エステサロン集客のコツは美容系集客サイトの活用がカギ!オススメ5選をご紹介します

エステサロンの経営を成功させるには、ネット集客のスキルを身につける事が必要です。ネット集客とはどんな種類があり、どんな方法をとれば上手くいくのか分からずお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ワールドジャパン株式会社の佐藤が厳選したオススメの集客サイトと活用方法をご紹介させていただきます。

エステサロン集客のための美容系集客サイト活用のメリット・デメリット

エステサロン集客サイトの活用方法と集客の為のアピールのコツとは?

エステサロンの集客を成功させるためには、まずサロンの存在を多くの人に知ってもらう必要があります。
エステサロン業界は「開業後1年以内に閉業するお店が約6割」と言われているほど厳しい世界。開業自体は国家資格なども必要ないため比較的簡単に出来ますが、本当に難しいのはオープンした後です。
閉業するサロンの多くが集客に失敗し、そのまま廃業というパターンが多いので、サロン経営を成功させるためには集客に力を入れましょう。
サロンの集客方法には、自社ホームページの作成やSNSでの発信、チラシの作成など様々なやり方がありますが、中でもおすすめしたいのが集客サイトの活用です。
代表的なエステサロン集客サイトといえば「ホットペーパービューティ」などがあります。美容系ポータルサイトとも呼ばれ、サロンの存在を多くの人にアピールできるので、集客を考える上でぜひ利用したいツールの一つです。
とはいえ、サロンを開業したばかりの人やネットにあまり詳しくない人は、集客サイトについてよく理解出来ていないかと思います。
まずはエステサロン集客サイトとは何か、どんな仕組みになっているのか詳しく見ていきましょう。

 

エステサロン集客サイトとは

エステサロンの集客用として利用するサイトは、いわゆる「美容系ポータルサイト」と言われるものです。
ポータルサイトとはweb上にある様々なページの入口となる巨大なサイトのことで、元々、検索サービスを提供していたサイトがジャンル別にwebサイトのリンクをまとめたことからポータルサイトは生まれました。
ポータルサイトには様々な種類があり、主に以下の7つに分類されます。

総合型ポータルサイト ニュースや天気情報など生活上で必要な情報が掲載されているサイト。Yahoo!Japanなどが代表的。
専門型ポータルサイト 健康や不動産、弁護士などそれぞれの分野に特化した情報がまとめられている。健康ポータルサイトのe-ヘルスネットなどが代表。
検索型ポータルサイト 検索エンジンに特化したポータルサイト。交通情報や天気予報などのサービスを中心に提供している。
地域型ポータルサイト 特定の地域に特化した情報を掲載したサイト。観光名所や求人、病院情報などその地域の人に役立つ情報を発信している。
目的型ポータルサイト 婚活サイトなど、目的を実現するために情報を提供しているサイト。何かの目的のために情報やコンテンツを提供している。
ショッピング型ポータルサイト 買い物に関する情報を中心に発信するサイト。モール型ECサイトとも呼ばれる。
ブログ型ポータルサイト ユーザーのブログをまとめたサイト。Amebaブログなどが代表。

他にも企業の情報を社内向けに発信している社内ポータルサイトや、ユーザー同士の交流を目的としたコミュニティ型ポータルサイトなどもあります。
このように、ポータルサイトにはたくさんの種類があるのですが、エステサロンの集客で活用するのは美容系ポータルサイトです。
美容系ポータルサイトは、全国各地のサロン情報をまとめた総合サイトのことで、近隣のサロンを検索したり、予約状況を確認したりできる他、施術メニューや口コミといった情報も掲載されます。
美容系ポータルサイトで自分のサロン情報を発信することで、集客率アップが期待できるので上手に活用しましょう。

 

集客サイトで自分のエステサロンをアピールするコツ

集客サイトで自分のエステサロンをアピールする際のポイントは主に以下の3つです。

  • ターゲットを明確にする
  • 売れ筋のメニューを掲載する
  • 店舗の雰囲気が分かる写真を載せる

それぞれ詳しく解説します。

ターゲットを明確にする

エステサロン集客においてもっとも重要なのは、ターゲットを絞ることです。まずは「どんな人にサロンを訪れてほしいか」を考えましょう。

特にエステサロンの場合、脱毛やマッサージ、リラクゼーションなど種類が多いため、ついつい多くのメニューを掲載してしまいがちですが、それではお店の強みやコンセプトが伝わりにくいため逆効果です。

ターゲットを明確にするためにも、

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 居住地
  • お客様が抱える悩み

といったペルソナ像を細かく設定し、ペルソナに合ったメニューや情報を発信していきましょう。

ターゲットを絞り込むということは、集客の入口を狭くすることにもなってしまいますが、長期的な運営を考える上ではリピーターの獲得が非常に重要です。

より効果的なアプローチでリピーターを獲得するためにも、ターゲットの明確化は必須です。

売れ筋のメニューを掲載する

ターゲットを明確にした上で、店舗で一番売れているメニューを掲載しましょう。

集客サイトを利用する最大の目的は、「お客様に来店してもらうこと」です。ターゲットを明確化しリピーターを増やすことはもちろん大事ですが、それ以前にお店に足を運んでもらえなければ意味がありません。

そのため、サロンで売れ筋のメニューをどんどんアピールして、来店数アップを狙いましょう。

店舗の雰囲気が分かる写真を載せる

集客率アップのカギとなるのが、サロンの店舗写真です。

写真はエステサロンのイメージを左右する重要なポイントなので、特に力を入れなくてはいけません。

サロンの雰囲気や魅力が存分に伝わる写真を選びましょう。「このサロンに行ってみたい」「エステを受けてみたい」と思ってもらえるような写真選びが大切です。

清潔感があってオシャレな店舗写真や、高級感のある写真など、お客様にマイナスなイメージを与えないものを掲載しましょう。

出来れば、店舗写真はプロのカメラマンに撮影してもらうのがおすすめです。

 

集客サイトを活用するメリット

続いて、集客サイトを活用する3つのメリットをご紹介します。

メリット①目的が明確な人への集客が見込める

集客サイトを利用することで、目的が明確な人へのアプローチが出来るため、集客率アップが期待できます。
ポータルサイト内では、メニュー別やエリア別などの条件を指定して検索できるため、店舗名を知らない人にも自社サロンの存在をアピールできます。

特に美容系ポータルサイトは利用者も多いため、多くの人の目に留まりやすく、自社ホームページやブログで情報を発信するよりも効率的に集客できる点が魅力です。

メリット②自社サイトなしでもネット予約がとれる

ポータルサイトには、オンライン予約や予約状況の管理、口コミやサロン情報の発信といった様々な機能が備わっています。

中でもオンライン予約が可能な点は大きなメリットの一つ。24時間いつでも予約が出来るため、ユーザー獲得の機会を増やせる点がメリットです。

特に予約機能を自社サイトやホームページに搭載することは容易ではありません。

コストや手間もかかるので、自社サイトがなくてもネット予約が可能な点はポータルサイトならではの強みと言えるでしょう。

メリット③情報発信の場として活用できる

また、ポータルサイトには予約機能をはじめ、口コミ情報やお店のキャンペーン情報、自社ブログの掲載といった様々な機能が搭載されています。

そのため、情報発信の場として活用できる点もメリットです。

お客様が知りたいであろう情報を掲載出来るので、お店の存在だけでなくサロンの強みや魅力もアピールできます。

 

集客サイトを活用するデメリット

ポータルサイトを活用することで集客率アップが見込めますが、集客サイトにはデメリットもいくつかあります。

続いて、集客サイトを利用するデメリットをご紹介します。

デメリット①ランニングコストがかかる

ポータルサイトを利用するデメリットはランニングコストがかかる点です。

毎月継続的に広告費を支払わなくてはいけないので、長く使えば使うほどコストがかかります。

無料で利用できるものもありますが、有料のものに比べるとやはり機能が劣っていたり、宣伝効果が弱かったりするので、どうしても差が出てしまいます。

例えば美容ポータルサイトの中でも有名な「ホットペッパービューティー」などは、プランによりますが、掲載費用が50万円を超えるものもあります。

広告費を上回る売り上げが見込めなければ、集客サイトの利用料金だけで赤字となってしまう恐れもあるので注意が必要です。

デメリット②高額な掲載費用を支払うエステサロンに有利

美容ポータルサイトといっても様々なサイトがあり、料金やプラン、使える機能も異なります。

当然ながら掲載費用の高いプランほど優遇されるので、集客効果が高い位置や目立つ場所へ掲載される仕組みとなっています。

となると高額な掲載費用を毎月支払えるのは資金力のある大手サロンに偏ってしまうので、個人経営のサロンや開業したてのサロンは不利になる可能性が高いと言えます。

デメリット③悪い口コミが集客を下げてしまう可能性がある

口コミやレビューを掲載できる点は、メリットでもありデメリットにもなり得ます。
悪い口コミや悪意のあるレビューを書き込むユーザーも一定数存在するので、マイナスな口コミが集客率を下げてしまう可能性も。
口コミによってお店の評判を左右するリスクがある点も理解した上で利用しましょう。

 

 

エステサロンにオススメな美容系集客サイト5選をご紹介!

ホットペッパービューティー

美容系ポータルサイトと言えば、サロン業界でも有名な「ホットペッパービューティー」。

リクルートライフスタイルが運営する国内でも最大規模の集客サイトです。

全国のサロン情報をはじめ、ネット予約や検索、お役立ち情報などを掲載しています。

掲載費用は2万円~50万円となっているようですが、正確な料金に関しては明記されていないので問い合わせてみてください。

プランや料金によっても異なりますが、最も安いものであれば月々数万円から掲載することも可能です。

ただし、上位表示してもらえない可能性があるので集客効果が低い点がデメリット。

ホットペッパービューティーは知名度も圧倒的に高いため、活用すれば大幅な集客率アップが狙えますが、掲載費用は決して安くないので、売り上げや資金力に応じて検討してみてください。

 

Eパークビューティー

3,000万人以上もの圧倒的な会員数を誇る「EPARKビューティ」。

Googleと提携しているので、Googleの検索結果やマップに登録した店舗情報などからサロンの予約が出来ます。

また、店舗ページはEPARKビューティが全て代行して制作してくれるため、作業の手間がかからない点も嬉しいポイントです。

さらにビジネスプロフィールの順位計測や、管理・分析といったツールも搭載されており、様々な機能を活用できます。

HP予約やGoogleで予約を経由した場合には費用も発生しないので、低コストで高い集客効果が期待できるでしょう。

20代~50代の女性に知名度が高く、利用者も多いためおすすめの美容ポータルサイトです。

 

ビューティーパーク

ビューティーパークもおすすめの美容ポータルサイトです。

国内でも知名度が高く人気のサイトで、掲載費用自体は無料となっています。

予約が入った場合のみ1件あたり1,000円の手数料を支払えばいいので、成果報酬型で資金に余裕がなくても利用しやすい点が魅力と言えます。

フリーワード検索や店舗の施術メニュー、求人情報や口コミなど機能も充実しているので、なるべくコストをかけずに集客サイトを利用したいという人にはイチ押しの集客サイトです。

 

楽天ビューティ

大手楽天グループが提供する「楽天ビューティ」は、月間アクセス数150~200万件を誇る、美容ポータルサイトです。

ビューティーパーク同様、成果報酬型となっているので無料で掲載出来る点が魅力です。

予約件数に応じて広告費用が決まるため、無駄なコストを省いて効率的に集客できます。

楽天ユーザーのサロン誘導も見込めるので、高い集客効果が期待できるでしょう。

 

エキテン

無料ポータルサイトの中でもおすすめしたいのが「エキテン」です。

エキテンは美容サロンに限らず、様々な業種のお店が掲載されているのが特徴で、国内でも最大級のポータルサイトです。

無料でサロンの掲載が可能で、アクセス分析やクーポンの発行といった機能も使えます。

ただし無料で使える分競合率も高いため、上位表示させるには、有料プランへのアップグレードがおすすめです。

最安月額5,000円~利用できるので、有料プランの利用もぜひ検討してみてください。

また、エキテンはユーザーの口コミを重視する特徴があるため、「レビュー評価の高い順」や「口コミの多い順」に表示されます。

良い口コミをたくさん集めることができれば、無料プランでもそれなりの集客効果が得られる点もエキテンならではの強みと言えます。

 

 

エステサロンのネット集客には自社サイトの制作を合わせて行うとより効果的

エステサロンの集客すべての窓口となるサロンホームページを持ちましょう

集客サイトの活用はもちろん、ネット集客を成功させるためには自社サイトの制作を併せて行うとより効果的です。
自社のサロンホームページを持つことで、ポータルサイトの集客効果と併せて、より多くのお客様にお店の存在を知ってもらうことができます。
ここでは自社サロンページを制作するメリットと、ホームページの開設方法を詳しくご紹介します。

エステサロンのアピールができる最大の場になる

サロンホームページは、自分のお店を知ってもらうための窓口となる場所です。

今やネットは欠かせないツールの一つなので、何か疑問や知りたいことがあれば何でも検索できます。
多くの女性がネットでサロン情報を常に検索しているので、ネットを介してホームページを見てもらうことで新規顧客の獲得に繋がります。
さらにwebマーケティングの知識がある方なら、SEO対策を行うことで自社ホームページへの上位表示や、アクセス数アップも期待できます
自分のホームページなら、お得なキャンペーン情報やメニュー内容、クーポンやイベントといった様々な情報も自由に掲載できるので、新規顧客だけでなく既存のお客様にもお店の魅力を発信し続けられるでしょう。
リピーターを増やすためにも自社サロンのホームページを持つことは大切です。

集客サイト・SNS・チラシすべての窓口にできる

集客サイトをはじめ、SNS、チラシなど、自社ホームページはすべての窓口として機能してくれます。
ホームページを作成し、そこへ誘導するための集客サイトやSNS、チラシなどと組みわせることで、さらに高い集客効果が期待できます。
また、サロンをアピールする方法としてチラシなどの紙媒体も有効ですが、コストや制作の手間を考えると、頻繁にはできません。
その点ホームページなら、一度制作してしまえばお店の新情報を常に発信できるので、低コストで済む点もメリットと言えます。

常に最新のお知らせを制限なしに発信できる

自社ホームページでは、サロンに関する全ての情報を自由に発信できます。
集客サイトやSNSには文字数制限などがあり、必要な情報を全て掲載できないこともあります。
サイトによってはページのデザインが決められているものなどもあるので、お店の雰囲気にマッチしないこともあるでしょう。
その点、自社ホームページならデザインにもこだわれますし、サロンの魅力や、最新情報、キャンペーン情報など掲載したい内容を制限なく発信できるところがメリットです。

 

サロンホームページ開設の方法

続いて、エステサロンホームページを開設する際の3つの方法をご紹介します。

ホームページ制作ソフトを使用する

自社ホームページを開設する方法として、ホームページ制作ソフトを活用するのもおすすめです。
代表的なホームページ制作ソフトは、

  • Wix
  • Jimdo
  • グーぺ
  • haik
  • SITE123

などなど。テンプレートを選び、画像や文章を入力していくだけで簡単にホームページが作れるので、サイト制作に不慣れな人や知識がない人でも安心です。
中には無料のまま使えるものもあるので、自分に合ったソフトを探してみましょう。

WordPressを使用する

WordPressを活用する方法もおすすめです。
「サイトやホームページ制作ならWordpress」といっても過言ではないくらい、知名度が高く利用者も多いツールの一つです。
デザインも無料で使えるものが多く、SEOに役立つプラグインや機能も搭載されています。

カスタマイズの自由度が高く、ある程度ホームページ制作に知識のある方なら、クオリティの高いサイトが作れます。
ただし、開設時にサーバーやドメインを準備しなくてはいけないので、中級者向けと言えます。
サーバーをレンタルする際に費用がかかりますが、ホームページの運営自体にはそこまで費用はかからないため、コストをなるべく抑えたという方は、Wordpressの利用も検討してみましょう。

制作会社に依頼をする

ホームページ制作会社を利用するのも一つの方法です。
費用はかかりますが、プロにお任せすることでハイクオリティなホームページを持つことができます。
制作における作業の手間も省けるので、資金に余裕があるならお願いしてみましょう。
制作会社に依頼する場合は、ホームページ制作実績が豊富な会社や、サロン向けの集客を得意とする会社を選ぶのがポイントです。

 

 

エステサロンのネット集客ノウハウを教えてくれるセミナーをご紹介

エステサロンのネット集客で活用する媒体選びを終えただけでは、すぐに集客には繋がりません。
せっかく用意した各媒体を無駄にしないためにも、ネット集客について更に学んでいく必要があります。
下記でオススメするセミナーでは、コロナ禍でも効果的な集客の仕方や、時代に合わせた最新の手段を常に発信していますので、特にオススメです。

 

繁盛サロン研究会®

サロンの経営にかかわる集客方法をはじめ、物販の取り入れ方、財務管理、VIP顧客の獲得方法、売上UPへの手段など、各分野のスペシャリストが講師として二か月に一度開催されています。
このセミナーの最大の魅力は、各業界での著名人が講師であるにもかかわらず受講料が安く、即実践できる内容でありコストパフォーマンスが高いことです。
会場参加とオンライン参加が選べますので、会場から遠い地域にお住まいの方でも気軽に受講できます。
1年間通して全6回のセミナーの他、特別セミナーも開催していますので、まずはお試しで受講するのも良いでしょう。

>>繁盛サロン研究会®セミナーのお申込みはコチラから
https://esthekiki.com/kenkyukai02/

 

 

【まとめ】

本記事では、エステサロンのネット集客について、オススメの美容系集客サイトをご紹介させていただきました。また、同時にサロンホームページを持つことでより効果的なネット集客が可能となります。新しい顧客獲得のために、是非両方を上手く活用してください。

 

 

▼サロン経営でお困りの方、繫盛サロン研究会®で一緒に学びませんか?▼
繫盛サロン研究会®

エステ機器に様々な種類があり、目指すサロンによって購入する機器は変わってきます。サロンのコンセプトに沿った正しい機器の選定が重要と言えるでしょう。また、保証やアフターフォローの有無は、その後のサロンの運営に大きく関わります。

サロン開業時は、どうやってエステ機器選びをするべきか分からないことだらけ。だからこそ、機器選びだけでなくどこから購入、またはリースするかは大変重要な問題です。ワールドジャパンでは様々な種類の美容機器の取り扱いがあり、エステサロンや治療院などへの導入実績は500社以上にのぼります。

種類が多すぎて何を基準に選べばいいか分からない、サロンの方針がはっきり決められなくて機器選びができない…エステ機器選びに悩んでいたら、どんなことでも無料で相談を受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ワールドジャパン株式会社公式HPはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE