fbpx

自宅サロンのユニフォームの選び方!おしゃれなエプロンとは

自宅サロンを開業すると、施術時に使うユニフォームやエプロンが必要になります。自分で用意することになりますが、どんなものを選べば良いのか、どのデザインがおしゃれなのかわからない方もいるでしょう。今回は自宅サロンのユニフォームの選び方について、ワールドジャパン株式会社の佐藤が解説致します。

自宅サロンでユニフォーム・エプロンが必要な理由

自宅サロンでなぜユニフォーム・エプロンが必要なのか理解できていない方もいるでしょう。

お店として経営しているかぎり、お客様にはしっかりとした姿を見せることが大切です。

こちらでは、ユニフォーム・エプロンを導入するメリットを掘り下げて説明していきます。

ユニフォーム・エプロンを導入する4つのメリット

自宅サロンにユニフォーム・エプロンを導入すれば、以下のような4つのメリットがあります。

● やる気が出てモチベーションUPにつながる

● サロンのブランディングになる

● お客様の満足度にも影響する

● 私服が汚れない

それでは順番に説明します。

1.やる気が出てモチベーションUPにつながる

ユニフォームやエプロンがあれば、自宅サロンであってもやる気を出して仕事ができるようになります。

自宅サロンはプライベートな雰囲気が出やすいので、どうしてもやる気が減ってしまう環境になりがちです。

きちんとしたユニフォームを着用するとオンオフを切り替えやすいので、仕事へのモチベーションアップにつながります。

またプロのエステティシャンという自覚を持って施術ができるため、お客様に対しての向き合い方も真剣になるでしょう。

2.サロンのブランディングになる

ブランディングとは、共感や信頼などから顧客への価値を高めるマーケティング戦略です。

自宅サロンでは安定した経営を続けることが重要となります。

ユニフォームを着用すれば、お客様の印象に残ってファンを獲得できます。

また自宅サロンのコンセプトやデザインに合わせたユニフォームにすると、ブランド力がアップして集客効果も高められるでしょう。

3.お客様の満足度にも影響する

エステティシャンらしいユニフォームを着用すれば、お客様からの満足度や信頼度を高められるようになります。

自宅サロンはラフな雰囲気になりがちなので、エステティシャンが普段着や私服だとお客様は信頼性が低いと感じてしまいます。

とくに新規のお客様は第一印象でお店を判断するため、ユニフォームを着ていれば安心して施術を楽しんでもらえるでしょう。

自宅サロンではユニフォームをはじめ、外観や内装、施術内容までこだわることをおすすめします。

4.私服が汚れない

自宅サロンにユニフォームやエプロンを導入すると、洋服が汚れてしまう心配はありません。

施術をしていると知らずに洋服が汚れることもあるので、ユニフォームを着用すれば綺麗な状態を維持できます。

とくにエステティシャンは身だしなみを綺麗にすることが大切です。

そのため汚れを気にせず、お客様の施術に集中できるような工夫が必要となります。

私服をユニフォームにするときは、プライベートでの着用を避けるようにしましょう。

自宅サロンのユニフォーム・エプロンはどんなものを選ぶべきなのか

自宅サロンにユニフォーム・エプロンを導入するときは「どんなものを選べばいいのかわからない」という悩みもあるでしょう。

こちらでは、自宅サロンで適している服装、避けるべき服装、種類について解説します。

ぜひ参考にしながら最適な服装を見つけてください。

どんなユニフォーム・エプロンが適しているのか

自宅サロンに適したユニフォーム・エプロンとは、清潔感や素材などをチェックすることが大切です。

また肌や髪を傷つけないように気をつける必要もあります。

それでは詳しく説明していきます。

清潔感のあるものを着用する

第一に注目すべきポイントは、ユニフォームやエプロンの清潔感です。

清潔感がない服装はお客様からの印象も悪くなるため、リピート率低下の原因にもなります。

とくにサロンの施術はお客様との距離が近いので、細かな部分まで気を使わなくてはいけません。

そのためユニフォームやエプロンを選ぶときは、清潔な状態を維持できるものかどうかをチェックしておきましょう。

シミ・シワ・汚れがついていないものを

清潔感を維持するには、ユニフォームやエプロンにシミ・シワ・汚れがついていないかをチェックすることも大切です。

お客様をお出迎えするときは、全身を鏡で確認して問題がないかチェックするようにしましょう。

また施術中に服が汚れてしまうこともあるため、スペアの服を準備して常に清潔な状態を維持しましょう。

ユニフォームだけでなく肌や髪にも注意

エステティシャンはユニフォームだけでなく、肌や髪にも注意が必要です。

とくに女性の方は髪が長ければ、ヘアピンやゴムで1つにまとめることをおすすめします。

髪が長いままだと施術中に邪魔になり、お客様にも迷惑がかかります。

ほかにも爪は綺麗に整え、顔もすっぴんではなくナチュラルな化粧をしておきましょう。

お客様が安心して施術を受けられるように、肌や髪にも気を配るようにしましょう。

自宅エステで避けたい服装

自宅サロンでは、避けるべき服装もあります。

服装によってはお客様からの印象が悪くなり、集客にも悪影響が出てしまいます。

ではどのような服装を避けるべきなのかを説明していくので、ぜひ参考にご覧ください。

派手な色・柄のものは避ける

エステティシャンの服装として、派手な色や柄のものはNGです。

お客様のなかにはイメージと違った印象を受け、リピート率低下につなげてしまいます。

服装を選ぶとき、自宅サロンのコンセプトに合わせシンプルなものが大切です。

誰から見ても爽やかでシンプルな服装を着用すれば、お客様も安心して次回も利用したいと考えるでしょう。

アクセサリーはつけないのがベスト

アクセサリーは基本的につけないことをおすすめします。

理由としてサロンではお客様に触れて施術をすることが多いので、髪に引っかかる危険があるからです。

万が一の問題を考えるなら、アクセサリーは事前に外すことをおすすめします。

どうしてもアクセサリーをつけたいときは、シンプルで施術の邪魔にならないものを選ぶようにしましょう。

ユニフォームの種類

自宅サロンのユニフォームには、以下のような種類があります。

● カットソー+パンツ

● チュニック

● ワンピース・ジャンパースカート

● エプロン

● エプロンドレス

どのようなユニフォームを選ぶかによって、動きやすさやデザインなどが異なります。

それでは各ユニフォームの特徴を説明していきます。

カットソー+パンツ

カットソーとパンツは、動きやすく上下に分かれているユニフォームです。

シンプルなデザインなので清潔感があり、お客様にも良い印象を与えられます。

また上下別々に洗濯できるため、定期的に洗濯したい方にもおすすめです。

エステティシャンのユニフォームにおいて、最もベーシックな服装となります。

チュニック

チュニックは、膝辺りまで長さがあるタイプのトップスです。

医療現場でも使われており、ウエスト部分が絞られるので女性らしさを演出できます。

また下半身を細く見せられるので、全体的なボディラインが綺麗になります。

上品でオシャレなユニフォームを着用したい方におすすめです。

ワンピース・ジャンパースカート

ワンピースやジャンパースカートは、女性らしさを表現できるユニフォームです。

とくにワンピースは身体が縛られず、施術中にも動きやすくなっています。

サロンのコンセプトによって最適なデザインを選べるので、カジュアルやガーリー、エレガントなど幅広いです。

ジャンパースカートはVラインになっているため、落ち着いた雰囲気を演出してお客様もリラックスしてもらえます。

エプロン

エプロンは、機能性が高く作業をするときに向いているユニフォームです。

水や汚れに強い素材で作られたエプロンもあるため、自宅サロンにも最適です。

またポケットが複数用意されているタイプなら、施術に必要なものを入れておくこともできます。

腰エプロンにして巻きスカートのように身につけることもでき、下半身を隠すことも可能です。

エプロンを着用するときは、撥水加工のされたものを選ぶようにしましょう。

エプロンドレス

エプロンドレスは、私服の上からでも着用できるユニフォームです。

パンツやスカートなどにも合わせやすく、カジュアルからエレガントな雰囲気まで演出できます。

フレアタイプのデザインなら腰回りにボリュームがあるので、体型を綺麗にカバーできます。

爽やかなカラーを選べば、お客様にも清潔感のある印象をアピールできます。

インナーを変えれば年中利用できるため、私服のように着用したい方におすすめです。

自宅サロンのユニフォーム・エプロンを選ぶ際のポイント

自宅サロンのユニフォーム・エプロンを選ぶときは、いくつかおさえておくべきポイントがあります。

自分に合ったユニフォームを選べば、お客様からの印象も良くなりリピート率も向上していくでしょう。

こちらでは、ユニフォーム・エプロンの選び方やおすすめなブランドについて詳しく紹介していきます。

ユニフォーム・エプロンの基本の選び方

ユニフォーム・エプロンを選ぶときは、以下のようなポイントをチェックしましょう。

● 高級感

● 機能性

● 手入れのしやすさ

● デザイン

それでは順番に解説します。

高級感がある見た目のものを

自宅サロンのユニフォームやエプロンを選ぶときは、高級感がある見た目を意識するようにしましょう。

お客様のなかには、非日常的な空間で特別な時間を過ごしたいと考えている方が多いです。

上品な素材や品質が良いユニフォームを選べば、特別感やブランディングを高められます。

オリジナリティを加えたいときは、ユニフォームにネーム刺繍やロゴ刺繍なども取り入れてみましょう。

機能性が高く施術の邪魔にならないものが良い

自宅サロンでは施術以外にも動き回ることが多いため、機能性が高いものがおすすめです。

汗をかいたり水に濡れたりする場合は、吸水速乾ができる素材を選ぶようにしましょう。

施術で快適な動きをしたいなら、ストレッチ性のある素材が最適です。

そのため施術中やほかの作業での動きを想定し、機能性が高いユニフォームを選びましょう。

手入れがしやすいと便利

ユニフォームを頻繁に手入れしたい方は、耐久性が高く摩耗しにくいものがおすすめです。

施術で上半身が汚れやすいときは、上下分かれたユニフォームも便利となります。

水分で濡れることが心配な方は、撥水加工がされたユニフォームが最適です。

サロンは施術で汚れる可能性が高いので、お手入れが簡単なものを選ぶようにしましょう。

スタイルが良く見えるデザインがおすすめ

お客様は美意識が高いため、スタイルが良く見せられるデザインのユニフォームがおすすめです。

スタッフから美しい姿を見せれば、お客様も憧れを抱き施術への期待も膨らみます。

スタイルが良く見えるユニフォームを選ぶときは、自分の体型に合って綺麗なシルエットを作れるものにしましょう。

施術者を綺麗に見せれば、接客のクオリティ向上やリピート率向上も期待できます。

デザイン性・機能性を重視した方にぴったりなブランド

自宅サロンのユニフォームやエプロンを導入したい方のなかには「どこで購入すればいいのかわからない」という悩みもあるでしょう。

こちらでは、デザイン性や機能性を重視したい方におすすめなブランドを紹介します。

ぜひ自宅サロンで理想的なユニフォームを見つけてください。

クラシコ

クラシコは、デザイン性と機能性が高いユニフォームを幅広く展開しているブランドです。

通気性が高く消臭機能を備えたスクラブトップスを展開しており、清潔感を常に維持できます。

また美しく見せられるVネックシャツやワンピースなどもあり、自宅サロンのコンセプトに合わせて選べます。

女性らしいオシャレなユニフォームを着用したい方におすすめです。

ジェラートピケ(クラシココラボ品)

ジェラートピケは、カジュアルな服を多く展開しているブランドです。

ユニフォームだけでなく、部屋着としても着用できる服が多くあります。

お客様が安心できる落ち着いた雰囲気のカットソーやチュニックなどが展開されています。

カジュアル感をコンセプトにしている自宅サロンにおすすめです。

クリーマ

クリーマは、ハンドメイド商品を展開しているブランドです。

700万点以上の商品が展開されており、エプロンやワンピースも販売されています。

オリジナリティの高いユニフォームを見つけられるため、自宅サロンに合ったものを広く探せます。

競合サロンにはない特別感のあるユニフォームを導入したい方におすすめです。

ビューティガレージ

ビューティガレージは、美容サロン向けの商品を取り扱うブランドです。

ユニフォームをはじめ、エステサロンで必要な商品を揃えている点が特徴です。

デザインや形、機能からユニフォームを選べるので、自宅サロンに合ったものを簡単に見つけられます。

価格帯も1万円以下な商品が多いため、リーズナブルな価格で購入できます。

サロンに必要なユニフォームや備品までまとめて揃えたい方におすすめです。

自宅サロンのユニフォームが決まらない!そんなときの対処法

さまざまなユニフォームを見てもなかなか決まらないこともあるでしょう。

自宅サロンのコンセプトや雰囲気に合わせるためには、最適なユニフォームを見つけることは難しいです。

こちらでは、自宅サロンに合ったユニフォームを見つけるための対処法を解説していきます。

今すぐできる対処法

今すぐできる対処法として、以下のようなものがあります。

● SNSやネットで探してみる

● 他のサロンのユニフォームを参考にする

それでは説明します。

SNSやネットで探してみる

ユニフォームが見つからないときは、SNSやネットで探すことをおすすめします。

とくにSNSでは写真投稿がメインのインスタグラムがあるので、ユニフォーム探しには最適です。

またインターネット検索をすれば、サロン向けのユニフォームが幅広く販売されています。

スマートフォンから手軽に探せるため、SNSやネットを活用してみましょう。

他のサロンのユニフォームを参考にする

他のサロンをチェックし、どのようなユニフォームなのかを参考にすると良いでしょう。

実際にサロンまで足を運ぶことで、施術者のユニフォームをしっかり確認できます。

機能性やデザインなどを参考にすれば、どういったユニフォームを選ぶべきなのかを自然と理解できるでしょう。

プロに頼る対処法

自分だけでは最適なユニフォームを選べないときは、プロに相談することも1つの手段です。

プロならリアルな意見を聞けるので、ユニフォーム選びのポイントを理解できます。

それでは掘り下げて解説していきます。

オーダーメイドにする

他のサロンにはない特別なユニフォームを導入するなら、オーダーメイドがおすすめです。

オーダーメイドなら服の素材や機能性などを自分で決められるので、使いやすいものを取り入れられます。

また販売がされていないため、自宅サロン独自のオリジナリティを出せます。

自分でユニフォームを作ることが難しいときは、専門の業者に依頼するようにしましょう。

コンサルを利用して相談

美容関係のコンサルタントを利用して相談することも最適です。

コンサルタントはお客様や店舗などの視点から提案してもらえるので、ユニフォーム選びに役立つアドバイスを受けられます。

また経営や施術に関する相談もできるため、自宅サロンには助けとなります。

繁盛サロン研究会®で情報交換

繁盛サロン研究会®はサロンの経営にかかわる集客方法をはじめ、物販の取り入れ方、財務管理、VIP顧客の獲得方法、売上UPへの手段など、各分野のスペシャリストが講師として二か月に一度開催されています。

このセミナーに参加する一番のメリットは、参加者同士の交流が深いところ!

集客がうまくいかないといった大きな悩みから、ユニフォームのデザインが決まらないという小さな悩みまで、参加者同士で気軽に共有できます。同業界で一緒に頑張っている仲間が増えていくことは心の支えにもなりますので、是非1度参加してみてくださいね。

【まとめ】

自宅サロンのユニフォームは、サロンの看板的な役割も果たしますから慎重に選ぶべきです。モチベーションのことを考えると、機能性だけでなくデザイン性も重視したほうが良いでしょう。どうしても決まらないときは、SNSで探したりプロの助けを借りてみてください。

エステ機器に様々な種類があり、目指すサロンによって購入する機器は変わってきます。サロンのコンセプトに沿った正しい機器の選定が重要と言えるでしょう。また、保証やアフターフォローの有無は、その後のサロンの運営に大きく関わります。

サロン開業時は、どうやってエステ機器選びをするべきか分からないことだらけ。だからこそ、機器選びだけでなくどこから購入、またはリースするかは大変重要な問題です。ワールドジャパンでは様々な種類の美容機器の取り扱いがあり、エステサロンや治療院などへの導入実績は500社以上にのぼります。

種類が多すぎて何を基準に選べばいいか分からない、サロンの方針がはっきり決められなくて機器選びができない…エステ機器選びに悩んでいたら、どんなことでも無料で相談を受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ワールドジャパン株式会社公式HPはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE