エステサロンの経営者になりたい方必見!年収や収入UP方法について解説

エステサロン経営者の年収はどの程度でしょう。儲かるのでしょうか?エリアや規模、開業してからの年数・営業形態によっても変わります。今回はエステサロン経営者や、エステティシャンの年収を、ワールドジャパン株式会社広報の鈴木が解説します。

エステ経営者の年収は平均で745万円!

エステ経営者といっても、大規模エステを目指すのか、小規模な個人エステ経営者を目指すのかによって、年収には差が生じます。
大まかな目安としては、エステ経営者の年収の平均は開業して3年目では745万円程度と言われます。ただし振れ幅がありますので、目安としては400~1,100万円と考えておくのが良いでしょう。
こちらでは、個人エステサロン経営者となった場合の年収についてご紹介しています。

個人エステサロン経営者の場合、実質的月収は35〜90万円程度

400~1,100万円と、エステ経営者の年収には大きな開きがあります。例えば、年収1,000万円というとかなり大きな金額ですが、それを実現させるためには、月あたり約83万円の売り上げが必要になります。
たとえば、顧客1人当たりの単価を1万円とした場合では、1日平均3人の顧客を施術できれば月商90万円になり、そこから必要経費を差し引いた額が月収ということになります。
個人エステサロン経営者では、ひとまず35~90万円程度が実質的な月収になると考えておくと良いでしょう。つまり、一般的な会社のOLと同等か、それよりもやや高額な月収を目安にしておく必要があるということですね。

個人エステサロン経営者の月収計算は「月商 − 経費 = 月収」

個人エステサロン経営者になるためには、まず営業スペースを確保しなければなりません。そして、1室をサロン用として賃借するのか、自宅の1室をサロン用として使用するのかによって、必要経費が異なります。
たとえば、サロン用として1室を賃借する場合では、礼金や敷金などについても視野に入れておく必要があるため、自宅の1室を使用する場合と比較した場合では、その分多くの経費が必要になりますよね?
また、個人経営とはいえ、エステサロンを経営するからには、マシンや化粧品、ベッドやシーツ類、必要に応じてガウンやタオルなども用意する必要があるでしょう。
つまり、個人エステサロン経営者の月収計算は「月商 − 経費」として捉えることが大切だということなのです。

費用には開業資金の返済も含まれる

大規模エステサロンではなく個人エステサロンを経営する場合でも、まずは開業資金を用意しなければなりません。
上記でも触れましたが、エステサロンは身ひとつで経営をスタートさせられるものではなく、マシンなどの設備投資や、化粧品をはじめとする施術に必要な備品をすべて揃えてからのスタートになります。
そして、あらかじめ軍資金を用意しておいた場合を除き、これらの設備投資や備品にかかる費用は、金融機関から融資を受けて用意することがほとんどでしょう。
ということは、毎月の経費には、開業資金の返済も含めておく必要があるということなのです。

可処分所得としては年収より多いケースもある

個人エステサロン経営をスタートするためには、確かに多くの開業資金が必要です。そして、金融機関から融資を受けた場合では、その返済も辛いと感じることがあるかもしれません。
そしてもうひとつ、経営が軌道に乗るまでの間は、可処分所得(個人の収益から税金や保険料を差し引いた金額)が年収よりも多くなるケースがあります。
それは、節税のテクニックとして、見かけの年収を低く確定申告することで支払う税金を節約することができるからです。身の回りでかかるお金を経費として計上することで、見かけの年収は減るものの、支払う税金が安くなるという仕組みです。

スタッフを雇い複数ベッドを用意すると年商が上がることも

個人エステサロンを経営するにあたって、開業当時は経営者1人で切り盛りしなくてはならないこともあるでしょう。しかし、1人で複数人の顧客を対応する場合では、1日に対応できる顧客数が限定され、月収および年収の横ばい状態が続く可能性が否めません。
そして、このような状況を打破するための対策として役立つのが、スタッフを雇い入れてベッド数を増やし、複数の顧客に対応できる環境を整えるということなのです。
それによって年収が上がる可能性が高まりますので、経営が軌道に乗ってきたのなら、そのタイミングでこの方法を取り入れてみると良いでしょう。

複数店舗展開やフランチャイズ化するとさらに収入は上がる

1日あたり大勢の顧客に対応できるようになったら、今度は複数店舗展開や、フランチャイズ展開についても検討してみましょう。
もちろん、この状況にたどり着くまでには数年間の期間を要することもありますが、店舗数が増えれば、その分だけ多くの収益も見込めます。
なお、フランチャイズでは加盟店が集まりにくい可能性が考えられますので、まずは複数店舗展開で様子を見てから、フランチャイズ展開という順番で経営を広げていく方法がおすすめです。
店舗数が増えれば、店舗の知名度も少しずつ上がる可能性がありますので、フランチャイズ展開のベースづくりとして、まずは複数店舗展開を目指しましょう。

独立してすぐのエステサロン経営者の年収は?

独立直後は月収20万円を目指す人が多い

現在エステサロンで働いて独立を考えたとき、あなたならいくらの月収を目指したいと考えますか?独立後に経営を開始した際の希望月収にはばらつきがありますが、多くの方は「今よりも高額な月収」を目指したいと考えるのではないでしょうか。
しかし、ここまででご紹介してきた通り、エステサロンの経営者として独立開業を果たしたとしても、すぐに上がらないのが月収なのです。特に、開業初月などは20万円を目標にする方が多いです。
これに関しては上記でも触れましたが、経営経験がない方が独立開業しても、あらゆる経費がかさみ、しばらくの間は目標に届かない可能性があります。
もちろん、目標月収額を高めに設定し、それに向かって頑張ることは大切です。
しかし、あまり目標月収額を高くしてしまうと、理想と現実のギャップで心が折れそうになることがありますので、まずは月収20万円、続いて30万円、そして50万円というように、2〜3年かけて少しずつ目標月収額を上げていくことをおすすめします。

独立するのに良いタイミングは?

まず、実際に独立する前には、経営学についてしっかりと学んでおきましょう。それをしておかないと、いざ収益が発生してもどんぶり勘定になり、経営が違った方向に進んでしまう可能性がありますので、この部分はかなり重要です。
また、独立開業後には個人事業主として税金などを納める義務も出てきますので、こちらもあわせて学んでおきましょう。
経営に際しては、数か月間収入が低い時期が続いたとしても、その間をしのげるだけの貯蓄をしておくことも大切です。経営がいつ軌道に乗るかについては未知数ですので、できれば1年間生活できる分の貯蓄はしておきたいものです。
これらの準備が整ったら、そろそろ独立に向けて動き出してみましょう。

一般的なエステティシャンの年収は?

経営者の収入はもちろん気になりますが、経営者となってスタッフを雇い入れる場合では、エステティシャンの年収についても大まかに把握しておく必要があります。
とはいえ、年齢や実績が異なるエステティシャンに対して同じ待遇をしていたのでは、良いスタッフが去ってしまうリスクもあります。
そうならないためには、まずは年齢や経験値などによって異なる、エステティシャンの年収についておおまかに把握しておくことが大切なのです。

エステティシャンの初任給はどのくらい?

実際に求人募集を行っているエステサロンの初任給を確認してみると、その多くは20万円前後となっていることがわかります。
もちろん、これは固定給の話ですが、エステサロンによっては固定給+歩合給、歩合給のみというように雇用形態に差が生じていることもあるのです。
あなたがエステサロン経営者としてスタッフを雇い入れるなら、まずはどのような雇用形態にするのかを、あらかじめ決定しておきましょう。
始めは固定給のみ、続いて歩合給制度を取り入れるにしても、初めにこの部分を決定しておかないと、後に混乱が起こるリスクが否めません。
また、エステティシャンの学歴についても気になるところですので、こちらもあわせて確認しておきましょう。

大卒も専門卒もあまり差がなく、月収20万円前後

エステティシャンの初任給は、大卒でも初任給でもあまり差がなく、およそ月収20万円が相場だといわれていますので、まずはこの金額を参考にして月収を決定してみてください。

一般的なエステティシャンの収入は?

エステティシャンの経験がすでにある方の場合では、資格の有無や技術の習熟度、接客テクニックなどによって差別化を図る必要があります。
たとえば、有資格者と無資格者とでは、エステの知識や技術に大きな差が出る可能性が考えられますし、接客のテクニックについてももちろん差が出るでしょう。
そして、この部分を考慮せずに求人募集を行ってしまうと、そもそも応募者が集まらない可能性が高まるのです。

平均の月給は22万から24万円程度が一般的で年収は約264~288万円

エステティシャンの初任給はおよそ20万円という話をしましたが、すでにエステティシャンの経験をお持ちの方の場合では、22~24万円が月収の相場で、年収では264~288万円が年収の相場となっています。

年齢によっても収入は異なる

エステティシャンの収入は、年齢によって差が生じることもありますが、これは経験値や経験年数、知識の差としてお考え下さい。
また、こちらでは月収についてお伝えしていますが、月収以外のボーナスなどが加算される場合には、ご紹介する限りではありません。
なお、上記でも触れましたが、こちらでも学歴はまったく抜きにして、年齢によるエステティシャンの収入の差についてご紹介しています。

20代は18万から20万円

20代は、エステティシャンとしての知識や経験値が積み上げられつつある途上であるため、一般的なエステティシャンの収入よりもやや低い設定となります。
具体的な金額についての決まりはありませんが、およそ18~20万円前後が妥当な金額だといえるでしょう。

30代は22万から24万円

エステティシャンを続けてきて30代を迎えた方の場合では、その年齢に達するまでの期間で、エステティシャンとしての知識や経験値を積み上げてきていると推測できます。
そのため、一般のエステティシャンと同等の22~24万円前後が妥当な金額として捉えておくと良いでしょう。

雇用形態によっても収入は異なる

エステティシャンの雇用形態には、正社員、派遣社員、パート・アルバイト、業務委託(出来高制の歩合給)にされています。
最も安定的な雇用は正社員ですが、派遣社員では期間で区切って雇用できる、パート・アルバイトは勤務日数や曜日を指定できる、業務委託には即戦力を求められるというメリットがあります。
では、これらの雇用形態でスタッフを雇い入れる場合の相場はどのようになっているのでしょうか。

正社員の場合の平均年収は約350万円

正社員の平均的な月収は20万円前後となりますが、正社員の場合では年2回程度のボーナス支給も加味して給与を決定する目必要があります。そして月収20万円とした場合では240万円の年収ということなりになりますが、そこへボーナス2か月分40万円×2回で、240万円に80万円が加算された場合では、およそ340~350万円の年収となります。

派遣社員の場合の平均時給はおよそ1,400円

派遣会社にはそれぞれに規定がありますが、派遣社員に支払う金額の平均値は、およそ1,400円です。ただし、派遣会社からスタッフを雇用する場合では、派遣元の会社に支払うマージンが発生するため、正社員やパート・アルバイトよりも、実質支払う金額は大きくなる可能性が考えられます。
派遣社員を雇用する際には、この点に留意した上で、雇用を検討することをおすすめします。

パート・アルバイトの場合の平均時給は990円

パートやアルバイトの最低時給は、各自治体によって定められていますので、まずはこの点について確認しておいてください。
全国平均の時給で考えるなら、およそ990円を目安にしておくと良いでしょう。

業務委託の場合は歩合給

業務委託、つまり、フリーランスのエステティシャンに業務を委託する雇用形態です。フリーランスで独立しているエステティシャンの多くは、豊富な知識と高い経験値を持っていると考えられますので、即戦力として大いに活躍してくれるでしょう。
しかし、上記でご紹介した雇用形態よりも全般的に高額な給与に設定されていることが多いため、どちらかというと、エステ経営が軌道に乗ってから検討すべき雇用形態だといえるでしょう。

地域によっても収入は異なる

時給にせよ固定給にせよ、支払う給与は各自治体の規定に則って決定する必要があるため、実際にスタッフを雇用するエリアごとに、収入は異なります。

関東近郊が高い傾向にある

都心部はどこのエリアでも収入が高い傾向にありますが、とりわけ関東近郊ではその傾向がさらに強くなります。
こちらでは、東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬を例に挙げて、年収にについてご紹介しています。

  1. 東京
    年収平均369万円
  2. 神奈川
    平均年収350万円
  3. 埼玉
    平均年収349万円
  4. 千葉
    平均年収345万円
  5. 群馬
    平均年収329万円

このように、多少のばらつきはあるものの、関東近郊エリアは平均して年収が高めです。

エステサロン経営者が年収を上げるためには?

それでは、エステサロン経営者として年収を上げるための対策についてご紹介します。

サロンのコンセプト、内装やサービスにこだわる

まず、サロンのコンセプトをしっかりと決めておきましょう。
たとえば、総合エステサロンにするのか、フェイシャル専門にするのか、あるいはフェイシャルやオイルトリートメント、痩身術など、複数の施術を取り扱うのかによって、サロンのコンセプトが異なってきます。
コンセプトをはっきりさせておかないと、実際に利用する顧客が戸惑うことがありますので、そうならないためにも、サロンのコンセプトは経営スタート前にしっかりと決めておくことをおすすめします。

他店とは違う魅力をアピールする

「店長が直接施術する」「ポイント制度を導入している」「有資格者による施術を受けられる」など、他店にとは違う魅力があるサロンは、顧客から見てかなり魅力的です。
現在、他店と差別化を図れていない状況なら、何らかの差別化できる魅力を付加して、顧客獲得に努めましょう。

資格を取得して技術の信頼を得る

資格の有無は、顧客がエステサロンを選ぶ指標になります。というのは、「有資格者による施術を受けられる」というだけで安心感が生まれ、固定客になる可能性が高まるからです。
エステの資格にはあらゆる種類がありますので、資格を取得するなら、店舗のコンセプトに合った種類に狙いを定め、合格目指して頑張りましょう。

スタッフの育成と信頼関係を築く

経営者の人柄や技術はとても大切で、人柄が良く、なおかつ高い技術力があれば、比較的早い段階で固定客がつく可能性があります。
そしてもうひとつ、サロンスタッフの育成にも尽力しましょう。
丁寧に育成すればするほど、スタッフとあなたの間には信頼関係が生まれやすくなり、業務もスムーズに運ぶはずですよ。

物販を販売して利益を増やす

エステの主な収入源は施術料ですが、さらに多くの利益を得たいなら、物販にも取り組んでみましょう。
物販に取り組んだからといって、急激に爆発的な利益が生まれるわけではありません。しかし、物販で顧客がつけば、定期的な収益も夢ではありません。
https://esthekiki.com/estheitem/

セミナー参加して、知識やノウハウをつける

経営方針に迷ったり、収益がなかなか上がらなかったりして悩んだときには、思い切ってセミナーに参加するというのもひとつの方法です。
セミナーでは、経営の基礎知識からノウハウまでを総合的に学べますので、今後の経営に役立つことは間違いありません。
なお、こちらでご紹介するセミナーはオンラインで参加できますので、時間的な余裕があまりなくても、気軽に参加できるでしょう。
https://esthekiki.com/worldjapan-esthe-college/

結論

経営者の収入やエステティシャンの収入、今後売り上げアップを目指すための方法などについてご紹介してきました。経営開始当初は、なかなか年収が上がらず歯がゆい思いをするかもしれませんが、2〜3年かけて少しずつ目標月収額を上げて行くことや、他店とは違う魅力をアピールし、セミナーなどにも積極的に参加して、知識を深めて行くことが年収UPに繋がります!

エステ機器にはさまざまな種類があり、目指すサロンによって購入する機器は変わってきます。サロンのコンセプトに沿った正しい機器の選定が重要と言えるでしょう。また、保証やアフターフォローの有無は、その後のサロンの運営に大きく関わります。

サロン開業時は、どうやってエステ機器選びをするべきか分からないことだらけ。だからこそ、機器選びだけでなくどこから購入、またはリースするかは大変重要な問題です。ワールドジャパンでは70種類以上の美容機器の取り扱いがあり、エステサロンや治療院などへの導入実績は500社以上にのぼります。

種類が多すぎて何を基準に選べばいいか分からない、サロンの方針がはっきり決められなくて機器選びができない…エステ機器選びに悩んでいたら、どんなことでも無料で相談を受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。
https://esthekiki.com/

お問い合わせ

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE