リピート率をあげるエステサロンのポップの作り方と活用方法

エステサロンを開業したら、エステメニューや販売品を説明するために「ポップ」が必要になります。リピート率UPのためにも、お客様の心に惹かれるポップを作成しましょう。今回は、ワールドジャパン株式会社の佐藤がエステのポップの作成ポイントと効果的な設置場所について解説致します。

エステのポップでリピート率を上げる!作成のポイント

ポップを作成する目的

そもそもポップは、店内でメニューや商品を宣伝する広告の一つです。

多くのお客様が来店するサロンでは、スタッフが一人一人に口頭でメニューの内容や料金を伝えるのは難しいですよね?

そこで活躍してくれるのが、店内ポップです。

ポップを活用する目的は主に、

・商品やメニューの紹介

・お得なキャンペーン情報の宣伝

・施術の効果(ビフォーアフター写真など)

・サロンのHP、SNS、メルマガなどの案内

などが挙げられます。

店内にポップを配置することで、文字や写真でメニューや商品をアピールできるので、集客率やリピート率のアップのためにも必ず作っておきましょう!

ポップを作成するメリット

ポップを作成することで、サロンで取り扱っている商品や、人気メニュー、お得なキャンペーン情報をお客様に認知してもらいやすくなります。

スタッフが口頭で説明する時間や手間も省けるので、その分回転率アップも期待できます。

ポップを見たお客様が、施術のリピートやオプションメニューの追加を検討してくれる可能性もあるので、売り上げアップにも繋がるでしょう。

ポップがあるかないかで、リピーターの獲得率や売り上げが大きく左右されるので、ポップ作成は必須と言っても過言ではありません。

リピート率が上がるポップにするコツ

では、実際にどのようなポップを作ればいいのでしょうか?

続いて、リピート率がアップする「売れるポップ」作りのポイントをご紹介します。

施術前後の比較写真を載せる

リピート率が上がるポップに仕上げるには、文字だけでなく、施術前後の比較写真を載せるのがベストです。

お客様は、エステを受けることによって、今抱えている悩みやコンプレックスを解消することを目的にサロンに訪れます。

そのため、施術前後のビフォーアフター写真を掲載しておけば、エステを受けた後の美しい自分をイメージしやすくなりますよね。

「この施術を受けることでキレイになれる」「続ければ私でもモデル体型になれるかも」と施術に対するポジティブな印象を持ってもらうことが大切です。

お金を払ってでも受ける価値があると思ってもらうためにも、実際に施術を受ける前と後の写真を載せて、文字だけでは伝わらない効果をアピールしましょう。

ただし、写真が原因でクレームに繋がる危険性もあるので、施術の効果には個人差があることも明記しておいてください。

悩み別で選べる別のコースを紹介

エステサロンに通われるお客様の多くは、体型や容姿にコンプレックスや悩みを抱えています。

「シミやシワが多くて顔を見られるのが恥ずかしい」「お腹周りがたるんでいてタイトな洋服が着られない」など、悩みは人によって様々なので、悩み別で選べるコースを紹介してあげると良いでしょう。

例えば、

・下半身太りには〇〇コースがおすすめ!

・乾燥肌対策には〇〇コース!

・肌のくすみでお悩みなら美白〇〇コースがイチ押し♪

など、悩み別におすすめのコースを分けて記載してあげると、お客様も選びやすくなるのでおすすめです。

ポップだけでなくDMや直接の宣伝も忘れない

目立つポップに仕上げるコツ

メニューや商品の宣伝に欠かせないポップ作りですが、ただメニュー名や商品名を書き並べただけの、淡白なポップでは目に止まりません。

そのため、お客様の目を引くような目立つポップを作ることが大切です。

続いて、目立つポップに仕上げるための4つのコツをご紹介します。

情報は簡潔にまとめる

宣伝したいメニューや料金、商品名などはなるべく簡潔にまとめましょう。

メニューはお店によって様々ですが、エステサロンの場合、施術の種類やコースが豊富なので、あれもこれもと載せたくなってしまいがちです。

ですが、情報を盛り込み過ぎると何が何だか分からなくなってしまいますよね。

基本的には、

・コース名

・価格

・商品名

・キャッチコピー

・コースや商品の特徴

に絞って、分かりやすく記載しましょう。

お客様がパッと見て1、2秒で認識できるようなポップに仕上げるのが理想です。

特に広告業界では1、2秒が勝負とも言われており、一瞬で興味を持つか持たないかで売り上げが大きく左右されます。

お客様が知りたい情報は、主に「メニューの価格・施術の特徴・効果」の3つなので、必要以上の情報は記載しないようにしましょう。

強調したい情報は目立つ文字・色で書く

また、特に売り出したいメニューや、サロンで人気のコースがあれば、その内容だけより目立つように、フォントの種類やサイズ、色を変えて記載するのがポイントです。

それ以外はフォントの大きさや種類、色を統一させましょう。

強調したい情報だけ、デザインや文字の大きさを変えることで、一瞬で認識してもらいやすくなります。

手書きだと親近感が持ててGOOD

ポップを作る時はPCで作成してもいいですが、手書きだとより親近感が持てるので好印象です。

特に地域密着型のサロンなどは、お客様との距離感が自然と近くなるので、ポップも手書きで作成するのがベスト。

イラストやデザインが得意なスタッフにお願いして、温かみのあるポップを作りましょう!

使う色は3色程度にしておく

一つのポップで使う色は、多くても3色以内に留めておくのが理想です。

特に手書きでポップを作成する場合は、たくさんの色を使って派手になりがちなので、目は引くものの、本当に伝えたい情報が分かりにくくなってしまいます。

・定番メニューは黒

・人気メニューや売り出したいメニューは黄色や青

・価格は赤

など、統一感を持たせつつ色の種類を3つまでに制限しましょう。

これだけだと淡白なポップになってしまうようであれば、イラストを添えたり、シールなどを活用してオリジナル感を出すのがおすすめです。

エステサロンの物販商品の売上アップに繋げるポップの書き方

続いて、物販商品の売上アップに繋げるポップの書き方をご紹介します。

ポップの中に記載すべき情報

まずは、ポップの中に最低限記載しておくべき情報から見ていきましょう。

商品の基本情報

以下の基本情報は必ず記載してください。

・商品の名前

・商品の特徴と期待できる効果

・配合されている成分

・価格

できれば、どんな人におすすめの商品なのかも簡潔に記載するとなお良いですね。

例えば保湿クリームであれば、「乾燥肌でお悩みの方に」や、冬の時期であれば「冬の乾燥肌対策に」などのキャッチコピーがおすすめです。

また、価格は必ず税込み金額を記載するようにしましょう!

数字の情報も入れる

売り上げアップに繋がる書き方として、数字の情報を入れるのも効果的です。

数字の情報というのは具体的に言うと、

・1ヵ月で〇〇本の売り上げ突破!

・人気NO.1の〇〇クリーム

・美白有効成分を〇〇種類以上配合!

・10分で美白になる〇〇クリーム

など、数字を盛り込んだキャッチコピーのことです。

実際の売り上げ実績や、配合されている成分の種類の豊富さなどを、数字を使ってアピールすることで、お客様に大きなインパクトを与えることができます。

例えば同じ商品でも、

「プラセンタや、○○エキス配合の美容クリーム」

「売り上げNO.1!美白有効成分20種類以上配合の美容クリーム」

では、下のキャッチコピーのほうが目を引きますよね?

商品の良さをより一層アピールするためにも、数字の情報を入れたキャッチコピーを考えてみましょう。

ただし嘘の情報は、法律違反になったり、お客様とのトラブルの原因になったりするので絶対にNGです。

注目成分についても記載

また、商品に配合されている成分が多い場合や、特に注目したい成分があれば記載しましょう。

特に美容意識の高い女性は、配合されている成分で判断している方も多いです。

代表的なので言えば、

・肌のハリや潤いをキープしてくれるコラーゲン

・シミに効果のあるトラネキサム酸

・肌の水分蒸発を防ぐスクワラン

・肌荒れを予防するプラセンタエキス

などですね。

このように、美容成分と効果を一緒に記載しておくことで販促効果も高まるのでおすすめです。

キャンペーン情報を入れると効果的

また、サロンでキャンペーンなどを実施している場合は、ポップにキャンペーン情報も記載しましょう。

例えば「期間限定で〇〇円引き!」や、「初回限定50%OFF」など、「今しか安く受けられない」というお得感は、お客様の購買意欲を高める材料になります。

こういったキャンペーンやお買い得情報があれば、目立つようにポップ内に掲載してどんどんアピールしましょう。

文字の大小にこだわることも大事

書く文字のサイズに変化を付けることも大切です。

特に重要な情報や、お買い得情報があれば文字を大きくして分かりやすいようにしましょう。

イラストや写真も入れると良い

また、文字だけのポップだと淡白になりがちなので、イラストや写真を活用することでおしゃれなデザインに近づけます。

イラストは描くのが難しければ、フリーのイラスト素材などを印刷してラミネートしたものを貼るなどでもOK。

また、100均などで販売しているシールなどを活用するのもいいでしょう。

商品の写真はもちろん、使った後のビフォーアフター写真なども取り入れてみてくださいね。

【オススメ】ポップ作成不要!販促物付の物販システム「H.R.ダイエットシステム」

H.R.ダイエットシステムとは…

「H.R.プロテイン」「H.R.スルー」「H.R.バーン」「H.R.ベーシック」からなる、勝⼿に痩せていく体質を作るための、プロテイン・サプリセットを組み合わせたダイエット法。サロンでの施術だけは難しい、内側のホームケアとしてお客様に摂取していただきたいプロテイン・サプリセット。

H.R.プロテイン

地球とカラダに優しい「ピープロテイン」×安全・高品質の「グラスフェッドホエイプロテイン」により、ビタミンやミネラルなどの栄養素を含み、体内への吸収が遅い「植物性タンパク」と必須アミノ酸が多く体内への吸収が速い「動物性タンパク」をW配合。体内でのアミノ酸の持続性を実現。さらにMCTやプラセンタなどの美容成分、巡りを促すバイオペリンやヒハツを配合しました。「スイーツみたいにおいしいご褒美プロテイン」と評判のプロテインです。

H.R.スルー

1包で4g以上の食物繊維が摂れる上、23種類の善玉菌と善玉菌が作り出す有用成分をも摂取できます。食物繊維と善玉菌のWの効果により身体環境を整え、美容のコンディションをサポート。11種のビタミン1日分と7種のミネラル、他の栄養素をバックアップするヘスペリジンも配合し、栄養補助まで担います。

H.R.バーン

身体に効率的に働きかけるシクロデキストリンやサラシア、白インゲン豆、キトグルカンを配合。気になる食習慣を整える酵母ペプチドも配合。さらにはブラックジンジャーなどのバックアック素材が理想的なコンディションをサポート。

H.R.ベーシック

吸収巡り、摂取と栄養の吸収を目的にしたサプリ。ビタミン13種+9種類のミネラル。

栄養機能食品(12種の栄養素)ヒハツ、バイオペリン®を配合。ビタミン・ミネラルをバランス良く摂取して、1つ1つの細胞から痩せ体質に。

<ご案内>

「H.R.ダイエットシステム」をサロンに取り入れたいオーナー様はワールドジャパン主催のH.R.ダイエットセミナーにご参加ください。

H.R.ダイエットシステムセミナーお申込はこちらから

エステのポップは店内のどこに貼ると効果的なのか

掲載場所はポップの内容によって異なる

ポップを配置する場所は、宣伝したい内容によって決めましょう。

基本的にポップは集客率・リピート率アップや、販促のためのサブ的な役割と思っておくべきです。

お客様はエステを受けるのが目的で来店されるので、実際にはポップはあまり見られないことがほとんどです。

待ち時間やお会計の際などになんとなく見る程度なので、「見られやすいタイミングと場所」に合わせて配置しましょう。

続いて、ポップの効果的な掲載場所をご紹介します。

キャンペーン情報は待合室とトイレに

お得なキャンペーン情報や、お買い得情報を記載しているポップは、お客様にしっかりと読んでもらえるよう、待合室やトイレに配置しましょう。

特に待合室では待機時間が長いので、スマホをいじったり、テレビを見たり、店内の広告を見たりするお客様が多いです。

また、トレイは滞在時間が短いものの、狭い空間なのでパッと目に留まります。

見てもらいやすくするためにも、お客様の目線を意識して、椅子に座った時に正面に来るような場所に配置すると良いですよ。

商品は商品棚へ

商品を宣伝する内容のポップは、商品棚に配置するのが最適です。

サロンおすすめの商品や、よく売れている商品などを紹介しましょう!

価格や効果は分かりやすく記載してくださいね。

更衣室には施術に関する内容やメニュー

更衣室には、施術内容に関するポップを配置しましょう。

更衣室に滞在する時間は長くはないので、簡潔で大きな文字のポップにするのがおすすめです。

着替え中にパッと目に入るよう、お客様の目線に合わせた位置に張り付けておくのがベストです。

また、内容は施術の効果やビフォーアフター写真を掲載したものにすると、これから行う施術のイメージも沸きやすいため効果的ですよ。

施術台の横は人気メニューがおすすめ

施術台の周りは、サロンの中でも特にお客様が長く滞在する場所です。

そのため、ポップを見てもらえる可能性が高くなります。

施術台の横などに、サロンの人気メニューやおすすめメニューを記載したポップを配置しましょう。

「次はこれも受けてみたいな」と思ってもらえれば、リピーターの獲得に繋がりますよ!

また、施術台周辺だけでなくレジ横にも、人気メニューや新メニューのポップを張り付けておくと、会計の際に見てもらえる可能性が高いので最適です。

出来れば化粧品など、安価な商品のポップも置いておきましょう。

お会計の際に併せて購入してくれる可能性もあるのでおすすめです。

たとえ安価な商品であっても、たくさん売れれば売り上げアップに貢献してくれますよ。

絵を書くのが苦手でエステのポップが上手く作成できないときの対処法

ポップ作成に挑戦したものの、上手く作れなかったり、絵が下手くそで何度もやり直したり、なかなか思うように進まないこともあるかと思います。

ではどうすればいいのでしょうか?

続いて、ポップ作成が上手く出来ない場合の対処法をご紹介します。

無料の写真素材を使ってみる

ポップ作成時に必須となる、イラストや写真などの素材は、フリーサイトでダウンロードできます。

無料でも高品質なものが多いので、イラストを描いたり、キレイな写真を撮ったりするのが難しい場合は活用してみましょう。

以下でおすすめのフリー素材サイトをご紹介します。

PhotoAC

Photo ACは、フリー素材サイトの中でも人気のストックフォトサービスです。

無料でハイクオリティな画像や写真をダウンロードできるので、商用で使っている方も多いサイトです。

写真のカテゴリーも、人物、ビジネス、生き物、花や植物、交通や季節、美容、健康と豊富なので、目当ての写真を探しやすいところが魅力です。

アカウントも無料で作れるので、会員登録しておきましょう。

ただし無料のままだと、1日に検索できる回数やダウンロード数が制限される点は少し使いにくいです。

また、ダウンロードする際にアンケートに答えなくてはいけなかったり、広告を閲覧しなければいけなかったりなどの条件もあるので、待ち時間が発生してしまいます。

これらの制限なしで使いたい場合は、プレミアム会員に登録しましょう。

料金は月額1,569円(税込)になります。

画像やイラストを使うことが多い場合や、ポップをいくつも自社で作る場合には、プレミアム会員に登録しておくと便利なのでおすすめです。

ぱくたそ

ぱくたそも、商用利用が可能な写真素材を無料で提供しているサービスです。

会員登録をしなくてもダウンロードできるので、手間いらずでサクサク扱えます。

ただし、Photo ACと比べると若干素材が少ないところがデメリット。

画像自体のクオリティは高いですが、数が少ないのでサロンの雰囲気に合った素材が見つからない可能性もあります。

とはいえ、検索回数やダウンロード数の制限はないので、時間に余裕があればじっくり探してみるのも良いでしょう。

O-DAN

O-DANは、海外のフリー素材サイトです。

海外のサイトですが、日本語での検索に対応しているので海外サイトに不慣れな方でも安心して扱えます。

写真はどれもハイクオリティなものばかりで高品質なので、高級感のあるポップを作りたい時にはおすすめです。

実際に使ってみたところ、「エステ」ではあまり出てきませんでしたが、「美容」や「スパ」「サロン」で検索するとおしゃれな画像がヒットしたので、関連するキーワードで何度か検索してみるといいですよ。

Pixabay

Pixabayも、ハイクオリティな写真を無料でダウンロードできる海外サイトです。

写真だけでなくイラストや動画のフリー素材もあるので、凝ったポップを作りたい時に最適です。

こちらも海外サイトですが、日本語での検索に対応しているので、安心して使えます。

おしゃれな写真やイラストがたくさんあるので、ポップ作成の際にはぜひチェックしてみてくださいね!

テンプレートを使用する

また、デザインが思い浮かばない時や、イラストや文字の配置、バランスなどで悩んだ時は、テンプレートを活用するのもおすすめです。

特にPCでポップを作る場合は、無料のポップ作成ツールを使うと良いでしょう。

おすすめはCanvaやPOPKITなどです。

飲食店や、美容室、医療機関など、ジャンルごとにそれぞれテンプレートが用意されており、テンプレートに沿って内容を入力していくだけで簡単にクオリティの高いポップが作れます。

さらにイラスト素材なども用意されているので、自由にカスタマイズすることも可能です。

これらのテンプレートを使えば、短時間でおしゃれなポップが出来るので、手書きが難しい場合や、ポップ作成に時間をあまりかけられない場合は活用してみてください。

それでも作成が難しい場合

それでも上手く作れないという場合は、どうすればいいのでしょうか?

最後に自社でのポップ作成がどうしても出来ない場合の対処法をご紹介します。

ネットでサンプルを探してみる

デザインが沸かない、何を書けばいいのか分からないという場合は、ネットで他のサロンのポップなどを検索してサンプルをいくつか取りましょう。

人気店のポップなどをいくつか見ることで、配置の仕方やフォントのサイズ、カラーの使い方などを学べます。

サンプルの真似でいいので一度同じように作ってみましょう。

初心者の方は、まずポップ作りに慣れることからです。

ベースはサンプルを参考にして、その他の細かなデザインやイラストなどをオリジナルなものにすれば、意外と簡単に作れますよ。

手書きはやめて印刷屋に依頼

ポップ作りに苦戦して、時間が必要以上にかかる場合は、いっそのこと手書きをやめて印刷屋に依頼するのも一つの手です。

ポップデザインの相場はおよそ2~3万円となっており、ある程度案などが決まっていれば1万円以内で作成してくれるところもあります。

多少費用はかかりますが、デザインを考える時間や作成する時間、手間も省けるので、その時間を他の業務に充てることが出来る点はメリットですね。

どうしても自社で作成するのが難しい場合は、外注や依頼も検討してみてください。

プロのコンサルを受けてみる

「売れるポップを自分で作りたい!」という方は、プロのコンサルを受けてみるのもおすすめです。

コンサルでは、

・どんな内容を書けばいいのか

・文字はどれくらいの大きさがいいのか

・どれくらいの頻度で書き直せばいいのか

・どこに配置するのがいいのか

などを詳しく教えてくれるので、ポップ作りのスキルもグッとアップします。

目を引くポップ作りのテクニックなども学べるので、今後自社でポップを作成していくつもりなら、プロのコンサルを受けおくと役に立つこと間違いなしです!

セミナーや勉強会に参加する

また、ポップ作成のセミナーや勉強会に参加するのもアリです。

コンサル同様、売り上げアップに繋がるポップ作成のノウハウや基礎を学べるので、スキルアップに繋がります。

他にもポップや広告デザイナーの資格通信講座などもあるので、本格的にデザインを学びたい方はぜひ、受けてみてくださいね。

流行りのキーワードが分かる美容業界専門の経営セミナー

繁盛サロン研究会®

サロンの経営にかかわる集客方法をはじめ、物販の取り入れ方、財務管理、VIP顧客の獲得方法、売上UPへの手段など、各分野のスペシャリストが講師として二か月に一度開催されています。

このセミナーの最大の魅力は、各業界での著名人が講師であるにもかかわらず受講料が安く、即実践できる内容でありコストパフォーマンスが高いことです。

会場参加とオンライン参加が選べますので、会場から遠い地域にお住まいの方でも気軽に受講できます。

1年間通して全6回のセミナーの他、特別セミナーも開催していますので、まずはお試しで受講するのも良いでしょう。

【まとめ】

サロンのポップでは手書きの方が親近感がわき、リピート率アップにもつながります。もし上手く作成できないなら、プロのコンサルを受けたり勉強会に参加したりしてみましょう。それでも難しいなら印刷屋に依頼するのも良いです。

▼サロン経営でお困りの方、繫盛サロン研究会®で一緒に学びませんか?▼
繫盛サロン研究会®

エステ機器に様々な種類があり、目指すサロンによって購入する機器は変わってきます。サロンのコンセプトに沿った正しい機器の選定が重要と言えるでしょう。また、保証やアフターフォローの有無は、その後のサロンの運営に大きく関わります。

サロン開業時は、どうやってエステ機器選びをするべきか分からないことだらけ。だからこそ、機器選びだけでなくどこから購入、またはリースするかは大変重要な問題です。ワールドジャパンでは様々な種類の美容機器の取り扱いがあり、エステサロンや治療院などへの導入実績は500社以上にのぼります。

種類が多すぎて何を基準に選べばいいか分からない、サロンの方針がはっきり決められなくて機器選びができない…エステ機器選びに悩んでいたら、どんなことでも無料で相談を受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ワールドジャパン株式会社公式HPはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE