個人エステサロンの平均売上と年収アップに繋がった成功事例

新型コロナウィルスがいまだ猛威を奮っている中、個人エステサロンを経営することは中々大変なことではないでしょうか。そこで個人エステサロンの方たちがどのようなポイントに注意をして経営を行い、平均的な売り上げをあげているか知る必要があると思います。そこで今回は、ワールドジャパン株式会社の松田が、個人エステサロンがどのようなポイントに注意をして経営をして、平均的な売り上げを挙げているのか必要な確認事項をご紹介していきます。

個人エステサロンの平均売上と気になる年収は?

個人エステサロンの平均売上は150万円/月

オーナー1人で経営し、1ヶ月の稼働日を22日(週2日店休日)とした個人エステサロンの平均売上は約150万円です。

単純計算で一日の売上が68,000円となりますが、ベッド数1台だと1日の施術数が3~4名様が上限だと思います。この場合、一人あたりの施術単価が2万円を超えてしまいますので、物販を取り入れている個人エステサロンが多いです。

物販率の高い個人エステサロンは、平均売上150万円/月に達しています。

売上とは

個人エステサロンの売上は、主に施術と物販によって成り立っています。

例えば1日に5人の施術をおこない、20日の営業日だとすると月100人となります。

それから単価を10,000円に設定した場合、単純計算で月に1,000,000円の売上です。

また物販によっても売上は変動するので、結果的に平均売上は150万円程度になります。

こちらはあくまで例ですが、1日の施術人数や単価設定によっては高い売上を見込めるでしょう。

エステティシャンと個人エステサロンオーナーの年収の差

雇用されているエステティシャンと個人経営しているエステサロンオーナーにどれくらいの年収に差があるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、それぞれの年収について詳しく解説していきます。

エステティシャンの場合

雇用されているエステティシャンの場合、平均年収は正社員で250万円〜300万円程度となります。

勤務年数やサロンの立場によっては300万円〜400万円程度ほど稼ぐ人も多いです。

エステサロンでは方針によって年収は大きく異なり、大手サロンなら物販や指名によってランクが上がるシステムとなっています。

しかし個人エステサロンの場合は給料の上がり方に限界があるため、なかなか年収がアップすることが難しいです。

また都会か地方によっても給料は大きく変動するので、高い年収を望む人は都会で働くことが多いです。

個人エステサロンオーナーの場合

個人エステサロンオーナーの場合、経営者のスキルやお客様の多さによって年収は変わっていきます。

年収はピンキリとなっており、300万円稼ぐ人もいれば1,000万円程度稼ぐ人も存在します。

とくに開業してすぐはエステサロンの知名度も低いため、来訪するお客様も少なく年収は300万円程度になるでしょう。

また個人エステサロンオーナーは売上がそのまま収入になるのではなく、開業時に借入したお金のローン返済や人件費が必要になります。

そのため年収を増やすためにはエステサロンの知名度を増やし、多くのお客様を獲得する施策を考えなくてはいけません。

個人エステサロンの平均売上を上げる方法

個人エステサロンの平均売上をあげるためにはどのような方法があるのか考えましょう

個人エステサロンの平均売上をアップさせるには、以下のような方法が最適です。

・新規顧客を増やす

・リピート率を向上させ、来客数を増やす

・客単価を上げる

・それでは順番に説明します。

新規顧客を増やす

まずはエステサロンを初めて利用してもらう新規顧客を増やすことが大切です。

新規顧客を増やすにはエステサロンを知ってもらう必要があるため、WebサイトやSNS、チラシ、広告などを用いて宣伝をおこないます。

どんな人にエステサロンを利用してもらいたいかを考え、ターゲットに合った悩みの解決を訴求できれば集客に成功するでしょう。

またほかのエステサロンにはない独自の強みを宣伝することも効果的です。

リピート率を向上させ、来客数を増やす

新規顧客の獲得に成功したら、次にリピート率を向上させる取り組みをおこないましょう。

リピートとは、再びエステサロンを利用してくれるお客様を指しています。

リピート率を向上させるためには「このエステサロンを利用して良かった」と思ってもらうことが大切です。

そのためには内装デザインや施術、お客様とのコミュニケーションなどにこだわりを持たせる必要があります。

妥協のない取り組みを続けることで自然と来客数は増えていくでしょう。

客単価を上げる

定期的なお客様の獲得ができるようになれば客単価を上げていきましょう。

はじめは多くのお客様に利用してもらいたいために客単価を低くしがちです。

しかしお客様は安いから来訪しているわけではなく、何らかの悩みを解決するために来ています。

そのため施術にしっかりとした自信があるなら、客単価を上げても問題ありません。

どれくらいの客単価にすればいいのか迷ったときは、近隣地域にあるエステサロンの料金を参考にしてみましょう。

個人エステサロンの実際の成功事例

SNSを開設したら集客数が上がった

現在ではSNSが普及したことから誰でも情報発信が簡単になっています。

そのためエステサロンの情報を発信することで集客数が上がった人も多いです。

エステサロンの内容や施術メニューなどを発信することで美意識の高い人の注目を集められます。

個人エステサロンの集客を成功させるためにもSNSの活用は必要不可欠となっています。

第一歩としてブログを開設することから始めよう

何からはじめればいいのかわからないときは、エステサロンのWebサイトを解説することをおすすめします。

Webサイトでは、店舗情報や施術内容、施術者のプロフィールなどを紹介できます。

またエステサロンに関わる情報を発信することで、GoogleやYahoo!といった検索エンジンから注目を集めることが可能です。

ブログはエステサロンの看板としての役割にもなるため、まずは第一歩として開設をしてみましょう。

インスタグラムを作成し店舗の様子を載せよう

インスタグラムは、多くの若い年齢層が利用しているSNSです。

近年ではTwitterやFacebookの利用ユーザーを超えているため、エステサロンの集客に役立てられます。

若いユーザーは検索サイトの代わりにSNSから情報検索をしている人も多いので、ハッシュタグを活用することで検索される可能性がアップします。

インスタグラムでは綺麗な写真を投稿することが効果的なので、撮影方法にもこだわってみると良いでしょう。

Twitterを活用し、店舗情報を拡散しよう

Twitterは拡散性に優れており、幅広い年齢層が利用しているSNSです。

インスタグラムとは異なり画像や動画、文章を使って情報発信したい方に向いています。

Twitterはつぶやける文字数が制限されているため、ブログのような長文を投稿することはできません。

そのため短文のなかで伝えたい情報を的確に発信することが大切となります。

リアルタイムで情報が流れていくTwitterでは、エステサロンのキャンペーン情報やサロングッズの紹介などをおすすめします。

個人エステサロンの売上管理の重要性と売上が落ちてきた場合の対策について

個人エステサロン売上管理の基礎知識について

個人エステサロンでは、売上管理を徹底することが大切です。

こちらでは、売上管理をする目的からチェックすべき項目、売上管理を活かす方法まで詳しく紹介します。

安定した売上を作るためにもぜひ参考にご覧ください。

売上管理をする目的

売上管理をする目的は、はじめに設定した売上目標の達成度を知ることです。

売上管理をすることで目標に向けての改善や分析ができます。

さまざまな角度から売上を分析し、適切な改善策を実行することで売上アップが可能です。

個人エステサロンだけでなく、幅広く業種や職種において売上管理は重要な要素となっています。

チェックすべき項目

売上管理をするときは、以下のようなポイントをチェックしましょう。

・売上高

・目標の進捗状況

・前月比と前年比の売上

・原価

まず売上高はどんなお客様がどのようなサービスを受けて、どれくらいの売上になったのかを把握するときに必要です。

次に売上目標に対してどれくらい達成しているのか進捗状況を確認します。

そして前月比と前年比の売上を比較し、売上が落ちていれば対策を考えなくてはいけません。

最後に売上から人件費や家賃などの固定費や原価を差し引いた粗利を計算しましょう。 エステサロンのような施術を商品として展開している職種は原価がわかりづらいので、粗利からしっかり計算することが大切です。

売上管理を活かす方法

売上管理を経営に活かすためには、以下のような方法をおすすめします。

統一化したテンプレートの用意

システムやソフトによる計算

定期的なデータチェック

エステサロンによっては従業員を雇用している場合もあるので、誰でも重要項目を入力できるテンプレートを用意すると良いでしょう。

また売上管理の分析は、手計算ではなくシステムやソフトを用いて手間をなくすことも大切です。

売上管理はただ数字を入力するのではなく、定期的なデータチェックから売上高を確認しましょう。

定期的な売上をチェックすることで経営に関する問題点や改善策の発見につながります。

まずはサロンの現状を把握して事実を分析しましょう

エステサロンの経営を安定させるためには、現状を把握して問題点や改善点を見つける必要があります。

こちらでは売上を分析するときに重要なポイントについて解説します。

赤字にならないための施策を理解できるので、ぜひ参考にご覧ください。

確認すべき4つの項目

エステサロンの売上を分析するときは、以下の4つの項目をチェックしてください。

・どんなメニューの売上が落ちているか

・ほかのエステサロンにはない強みと弱み

・スタッフの売上とリピート率の落ち具合

・どんなお客様の利用が減っているのか

まずは展開している施術メニューのなかで売上が落ちているものを確認しましょう。

計算方法は「各メニューの売り上げ÷合計売り上げ×100」でできます。

割合が大きいほど売上が高く、小さければ売上が少ないことをあらわしています。

次に競合エステサロンにはない強みと弱みを分析しましょう。

そして雇用スタッフのなかで売上が少ない人をチェックし、施術や接客スキルの改善をおこないます。

リピート率が落ちているときは一連の流れに問題がないかを確認することが大切です。

最後にお客様の年齢や性別、受けたメニューから減少傾向にあるユーザーを見つけましょう。

来店頻度や利用額の大きい優良顧客が離れていないかを分析してください。

無駄をできるだけ省くようにする

エステサロンの経営分析ができたら、現状で無駄なものを省くようにしましょう。

はじめに施術メニューを見直し、売上や利益が落ちているものがないかをチェックしてください。

施術メニューを見直すことができれば必要な製品を削減できるので、コストを大幅におさえることができます。

特定の技術に専念することで顧客満足度も高まり、結果的に利益を生むスピードが早くなります。

サロン経営の目的を再確認する

エステサロンの売上が落ちてきたときは、経営の目的を再確認することが大切です。

目的がブレてしまうと方向性を見失う原因となるので、売上にも大きな影響を与えてしまいます。

とくにスタッフを雇用している場合は、目的を共有するために定例ミーティングや日々の朝礼などの時間を設ける必要があります。

全体意識を統一化することで接客姿勢や改善提案にもつながるため、経営の赤字を解消することができるでしょう。

そのため掲げた目標を達成するためにサロン経営の目的を再確認するようにしましょう。

エステサロン経営セミナーに参加して仲間を見つけましょう

個人でエステサロンを経営している場合、最新の美容情報や集客方法などの知識を得る機会がなかなか手に入りません。ご自身のエステサロンの運営に不安を感じるときもあるでしょう。そんな個人エステサロンオーナー様には、エステ経営セミナーへの参加をオススメします。

繁盛サロン研究会®

サロンの経営にかかわる集客方法をはじめ、物販の取り入れ方、財務管理、VIP顧客の獲得方法、売上UPへの手段など、各分野のスペシャリストが講師として二か月に一度開催されています。

このセミナーの最大の魅力は、各業界での著名人が講師であるにもかかわらず受講料が安く、即実践できる内容でありコストパフォーマンスが高いことです。

会場参加とオンライン参加が選べますので、会場から遠い地域にお住まいの方でも気軽に受講できます。

1年間通して全6回のセミナーの他、特別セミナーも開催していますので、まずはお試しで受講するのも良いでしょう。

まとめ

最後に個人エステサロンオーナーのみなさん、売上を伸ばす方法について様々な計画を立てる事が必要です。更にそこから売上の管理についても適切な方法を行い、売上向上につながるより良いビジネスプランを立てることに役立ててください。

▼サロン経営でお困りの方、繫盛サロン研究会®で一緒に学びませんか?▼
繫盛サロン研究会®

エステ機器に様々な種類があり、目指すサロンによって購入する機器は変わってきます。サロンのコンセプトに沿った正しい機器の選定が重要と言えるでしょう。また、保証やアフターフォローの有無は、その後のサロンの運営に大きく関わります。

サロン開業時は、どうやってエステ機器選びをするべきか分からないことだらけ。だからこそ、機器選びだけでなくどこから購入、またはリースするかは大変重要な問題です。ワールドジャパンでは様々な種類の美容機器の取り扱いがあり、エステサロンや治療院などへの導入実績は500社以上にのぼります。

種類が多すぎて何を基準に選べばいいか分からない、サロンの方針がはっきり決められなくて機器選びができない…エステ機器選びに悩んでいたら、どんなことでも無料で相談を受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ワールドジャパン株式会社公式HPはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE