を記入してもらいましょう。

 

手書きのお礼状(誕生日・年イベントの折など)

カウンセリングシートに記入してもらった誕生日を確認して手書きのお礼状を書くことで再来店に繋がりやすいです。

誕生日にお礼状が届くと嬉しい気持ちになると思います。お客様に喜んでもらえますし、離れたお客様でも「もう1回行ってみようかな」と再来店に繋がりやすくなります。誕生日以外にも、ねんイベントの折にお礼状を送ると良いでしょう。

年賀状も送付したいところですが、他のサービスや店舗も出して同じ日に届いてしまうと目立ちにくく効果的にはないので、おすすめはしません。

 

Instagramをフォローしてもらう

サロンの集客方法としてInstagramのフォローをしてもらうことはとても重要です。サロンのInstagramのストーリー投稿や通常投稿はリアルタイムの情報をみてもらうことができます。

Instagramに投稿されたコメントや質問にも迅速に回答することで、再来店へ繋がりやすいため、Instagramはこまめに更新してお客様との交流を深めましょう。

 

公式LINEを友達追加してもらう

サロンの公式LINEを友達追加してもらうと、公式LINEから予約が可能になり、お客様との接点にも繋がります。また、定期的に公式LINEからお得な情報やサロン情報を流すことで、来店のきっかけづくりにもなるため、公式ILNEを作成することをおすすめします。

 

新規の集客も成功しよう!売上アップに繋がる集客方法

集客をするためには、新規のお客様を集める必要があります。その方法としては、ホームページやSNSなどを活用することです。ここからは、新規の集客を増やし、売上アップに繋げられる方法を紹介します。

新規の集客で最も重要なのは、口コミ紹介による集客

新規の集客に力を入れる時に最も重要なのは、口コミ紹介による方法です。来店して下さったお客様に対してお友達紹介カードを配ったり、レビューで口コミを書いてもらうことも良いでしょう。

しかし、ただお友達カードを配って「紹介してくださいね」と業務的に伝えるのではなく、紹介して欲しい理由を言葉にしてカードを配ることで、口コミで広まりやすくなりますよ。レビューでは、グーグルやビューティーサイトに掲載している場合、口コミをお願いすると新規の集客が掴みやすくなります。

 

自宅サロンのホームページの効果的な作り方

新規の集客に力を入れるためには、自宅サロンのホームページの作成が必要となります。ホームページは、作成することでサロンの信頼度も高まります。

また、ホームページを作成する時には、アメブロや無料のホームページは避けた方が良いでしょう。アメブロや無料のホームページが悪いわけではありませんが、有料のホームページで作成することで、自分の資産にもなりますし、有益なコラムや情報を掲載していくことで、後々は広告を付けることもできますよ。

しかし、ホームページ単体では集客ツールとしての効果は期待できませんので、他の集客SNSと活用しながら運用すると効果が期待できるでしょう。

 

インターネット・SNSを使った集客に役立てよう

新規の集客の年齢層が20代〜40代の場合は、インターネットとSNSを活用しましょう。

20代〜40代の世代では、インターネットやSNSでサロンを検索を行い、検討後行動に移す傾向が高いです。そのため、インターネットやSNSで集客を作るツールを活用することで、多くの人に見てもらうことが可能ですし、既存のお客様がお友達を紹介するきっかけにも繋がります。

また、インターネットやSNS運用には、優先して活用するSNSやサロンの世界観を投稿をしつつ共感を生む投稿が必要です。また、インターネットやSNSを活用には時間や能力を費やすため、SNS担当など専門の担当者にお願いすると、結果を残しやすくなりますよ。

ブランドイメージ向上に繋がるInstagram集客

Instagramを利用してブランドイメージを向上させることで、新規集客に繋がりやすくなります。Instagramでは、写真や動画、ストーリー投稿以外にも、コメントやDMとお客様と気軽にコミュニケーションを取ることもできるため、拡散性は低いですが、信頼度が高まりやすく固定客の獲得に期待ができます。

また、Instagramではサロンの電話番号やメールアドレスを記載できるため新規の集客に繋がりやすいですよ。

手軽に不特定多数の人に情報拡散!Twitter集客

Twitterを活用することで、 手軽に不特定多数の人に情報を拡散することが可能です。Twitterでは、10代や20代のユーザーが多く、ハッシュタグを付けて投稿すると、いいねやリツイートをしてもらうことで拡散が期待できます。また、リツイートされるとリツイートしたユーザーのフォロワーに表示されるため、より多くの人に見てもらえますし、さらに拡散が期待できるでしょう。

Twitterのプロフィールは、サロンがどのようなサービスを提供しているかの表記、実績を示す場合は数字で表記することで、信頼性が高まりますよ。

幅広い年代が利用し他のSNSと連携が取れる!Facebook集客

Facebookでは、サロンの公式サイトと活用することが可能で、長文での投稿もできます。そのため、サロンとしての信頼性も高まり、多くの人に見てもらうことが可能です。投稿すると、いいねやコメントもあるため、コメントに返信することで、新規や既存のお客様とコミュニケーションを取れますよ。

また、Facebookは幅広い世代が利用しており、検索サイトで上位にヒットしやすいため、幅広い世代のユーザーにサロンをアピールできます。

日本での人気SNSランキング1位!LINE@を使った集客

日本での人気SNSランキングで1位を獲得したLINE@では、新規の集客を掴みやすいツールとなっています。Instagram、Twitter、Facebookに来た人にLINE@の登録を誘導し、登録してもらうことで、サロンのアピールや多くの集客に繋がりやすくなります。

LINE@登録時の特典(クーポン等)、予約ページの設定、タイムラインやホームの活用も可能で、お友達登録しているユーザーと1対1でトークすることも可能なため、お問い合わせにも迅速に対応することができますよ。

40~60代のお客様を集めるにはブログも効果的!

40代〜 60代のお客様を集めるには、ブログの活用も効果的です。若年層はSNSの利用率が高いですがブログの利用率は低く、一昔前の集客方法と言えるでしょう。しかし、年齢層が高くなると、SNSの利用率は低く、ブログは見られる傾向があります。

現在でも40代・50代にはブログを読んでもらえる機会が多いことから、ペルソナのニーズを考えて、出来るだけ毎日投稿、タイトルや本文にはキーワードを含め、写真や動画も掲載し、シェアしてもらえるブログ作りを心がけましょう。

YouTubeチャンネルの集客

YouTubeチャンネルを活用しての新規集客も実用的です。YouTubeは、動画を見るだけで楽ですし、検索でヒットしやすいメリットがあります。また、動画では、写真では伝わりにくい部分もダイレクトに伝えることができます。

YouTubeのチャンネルでは、サムネ作成や動画編集のスキルが必要となるため、動画編集のプロに任せると効率的に効果を出すことが期待できますよ。

 

自宅サロンの場所がわかる看板で、来訪者を逃さない

SNSやホームページの紹介で実際に来店してくださったお客様を逃さないためにも、お店の場所がわかる看板の設置をおすすめします。

看板があることで、宣伝効果も期待できますし、初めてのお客様が来店される時にサロンの場所が明確に分かります。看板には、サロン(エステやネイルなど)とサロン名の記載、おすすめのメニューやキャンペーン、営業時間をシンプルに書くと良いでしょう。

 

自宅サロンの集客で成功するためのポイントのまとめ

自宅サロンの集客で成功するためのポイントとして、お客様の要望を聞き入れたサービスをカスタマイズしたり、特別待遇感を演出したり、来店後には必ずお礼をするようにして、心のこもった接客でリピーターを獲得しましょう。またInstagramやTwitter、FacebookなどのSNSを活用し、情報発信を続けて、新規集客獲得しましょう。 情報発信を行う前に、お店のターゲット層や魅力の発信を明確にしてから行動に移すと良いですね。

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE