エステサロンオープン時は手書チラシで集客力アップ!

エステサロンの集客方法の一つとしてチラシを配ると思います。オープンしたサロンをお客様に知ってもらって足を運んでもらうには効果的なエステのチラシ作りが必要です。今回はワールドジャパン株式会社の野村がいくつかポイントを抑えて結果が出るチラシ集客方法をお伝えしていきます。

 

 

オープン時の集客効果のある手書きチラシ作り

手書きチラシはエステサロンが開店したことを知ってもらう手段の一つ

インターネットやホットペッパービューティー、SNSでの集客が増えてきている中でも効果的にチラシを作成すれば、予想以上の集客ができます。エステは店舗に来店してもらう必要があるため、地域に密着した集客方法が効果的です。エリアを絞り込んで集客できる手書きチラシは、エステにとってすごく重要な広告手段と言えるでしょう。

ターゲットを具体的に設定する

まずチラシを作る前に、どのようなお客様に来て欲しいのか、具体的にイメージをします。オープンしたから誰でもいいからたくさんの人に来て欲しいと思ってると、誰の心にも響くことがないです。痩せたいと思っている人は「痩身」、脱毛したいと思ってる人は「脱毛」に興味がありますので、自分がサロンの対象者かどうかをチラシをパッと見ただけでわかるようにしましょう。

自店の強みをアピールする

チラシを作成する時に重要なことが、自分の強みを明確にすることです。エステサロンには色々なメニューがありますが、目立つためにはどれか一つに特化するのがオススメです。サービスやおもてなしを売りにしてもいいですし、立地の良さをアピールするのも有効です。

キャッチフレーズで目を引く

まずはオープンしたことをアピールしましょう。そして他のサロンに負けない自分のお店の強みを、印象的な言葉でアピールしましょう。「ツヤツヤのお肌」「シュッとした小顔」など、カタカナを使うと注目してもらうポイントが目立つため、有効だと思います。インパクトの強い言葉で表現してみてください。

オススメのメニューを決める

エステにはフェイシャル、ボディ、痩身、脱毛などさまざまなメニューがありますよね。その中でターゲットに向けて、オススメのメニューを決めましょう。ターゲットの悩みに合わせた、自社のエステだからできるメニューをチラシに載せましょう。期間限定のオープン特別メニューなどを特別特価で載せることはご来店のきっかけになるのでオススメです!

開店時の特別クーポンやキャンペーン情報を載せる

オープン特典や割引クーポン・お得なキャンペーン情報を載せると、お得感が出せて来店へのきっかけを作りやすくなります。もし、予約をしたいと思わせることができなくても少しでも興味がある場合、お得なクーポンなどを掲載しておくと「捨てずに一応持っておこう」と思う方も多いので、クーポンをつけることで予約率アップも期待できますが、チラシを保存してもらうことも期待できることがポイントです。

サロンの情報やアクセスを記載する

チラシにはサロンの情報やアクセス方法をわかりやすく記載する必要があります。簡単な地図はもちろん、目印となる近くの店舗や外観も一緒に載せておきましょう。また、住所や電話番号も掲載しておくと、地図アプリで探しやすくなるので、お客様も助かるはずです。最寄り駅から徒歩何分といった情報も詳しく載せましょう。

外観や内観の写真も入れる

外観の写真を入れることで、迷うことなくお客様が辿り着けます。内観の雰囲気も入れることで、より親近感がわき、お客様が安心して入店できます。

 

 

自己紹介や過去の実績を載せる

お客様は、新しくオープンしたお店がどんなお店か?どんな人が施術をするのだろうか?と不安に思っています。そのため、オーナー様の自己紹介と実績を載せていくことをオススメします。スタッフがどんな人かが分かるだけでもお客様は安心するのです。

自己紹介で安心感を与える

エステサロンは特にお客様のお体、お顔に直接触れて施術をします。服を脱いでいただく時もあるので、お客様からしたら”自分の体を預ける”ことになります。なので、スタッフへの信頼が大切になってきます。どんな人が施術するのかわかると、「行ってみようかな」という気持ちになってくれやすいものです。可能であれば、顔写真も載せましょう。

過去の実績でアピールをする

過去の実績を載せましょう。お客様はチラシを見て、「本当にこのエステサロンを選んでも損はしないのか?」と思ったりするので、実績を載せることによって、信頼を得ることができます。例えば、保有資格や今まで施術してきたお客様の数などが効果的です。

施術写真を載せる

どのような施術をするのか、写真があった方がわかりやすくて安心にも繋がります。実際にどのような効果があるのかを載せる事で、興味を沸かせてくれます。写真や画像は一瞬で目に入るため、そこで興味を引きつけることができれば、チラシの内容にも目を留めてもらいやすくなります。

 

 

オープン手書きチラシのメリットとデメリット

手書きチラシにはメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。ご紹介します。

 

メリット

今はデザインソフトを使ったチラシがほとんどですが、手作りチラシはその中で目立つことができます。受け取った人に「身近に感じる」「敷居が低い」「アットホーム」「スタッフの人柄や一生懸命さを感じる」という印象を与えることが出来るため、手作りの温かみを感じさせることができます。スタッフの人柄を伝えやすいので、親しみやすい雰囲気をもたらせてくれます。

 

デメリット

手書きだとパソコンで作る以上にセンスが必要になってきます。手書きは自由度が高いので全体のバランスを取るのが難しく、さらには修正するのも大変です。そして、効果が出るのに時間がかかるため、時間の確保が必要になるのがデメリットです。一回のチラシ配布で効果を得ることは難しく、定期的に配ることによって結果が出始めます。

 

 

オープン手書きチラシの配り方

チラシの配布方法はいくつかあります。一つの方法で試すより、全ての方法を試して効率のいい方法を探しましょう。手書きチラシを配布した際の場所や時間、反応などは必ず記録しておいた方がいいです。それでは、有効なチラシの配り方について説明します。

開店したことをアピールしながら手渡しで配る

チラシ配りの中でスタンダードな方法が手渡しです。エステティシャンがどのような人なのか直に伝えられるので、お客様に親近感を持ってもらえますし、オープンしたエステサロンを知ってもらうためにチラシ配りは挨拶のようなものです。お客様の顔を見て配ることができるので、ターゲットを絞ってチラシを渡せるのも利点です。

ポスティング

ポスティングはエステサロンから近い家のポストにチラシを入れることです。営業時間前や予約のお空いている時間に配布に行けます。手渡しより親近感は薄れますが、地域密着型に向いたアプローチ方法といえます。場所によってはポスティングを禁止している住居があるため、ポスティングする前に確認しましょう。

周辺の施設に設置してもらう

オープンしたエステサロン周辺の施設に手書きのチラシを置いてもらう方法があります。すでに開業していて配布する時間がない時に有効的です。費用がかかる場合があるかもしれませんが、インターネットを普段しない人に対する集客も期待できます。

 

 

【まとめ】

せっかくオープンしたエステサロンを、たくさんのお客様に知ってもらいたいですよね。手書きチラシはアットホームさや親近感を演出できるので、 ターゲット層のお客様に手紙を書くようなつもりでチラシを作成すれば、好印象につながりやすくなります。地元の人たちへの、ご挨拶として、溢れんばかりの感謝と喜びの気持ちを手書きのチラシに込めてファンを増やしていきましょう。

 

 

▼サロン経営でお困りの方、繫盛サロン研究会®で一緒に学びませんか?▼
繫盛サロン研究会®

エステ機器に様々な種類があり、目指すサロンによって購入する機器は変わってきます。サロンのコンセプトに沿った正しい機器の選定が重要と言えるでしょう。また、保証やアフターフォローの有無は、その後のサロンの運営に大きく関わります。

サロン開業時は、どうやってエステ機器選びをするべきか分からないことだらけ。だからこそ、機器選びだけでなくどこから購入、またはリースするかは大変重要な問題です。ワールドジャパンでは様々な種類の美容機器の取り扱いがあり、エステサロンや治療院などへの導入実績は500社以上にのぼります。

種類が多すぎて何を基準に選べばいいか分からない、サロンの方針がはっきり決められなくて機器選びができない…エステ機器選びに悩んでいたら、どんなことでも無料で相談を受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ワールドジャパン株式会社公式HPはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE