サロンの名前の決め方を徹底解説

 

エステサロンを開業する際に悩ましいのが「サロンの名前の決め方」ではないでしょうか?サロン名はお客様が最初に目にするものであり、サロン名によってお店の知名度が変わる位、重要なこと。今回はワールドジャパン株式会社の鈴木が売れるサロンの名前の決め方をこれから開業されるサロンオーナー様へ詳しく解説していきます!

流行るエステサロンの名前 

エステサロンの名前は看板なので、お客様に認識してもらいやすいものにする必要があります。
サロンの名前を決めるときは、以下のポイントを意識して考えてみましょう。

● コンセプトの明確化
● 覚えやすいサロン名
● トレンドのキーワード

それでは順番に説明します。

コンセプトを明確にしている

エステサロンの名前を決めるときはコンセプトを明確にする必要があります。
コンセプトがないとターゲットを絞れないので、店舗の集客率にも大きな影響が出てしまいます。
サロンのコンセプトを決めるときは統一感を持たせて寄せていくことが大切です。
それでは掘り下げて解説をしていきます。

サロン名とコンセプトは統一感を持たせる

集客したいターゲットからコンセプトが決まれば、統一感のあるサロン名を考えていきましょう。
コンセプトがわかりやすい名前をつけると何を提供しているのかがわかりやすいので、ほかのサロンとの差別化にもつながります。
名前を決めるときにオシャレな英語を使ってしまいがちですが、コンセプトに合っていなければ違和感が生まれてしまいます。
そのためサロン名はコンセプトとの統一感を持たせて決めるようにしましょう。

コンセプトに合わせてサロン名を寄せていく

集客に成功しているサロンはコンセプトに合ったサロン名をつけています。
例えばリゾートな雰囲気がコンセプトなら、サロン名もハワイ語に寄せていくと最適な名前となります。
しかし日本語以外の名前は読みやすさやわかりやすさに影響が出るので、あまり難しい名前をつけることはNGです。
コンセプトにサロン名を寄せながらも理解しやすい名前を意識しましょう。

覚えやすいサロン名にする

エステサロンの名前はお客様に知ってもらうためにあるので、覚えやすいかどうかは重要なポイントです。
インターネットからサロンを予約する人も多いため、わかりにくい名前では検索が難しくなってしまいます。
サロンの名前をつけるときは「親近感」と「名前の短さ」を意識してください。
それでは詳しく説明します。

お客様が覚えやすいサロン名で親近感を与える

人気があるエステサロンに共通しているのは、覚えやすい名前であることです。
大手エステサロンも「エルセーヌ」や「ラ・パルレ」、「シーズ・ラボ」など誰でも覚えやすい名前にしています。
覚えやすい名前はお客様に親近感を与えるので、結果的に集客へとつながりやすくなります。
そのため名前を決めるときには、大手サロンや身近なサロンを参考にしてみましょう。

短くて誰でも読める名前が最適

短くて誰でも読める名前は覚えやすさに直結します。
世界の大手企業を参考にすると「アップル」や「マクドナルド」、「ケンタッキー」など誰でも一度は聞いたことがあり、名前を聞いただけでどんな企業なのかを理解できます。
逆に名前が長くなると覚えることが難しいので、店舗名を検索するときにも面倒です。
前述で説明したサロンのコンセプトから短くてわかりやすい名前を考えてみましょう。

トレンドのキーワードを入れる

エステサロンの名前が決まらないときは、現在トレンドになっているキーワードを入れてみるのも1つの手段です。
トレンドのキーワードはネットから検索もされやすいため、ホームページやSNSからの集客を期待できます。
こちらでは、人気のキーワードを入れるノウハウについて詳しく解説していきます。

世の中で流行しているキーワードを入れると注目度UP!

時代によって流行しているキーワードは常に存在します。
また年齢層によってもトレンドのキーワードは異なるので、サロンに来てほしいターゲットに合った名前にすると効果的です。
例えば2021年の流行キーワードには「ゴン攻め」、「Z世代」、「うっせぇわ」などがありました。
このようなキーワードを駆使することで注目を引くサロン名となるでしょう。
注意点として流行のキーワードは時代が進むと古くなってしまうので、あまり寄せすぎないように気をつける必要があります。

流行り言葉や略す言葉など

流行り言葉や略語をサロンに入れることも効果的です。
例えば「草」や「ぴえん」など現代らしい言葉は馴染みやすいので、若い世代を中心に注目を集めます。
どのようにサロン名へ入れるのかを試行錯誤する必要はありますが、アイデア次第ではうまく利用できます。

サロン名を付ける際のポイント

エステサロンの名前をつけるときは、以下の5つのポイントをチェックしてください。

1. 近くに同じ名前の競合店がないかチェック
2. 商標登録されていないサロン名にする
3. ドメインが取得できるか確認
4. サロンの業種+サロン名にする
5. SNSを意識したサロン名にする

それでは順番に解説します。

ポイント① 近くに同じ名前の競合店がないかチェック

エステサロンの名前をつけるときは、近くのサロンと同じ名前にならないかチェックが必要です。
知らないうちに名前が同じになっていると、お客様も困惑してしまう恐れがあります。
それでは同じ名前になったときの注意点について説明していきます。

同じ名前のサロン名は既存店のイメージが強いので避けたい

サロンを開業する前に同じ名前のサロンがあると既存店のイメージが強くなってしまいます。
同じ名前だとWeb集客も不利になってしまい、考えたコンセプトイメージが定着しないなどのデメリットがあります。
そのため事前にインターネット検索から考えている名前と同じサロンがないかチェックが必要です。
近隣にも同じ名前のサロンがないか調査するようにしましょう。

異業種の店舗でもネーミングが重なることに注意

エステサロンに同じ名前がなくても異業種の店舗で重なっていることもあります。
業種が違うとしても名前が同じであればインターネット検索で表示されることが難しくなります。
とくにGoogleやYahoo!といった検索エンジンからの集客を考える場合、同じような名前が複数表示されると集客へつなげることが困難です。
エステサロンだけでなく、異業種の店舗も名前が同じになっていないかチェックしておきましょう。

ポイント② 商標登録されていないサロン名にする

同業種や他業種と同じ名前にならないようにするには、商標登録がされていないサロン名を用意するようにしましょう。
商標登録をすれば認知度が高まり信用度も向上するので、安定した経営を続けられます。
こちらでは商標登録に関する情報について詳しく説明していきます。

商標権を取得すれば名前を利用する権利を得られる

日頃見かける名前には企業が商標を取得していることが多く、権利によって使用が認められています。
商標権のある名前は、第三者が同じような商品やサービスに名前を使用することができません。
そのため商標権を取得すると権利に守られた名前が使えるため、サロンのイメージを高めることにも役立ちます。

商標登録をすれば間違った風評被害を防げる

サロンの名前を商標登録すると思わぬトラブルを回避することができます。
もし同名のサロンが何らかの問題を起こした場合、間違った風評被害によって経営にも悪影響を及ぼす恐れがあります。
商標登録をすれば同じ名前を使われることもないので、このようなトラブルに悩まされる心配もありません。
インターネットには商標登録がされている名前を検索できるサイトがあるので、考えていた名前が登録されていないか事前にチェックしておきましょう。

ポイント③ ドメインが取得できるか確認

エステサロンの運営をするためにホームページの開設を考えている方もいるのではないでしょうか。
ホームページがあればサービスの提供内容、住所、料金などを紹介できるので、高い集客効果を期待できます。
しかしホームページを作成するには「ドメイン」というものが必要になります。
なぜドメインの取得が必要なのかを説明するので、ぜひ参考にご覧ください。

ホームページ作成にはドメインサイトが必要

ドメインとは、インターネット上の住所のことです。
インターネットでサイトを見たときに「〇〇.com」のような表示になっている箇所がドメインとなります。
ドメインはWebサイトがどこにあるかを判別するために必要なので、サイト運営には欠かせない存在です。
インターネットにはドメインを簡単に取得できる「お名前.com」というサイトがあるので、サロンに合ったドメインを探してみてください。

ドメインの取得は早い者勝ち

ドメインは誰でも取得することができますが、設定したいドメインによっては誰かに使われている可能性があります。
ドメインの取得は早い者勝ちとなっているため、使いたくても取得できないものが存在します。
ドメインの使用は有効期限が切れるまで利用できるので、権限のある人が消去しないかぎり取得はできません。
そのため自分のエステサロンを連想させるドメインを取得できるのかを事前にチェックしておきましょう。

ポイント④ サロンの業種+サロン名にする

エステサロンの名前に悩んでいるときは、サロンの業種とサロン名を合わせることもおすすめです。
名前に業種を入れることによってどんなサービスを提供しているのかを理解しやすくなります。
それでは業種を追加したサロン名について詳しく説明します。

具体的な業種名を入れるようにする

サロンの名前に業種を入れるときは、より具体的な内容を入れるようにしましょう。
例えば「痩身サロン〇〇」や「リラクゼーションサロン〇〇」のようにサロンでも何のメニューを提供しているのかわかりやすいものが最適です。
ターゲットをピンポイントに狙えるため、高い集客効果を期待できます。

ポイント⑤ SNSを意識したサロン名にする

インターネットが普及している昨今、SNSを使ってサロンをアピールすることも大切です。
SNSの利用者は年々増加傾向にあるため、うまく使えば新規のお客様を獲得できます。
こちらでは、SNSを意識したサロン名について解説していきます。

近年はSNSでの検索が主流

近年ではインターネット検索をするのではなく、SNSから検索をする人が増加中です。
そのため検索されそうなキーワードを含んだ名前をつけることでサロンを知る機会を与えられます。
例えば「痩せる」、「綺麗」、「美意識」などサロンを連想させる名前を入れると検索に引っかかりやすくなります。
SNSでは名前を自由に変更できるので検索を意識したものにしてみましょう。

SNSの検索を重視するなら記号は避ける

インスタグラムやTwitterといったSNSでは、ハッシュタグ検索から記号を使うことができません。
検索から新たなお客様を獲得したいのであれば、ハイフン(-)などの記号は避けるようにしましょう。

よく使われる外国語のサロン名

エステサロンのコンセプトによっては、日本語だけでなく「英語」や「ハワイ語」、「フランス語」などの名前を利用しても良いでしょう。
それぞれのパターンに分けて詳細を説明していきます。

英語

日本でも馴染みがある英語は、エステサロンだけでなく他業種でも多く使われています。
国際的にも一番伝わる言語となっているので、国内をはじめ海外でも広く認知されている点が特徴です。
サロンでは美しさを表現する言葉が主流となっており「flower(花)」や「dream(夢)」「change(変化)」などが人気です。
英語で名前をつけるときはアルファベットの表記が合っているかをチェックし、わかりやすく短いものにしましょう。

ハワイ語

ハワイアンテイストや海のサロンをコンセプトとするならハワイ語がおすすめです。
ハワイ語は可愛さがあって覚えやすいので、お客様への理解度を高められる特徴があります。
とくに日本では、アロハやウクレレなどの言葉に馴染みがあります。
美容業界では「ロミロミ」というオイルマッサージもあるので、扱うメニューに合わせた名前にするのも良いでしょう。
サロンにリゾート感のある雰囲気を出したいのであればハワイ語で名前をつけてみましょう。

フランス語

オシャレさをコンセプトにしているならフランス語もおすすめです。
とくに美容業界ではフランス語を使った名前が多く、エステサロンのイメージを印象づけることに向いています。
カジュアルから高級感のある店舗まで幅広く合わせられるため、名前もつけやすい点が特徴です。
よく使われるフランス語には「 reconnaissance(感謝)」や「merci(ありがとう)」、「 plaisir(喜び)」などがあります。
美容業界ではフランス語が使われることが多いため、他店と同じ名前になっていないかインターネットから検索してみましょう。
また集客のためには名前の呼びやすさや覚えやすさも意識することが大切です。

【まとめ】

サロン開業時にサロン名を決めるのはとてもワクワクしますね。
しかしながら1度決めたサロン名はずっと続くものとなり、サロンの顔となるので慎重に決めましょう。
変更する際は費用もかかってしまうので、要注意です。
商標登録は出来る限り行っておくことをおすすめします。
お客様から愛される素敵なサロン名を付けて、人気のサロンにしましょう。

▼サロン経営でお困りの方、繫盛サロン研究会®で一緒に学びませんか?▼
繫盛サロン研究会®

エステ機器に様々な種類があり、目指すサロンによって購入する機器は変わってきます。サロンのコンセプトに沿った正しい機器の選定が重要と言えるでしょう。また、保証やアフターフォローの有無は、その後のサロンの運営に大きく関わります。

サロン開業時は、どうやってエステ機器選びをするべきか分からないことだらけ。だからこそ、機器選びだけでなくどこから購入、またはリースするかは大変重要な問題です。ワールドジャパンでは様々な種類の美容機器の取り扱いがあり、エステサロンや治療院などへの導入実績は500社以上にのぼります。

種類が多すぎて何を基準に選べばいいか分からない、サロンの方針がはっきり決められなくて機器選びができない…エステ機器選びに悩んでいたら、どんなことでも無料で相談を受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ワールドジャパン株式会社公式HPはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE