化粧品のOEMとは?メリットやデメリットについて解説!

自社でオリジナルの化粧品を販売したいけれど、化粧品OEMがよく分からない方必見です。今回はオリジナル化粧品販売をご検討中の方へ化粧品OEMについての解説とメリット・デメリットを中心にワールドジャパン株式会社の広報 鈴木が紹介していきます。

 

 

化粧品OEMとは?

化粧品OEMとは「Original Equipment manufacturer」の略で、自社ブランドとして販売したい化粧品の開発・製造などを委託することです。自社で化粧品を販売したいけれど、許可証がない場合は化粧品OEM会社に製造を依頼します。化粧品受託製造とも呼ばれ、依頼を受けるOEM会社は「化粧品製造業許可」「化粧品製造販売業許可」を所持しており、依頼内容に従って、オリジナル化粧品を製造します。

 

化粧品製造業許可と化粧品製造販売業許可

化粧品製造業許可

化粧品を製造販売するには「化粧品製造業許可」が必要となります。製造には表示・包装・保管なども含まれます。あくまでも「化粧品の製造」だけができる許可となりますので、製品を市場に出す事はできません。化粧品製造業には区分が2つあり、製造する品目の業務に応じた区分の許可を取得する必要があります。

一般区分 化粧品の製造工程の内、全ての工程を行える区分。
包装等区分 化粧品の製造工程の内、「包装(二次包装)・表示(ラベル貼付)・保管」作業のみを行える区分。

※容器への充填や製品の1次包装を行う場合、一般区分の許可が必要となります。

 

化粧品製造販売業許可

製造した化粧品は化粧品製造販売業許可を取得しなければ、市場へ出荷できません。また製品を市場へ出荷するための許可であり、この許可では製造を行うことはできません。
製造販売業者は製品に対しての最終的な責任を負う者であり、製品の品質や安全性に関する情報の収集・分析・評価を行い、必要な措置を講じることが求められます。
国内外から収集した情報から製品に何らかの問題があると判断した場合は、必要に応じて製品の回収などを行う責任があります。
また製造販売業は、市場に出荷した製品に対して全ての責任を負う者であり、化粧品製造の品質管理及び市販後の製品について管理を行うことが求められます。

 

化粧品のOEMのメリット・デメリット

メリット

低予算でオリジナルブランドを作ることができる

1番のメリットは憧れのオリジナルブランドの商品を手軽に作れることでしょう。オリジナルブランドを作るには莫大な費用がかかると思われがちですが、実際はある程度の資金があれば作ることが可能です。

在庫を抱えなくて済む

化粧品OEMのメリットは小ロットの生産が対応可能な場合が多いので、小ロットを発注することで、在庫を抱えるリスクは少なくなります。大量の在庫を抱えなくて済むので、安心して発注できます。

販売に集中できる

化粧品を自社で生産する場合は設備や人員が必要となりますが、化粧品OEMを利用すれば、本来必要となる設備や時間などが削減されるので本業の販売に集中することができます。販売や顧客対応に集中できることで、より良い企業づくりを構築できます。

工場設備を持たなくとも生産が可能

自社でオリジナルブランドの化粧品を作るには、まずは工場設備が必要となりますが、化粧品OEMでは、その工場設備や場所は必要ありません。工場設備や場所を押さえる必要がないので余計な費用や時間は不要となります。

 

デメリット

自社での生産技術が身につかない

化粧品製造を委託してしまうので、将来的に自社で製造を考えている場合はノウハウが身に付きません。

自社生産による収益が得られない

自社で製造も行う場合は生産によって、ある程度の収益を得られますが、委託した場合はその収益は得られなくなります。

情報が流れるので、将来の競合になりやすい

委託する事で情報が委託先に流れてしまうので、将来的にライバルになってしまうケースもあります。

自社製アイデアをコピーされるリスクがある

事前に契約書を締結していない場合、自社で考えたアイディアをコピーされてしまうリスクがありますので、回避するために契約書を交わしておくことをおすすめします。

 

 

化粧品OEMの最小ロット数とは?

最小ロットとは?

メーカーが製造できる一番少ない数(ロット数)のことです。メーカーにより小ロット数は異なり、最小で100個から製造できるメーカーもあります。小ロット製造のメリットは在庫を抱えるリスクが少なく済むことや、低予算でも化粧品を製造できるところです。ですが、商品1つあたりのコストは少々高くなるので、事前に計算しておくと良いでしょう。

 

最小ロットは製造する商品によっても数が異なる

主な最小ロット数
固形石鹸・ネイルなど  最小100個~
化粧水・美容液・乳液・クリーム・クレンジング・洗顔料・リップ・バームなど  最小500個~

また、メーカーにより最小ロット数は変わります。個人事業主や法人などの会社形態によっても、最小ロット数は異なりますので、予め調べておきましょう。

 

 

化粧品OEMはどのくらいの予算から作れるのか?

実際にいくらから化粧品OEMは製造できるのでしょうか。ここではおおよその費用をご紹介していきます。使用する原料や成分、容器によっても金額は変わりますので、あくまでも参考程度です。以下の表を参考にしてみてください。

【目安一覧】
化粧水・美容液など、基礎化粧品の金額目安 100個 20万円~
固形石鹸の金額目安 100個 10万円~
シャンプー・トリートメントなどのヘアケア製品の金額目安 100個 30万円~
スタイリング剤 100個~ 10万円~
ベースメイク・ファンデーション 1000個~ 40万円~
アイライナー・マスカラ 1000個~ 50万円~
アイブロウ・アイシャドウ 1000個~ 25万円~
BBクリーム・CCクリーム 1000個~ 60万円~
口紅・グロス 1000個~ 60万円~
香水・リップクリーム・ハンドクリーム・まつ毛美容液 100個~ 10万円~

 

 

【まとめ】

化粧品OEM委託は気軽にオリジナル化粧品を作ることできるので、化粧品製造に関する知識があまりなくても作ることが可能です。初めからたくさんの在庫を抱える必要もないので、試作品の製造や検討段階の製品を委託してみても良いでしょう。まずは化粧品OEM会社にお問合せを!

化粧品OEMなら、ワールドジャパン株式会社

 

https://esthekiki.com/

お問い合わせ

▼サロン経営でお困りの方、繫盛サロン研究会で一緒に学びませんか?▼

 

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE