エステサロンのハイフ値段はいくら?種類や効果についても紹介

エステサロンで施術できるエステ用のハイフをお探しのサロンオーナー様必見。
肌を切らずに肌のたるみケアをし、ダウンタイムがない「ハイフ」は美容業界で多くの方が知っているケアになりました。
エステサロンに導入しようと考えているオーナ様も多いのではないでしょうか。
今回はエステサロンで使用できるハイフマシンの値段や効果、おすすめのハイフ機器について、ワールドジャパン株式会社広報の鈴木が詳しく解説していきます。

気になるハイフの値段は?

相場は約120万円~400万円

エステサロンで導入されているハイフができる機器の現在の相場は、1台約120万円~400万円程度です。
ハイフ以外の痩身機器は150〜300万円と言われているので、比較的購入しやすい価格になっています。
元々医療機器だったハイフなので、これまでは他の機器よりは高価なものでした。
しかし近年需要が増え、技術の改良によって低コストで導入できる機器が増えてきました。
機器によっては、カートリッジの交換をすることで、照射出力の調整をする機器もあります。
その場合はカードリッジも必要になるため、実際は本体価格にカートリッジ代がプラスされることもあります。
購入を検討される場合は覚えておくと良いでしょう。

 

各メーカーのハイフの値段

取扱メーカー 機器名 値段 公式HP
ワールドジャパン株式会社 フォーカスシュート 128万円 https://esthekiki.com/slimming/focushoot/
株式会社Dr.Visea フォーカスネオ 129万円 https://visea.jp/
株式会社Dr.Visea フォーカスネオプロ 180万円 https://focusneo.net/
株式会社エストラボ Ulfit(ウルフィット) 350万円 https://est-pro.co.jp/apparatus/list/ulfit/

 

ハイフとは?

ハイフには医療用と非医療用がある

ハイフには「医療用のハイフ機器」と、「非医療用のハイフ機器」があります。
ハイフは元々医療用の機器でした。
癌や甲状腺の治療のための医療機器として使われていたものが、美容治療にも使われるようになり、その後エステサロンでも使われるハイフの機器ができました。
医療用と非医療用の機器には、価格や効果の差があります。
技術や知識が必要な医療機器と違い、非医療機器は誰でも使える安全性の高いものになっています。

エステサロンで扱えるのは「非医療用ハイフ」

エステサロンで扱えるハイフは「非医療用のハイフ機器」のみになります。
ハイフは元々、医療機器で、資格や専門知識を持った医療従事者のみが扱える機器でした。
今でも医療機器のハイフは医療従事者しか使うことはできないので注意しましょう。
非医療用のハイフは、医療の資格がないエステサロンでも扱えるように、安全面に考慮した機器になっています。
火傷や怪我のリスクが少なく、トラブルの起きにくい機器です。
エステサロンでハイフを導入される際は、「非医療用のハイフ」を導入しましょう。

医療用に比べ、出力が弱いのが特徴

非医療用ハイフは、医療用に比べ出力が弱いのが特徴です。
ハイフは超音波の熱で、細胞を破壊して自然治癒力で肌を引き上げます。
そのため出力が高いと火傷や損傷のリスクが伴うため、専門的な技術と知識が必要になります。
エステサロンで扱える非医療用にするためには、出力を下げる必要があったのです。
そのため、非医療用のハイフは医療用に比べると照射の出力は弱く効果も薄れてしまいます。
しかし非医療用は出力が弱いことで、医療用に比べ痛みが少ないので、痛みに弱い方や敏感な方には受けやすいでしょう。

価格も医療用より安い

非医療用は医療よりも価格が安くなっています。
医療用は機器の価格も高く、照射出力も高いのが特徴です。
施術値段の相場は4000〜6000ショットで、1回10万円前後します。
施術効果は高いですが、通いたいと思った場合、出費も気になるところです。
エステサロンで扱われている非医療用での施術値段の相場は、同じショット数で6000円〜3万円前後です。
お試し価格はもっと低価格で行っているサロンもあります。
医療用と比較すると、出力は弱いですが、口コミでも効果を感じている方は少なくありません。
お客様にお手軽に試していただける価格設定ができるため、導入を検討されるのがおすすめです。

最近では痛みの少ない安全性の高い非医療用ハイフもある

医療用のハイフは効果が高いが、値段も高く痛みを感じやすいです。
最近は、痛みが少なく安全性の高い非医療ハイフも増えてきました。
口コミでも非医療ハイフに効果を感じている声はたくさんあります。
万が一効果を感じられなくても、別の機器があるサロンを試せるような値段設定になっています。
痛みも少なく効果も感じられるのなら、非医療用の方が通いやすいと感じてもらえるでしょう。
効果が約6ヶ月なので、4ヶ月〜6ヶ月に1回定期的に通うことを考えると非医療用は選んでもらいやすい値段です。

 

ハイフの仕組み

ハイフは、メスを使わずに肌のたるみケアや脂肪除去をしてくれます。
ハイフは超音波を照射する機器なのですが、実際どのような仕組みなのでしょうか。 詳しく説明していきます。

ハイフは超音波を照射する機器

ハイフは High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)の略で、狙った一点に超音波を集中させて瞬間的に高温を発生させる機器です。主に脂肪にアプローチするのはボディ用ハイフで、熱と超音波による振動で脂肪を分解し、老廃物として排出することで痩身を目指します。顔用ハイフは皮膚の深層まで熱を届けることで、肌のハリのもとであるコラーゲンやエラスチンの生成を促してリフトアップを狙います。これまでは切開しないとアプローチできなかった、肌の土台となるSMAS(筋膜)層にまで熱が届くので、エイジングケアのエステメニューを取り扱うなら見逃せない機器です。

 

ハイフの種類

ハイフの種類を説明していきます。
ハイフでは超音波を肌に照射する際の機器に、いくつかの種類があります。
ハイフは機器によって「蓄熱型」「2D」「3D」「4D」と様々な種類があります。
Dとはドットのことで、超音波が照射させる点のことをいい、2Dから9Dまであります。
今回はより多く使用されている、代表的な4つについて説明します。
あなたのエステサロンで導入される際の参考にされてください。

蓄熱式ハイフ(SHS方式)

蓄熱式ハイフ(SHS方式)は1点照射のピンポイントで超音波を届ける方法です。
機器をくるくると回しながら照射してくので、素早くムラなく行えます。
通常の2,3倍の強い出力で、広範囲をスピーディに照射できるのが特徴です。
機器のスイッチを押しても途中でストップできるため、お客様の肌状態によって細かく調整できるのでおすすめです。
照射中に違和感を感じたら、機器を止めて他の部位に移ることができるため、肌トラブルのリスクも少なくなっています。

2D

1点1点がライン状に並んでいる機器を当てていきます。
一箇所に2〜3秒照射します。当てたとことは1本線を引いたイメージです。
1ライン照射したところから、0.5cmずらして次のラインへと細かく当てていきます。
当てたまま2〜3秒置いてずらしていくので、時間がかかったり、技術者によってはムラが出たり、しやすいでしょう。
また、1度スイッチを押すと3分程、照射が続くので避けたい部位を避けたり途中で照射をやめたりできないので火傷や損傷のリスクがあります。

3D

長方形の面を2,3分当てます。
1点1点の熱が連続して広範囲を照射します。
長方形の複数の点が一気にスタンプのように照射されるわけではありません。
長方形の面が大きければ、それだけ照射する時間が多くなり、スイッチを押す手間は省けるためムラができにくいです。
しかし、2Dと同様で1度スイッチを押すと3分程、照射が続き避けたい部位を避けたり途中で照射をやめたりできないので火傷や損傷のリスクがあります。
また、施術時間も長くなったり、痛みを感じやすかったりなるのが特徴です。

4D

4列同時に照射できるため、気になる広範囲を一気にスタンプのように照射できます。
広範囲をムラなくスピーディーに照射できるのが特徴です。
しかし、2Dや3Dと同様で1度スイッチを押すと3分程、照射が続くのでボタンを押す手間は減り焼きムラもでき食いでしょう。
しかしその分、火傷や損傷のリスクがあります。
他のタイプと比べると、痛みも感じやすく、集中的に照射したい方には不向きです。

 

ハイフの効果

ハイフは悩みに応じて照射の深さを変えることができます。
真皮層から脂肪層まで目的に応じた効果を得ていきましょう。

リフトアップ

ハイフの施術で1番期待できる効果は、リフトアップ効果です。
ハイフで超音波を照射することにより、熱によってコラーゲンを破壊します。
破壊されたコラーゲンを修復しようと、コラーゲンが増殖し、ハリやうるおい・弾力がアップします。
ハイフは真皮層だけでなく、肌深部のSMAS(筋膜)層にも働きかけられるので、肌の土台となっている肌の内側からリフトアップ効果を感じられます。
肌のたるみの根本的な改善が期待できるでしょう。

タイトニング・毛穴治療

ハイフは毛穴の引き締めにも効果的です。
カードリッジを換えられる機器では、より細かい部分に照射できます。
そのため毛穴の気になる、目元下の頬や小鼻の毛穴にも効果を実感できるでしょう。
毛穴の悩みがあるお客様にもご満足いただけます。
毛穴の治療はつまりを除去しておく必要があるので、毛穴への効果をより実感してもらうには、毛穴の洗浄など他の施術も同時に行うことがおすすめです。

ダイエット・部分痩せ

ハイフはダイエット・部分痩せにも効果的です。
超音波の熱エネルギーによって、脂肪を分解させます。
顔では、顎下やフェイスラインにたるんだ脂肪に当てて分解されます。
また、ハイフはボディに当てることもできます。
部位によって出力を変えて、より効果的に脂肪層に熱を加え分解させる仕組みです。
お腹や二の腕、太ももといった気になる部位に集中して、熱を加えると部分痩せにも効果的です。

 

ハイフの効果が出る時期と持続

美容効果を実感し始めるのは直後から

ハイフは、個人差はありますが、美容効果は施術直後から実感できます。
しかし、超音波の熱によってコラーゲンに加えられたダメージを修復してから回復する時に1番効果を感じやすいです。
ですから、1ヶ月後から3ヶ月が最も効果を感じやすい状態になります。
さらにハイフはダウンタイムが短いのが特徴です。
施術終了後すぐにメイクアップが可能ですので、受けてもらいやすい施術でしょう。

持続は半年~1年程度。

ハイフの効果は半年〜1年程度持続します。
もちろん定期的に受けていただくことで効果を得られやすいですが、1回の施術でも効果を実感してもらいやすい施術でしょう。
また、効果の持続はエステサロンやクリニックによっても違いがあります。
ハイフの機器の出力でも違いが出ますが、ハイフ施術後のケアも重要です。
ハイフ施術後にしっかり肌を守ってケアすることで、ハイフの効果を高められます。
ハイフ施術後は一時的にお肌が乾燥したり、紫外線の影響を受けやすかったりするので、念入りなケアが必要です。

 

 

ハイフの注意点

技術者の技術が結果を大きく左右する

ハイフの効果は、技術者の技術が結果を大きく左右するので注意しましょう。
ハイフは技術者が、機器をお客様に当てて超音波を照射して熱を与えていく施術方法です。
気になる部位に確実に照射する必要があります。
そのため、当てムラがあったり、お悩みに応じた部位に当てられなかったりすると効果が薄れてしまします。
お一人おひとり皮膚や脂肪の厚みが異なるため、お客様ごとに合う照射方法が必要です。
出力や部位の確認など細かな調整をするようにしましょう。

 

ヤケドやケガのリスクがある

ハイフはヤケドやケガのリスクがあることに注意して施術を行いましょう。
ハイフは熱損傷を与えることを利用した施術です。
そのため、出力が高過ぎたり肌下の脂肪が少な過ぎたりした場合にヤケドやケガが起きる場合があります。
考えられる肌トラブルは、軽度の赤み・腫れ・浮腫み・一時的な肌の乾燥・紫外線のダメージを受けやすいなどです。
痛みに弱い方や、肌が敏感な方には特に注意が必要です。

 

しっかり知識と技術を身につける

ハイフを施術する人はしっかり知識と技術を身につけるようにしましょう。
解剖学やハイフに必要な知識がないと、照射場所や照射出力を間違えてしまう恐れがあります。
照射場所や照射出力を間違えてしまうと、神経損傷する場合もあります。
神経を傷つけてしまい、痺れや麻痺を起こさせてしまったという事例も確認されているようです。
どの程度の照射で火傷や怪我をするのか、顔のどの部位に神経があるのかなど、しっかりとした知識を身につけましょう。

 

 

おすすめのハイフ機器「フォーカスシュート」

おすすめのハイフ機器「フォーカスシュート」

高密度焦点式超音波理論を用いたフェイシャル & ボディトリートメント複合機
「リフトアップ」、「脂肪減少」に必要な深さにピンポイント照射。老化によるあらゆるお悩みポイントにアプローチします。

 

フォーカスシュートの主な効果

頬のたるみ改善 、ほうれい線 、二重あごの改善・引き締め 、フェイスラインのリフトアップ 、首のたるみ改善 、毛穴の引締め 、肌全体のリジュビネーション 、脂肪減少

 

フォーカスシュートの仕組み

超音波エネルギーを焦点照射し、皮下組織(ターゲット層)にダメージ(熱凝固)を与えることで、創傷治癒・皮下組織の修復が始まります。
その傷を治す・修復する過程で引き締め・引き上げの効果を得ることができます。
照射直後にも効果はありますが、1ケ月後から顕著に変化が現れ始め、2・3ケ月後にはもっとも高い効果を実感することができます。
カートリッジを付け替えることによってターゲット層(深さ)が変わり、真皮層から脂肪層、FacialのリフトアップからBodyの脂肪減少まで、目的に合わせた施術が可能です。

 

高密度焦点式超音波理論

肌表面にダメージを与えず、ターゲット層に有効エネルギーを直接照射(決まった深さにだけ点状に加熱)することで、ダウンタイムを気にすることなく高い効果を実現することができます。

Faceに・・・お顔のしわやたるみを引き起こす筋膜層から引き締め、従来の機器では実現できなかった、リフトアップの外科手術でしかアプローチできなかった、たるみの根本を改善するもっとも効果的な施術方法です。

Bodyに・・・深い脂肪層/1cm以上にエネルギーが直接浸透し、脂肪にダメージを与えることで、照射直後から部分痩せを実感することができます。
ダメージを受け活動を停止した脂肪は老廃物として体外に排泄され、脂肪は確実に減少します。
脂肪燃焼を促す従来の施術とは違い、脂肪に直接アプローチし、確実な効果を実感することができます。

HIFU リフティング理論

HIFUは、凸レンズのエネルギーを集束させる原理で、超音波エネルギーを集束させ作られた美容方法です。
超音波を小さい点に集束させ、高い熱エネルギーを深い層や浅い層にピンポイントで照射することにより、狙った部位の確実なリフトアップ効果を得ることができます。
真皮層より深い層に熱を与え、お肌表面にダメージを与えません。表皮のダウンタイムがないためすぐにメイクもでき、日常生活への負担が最も少ない美容法です。

1点連射式

1点連射式では、ライン式HIFUで施術が難しかった、細かい部位の施術が可能であり、連射式でスピード調整が自由自在。
施術時間が短く、凹凸がある部位への施術も楽に行って頂けます。
また、目元、口元、ラインカートリッジで施術が難しい凹凸がある部位への施術が楽になり、HIFUが苦手な方でもお気軽にお使いいただけます。

一度スイッチを押すだけで一定のスピードでエネルギーが出続けるので、施術者への負担が少ないというメリットもあります。

トランスホールテクノロジー

超音波振動子周辺に大量の気泡が発生する従来式とは異なり、中央の穴からキャビテーション現象で作られた少数の気泡が排出されるため、エネルギーが安定的にターゲット層に届きます。
トランスホール式照射では、エネルギー集束ポイントが安定していて、痛みが少ないという特徴もあります。

製品構成
機能・価格
商品名 Focushoot -フォーカスシュート-
製品規格 本体 165x412x375mm(高さ×幅×奥行) / 4Kg
消費電力 300VA
ディスプレイ 10.2インチLCDタッチパネル
保証期間 1年
本体 1,280,000円(税込1,408,000円)
ワゴン 60,000円(税込66,000円)

 

【まとめ】

エステサロンのハイフは医療用に比べ、出力は弱いですがリフトアップ効果を実感されるお客様が多く、リピーターも多い人気の機器です。
施術には多少の技術を要しますが、しっかりとした知識と技術さえ身に着ければ、問題なく使用できるマシンです。
最近では知名度も高く、人気の施術です。ぜひじっくり検討してから導入してみてください。

 

 

▼サロン経営でお困りの方、繫盛サロン研究会®で一緒に学びませんか?▼
繫盛サロン研究会®

エステ機器に様々な種類があり、目指すサロンによって購入する機器は変わってきます。サロンのコンセプトに沿った正しい機器の選定が重要と言えるでしょう。また、保証やアフターフォローの有無は、その後のサロンの運営に大きく関わります。

サロン開業時は、どうやってエステ機器選びをするべきか分からないことだらけ。だからこそ、機器選びだけでなくどこから購入、またはリースするかは大変重要な問題です。ワールドジャパンでは様々な種類の美容機器の取り扱いがあり、エステサロンや治療院などへの導入実績は500社以上にのぼります。

種類が多すぎて何を基準に選べばいいか分からない、サロンの方針がはっきり決められなくて機器選びができない…エステ機器選びに悩んでいたら、どんなことでも無料で相談を受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ワールドジャパン株式会社公式HPはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE