エステティシャンの仕事はなくなる?独立を目指すなら将来性をチェック

これからエステティシャンの仕事をしたいと考えている方は「将来的にも続けていけるか心配」といった悩みをお持ちではないでしょうか。一部ではエステティシャンの仕事はなくなる可能性があるといわれているため、不安を感じている人も多いと思います。せっかく仕事をするならこれからもずっと続けていける仕事を選びたいですよね。今回はエステティシャンの仕事をしたいと考えている方に向けて、ワールドジャパン株式会社の鈴木がエステティシャンの仕事がなくなるといわれる理由から現状と将来性、具体的な仕事内容まで詳しく解説していきます。

コロナ禍の中、エステティシャンの仕事はなくなるのか?

エステティシャンを目指すうえで今後も仕事があるのかは重要なポイントです。
エステティックサロンの傾向や需要率を理解することで、将来的な方向性も固まっていくでしょう。

それでは詳しく説明します。

エステティックサロンの傾向

エステティシャンを目指すなら、現在のエステティックサロンがどのような傾向にあるのかを理解しておくことが大切です。

近年コロナウイルスの影響から、エステティックサロンにも徐々に変化が起きています。

現時点では、以下のような傾向があります。

・競合店舗が多い

・セルフエステサロンの急増

・美容医療の価格低下

具体的に説明していくので、ぜひ参考にご覧ください。

競合店舗が多い

現在美容に関する店舗はコンビニよりも多いといわれています。
理由としては、ヘアサロンやアイティッシュサロンなどを除いて資格がなくても開業できるからです。

はじめるためのハードルが低いため、エステサロンの競合店舗が増える傾向にあります。

また自宅サロンとして開業する人もいるので、美容業界は飽和状態にあるといわれています。

そのためエステティシャンとして独立や開業を考える場合、新規参入することが難しい職業です。

しかしお店のコンセプトやお客様のターゲットを絞ることで競合店舗との差別化を図ることもできます。

どうすれば競合店舗に負けないお店になるのかを考えることが、エステサロンとして生き残るうえで重要となります。

セルフエステサロンの急増

新型コロナウイルスの影響から、人と接触せずに自分でできるセルフエステサロンが増えました。

セルフエステサロンとは、お客様が自分で施術マシンを使えるサロンです。

例えば脱毛機器や痩身機器、美顔器など求める内容に合わせて利用できます。

運営側はマシンの導入にコストが必要ですが、人件費は一切かからないので毎月の固定費が安くなるメリットがあります。

一方で通常のエステサロンは、スタッフの採用や教育、マネジメントをしなければいけないので時間と人件費が必要です。

全体的な効率性を考えれば、セルフエステサロンの需要はこれからも増える傾向にあります。

そのためエステティシャンでしかできないサービスや接客を取り入れることが重要になっていきます。

美容医療の価格低下

美容医療の価格低下により、エステサロンよりも美容医療機関に通う人が増えました。

また女性だけでなく男性の利用者も増えるようになったので、男性向けの美容医療を取り入れている美容医療機関も多いです。

美容医療が誰でも利用しやすくなったことで需要率は増え、逆にエステサロンの需要は低くなりました。

しかしリラクゼーションとしての役割は未だ需要があるため、エステサロンがなくなることは現時点ではありません。

美容医療の需要をエステサロンに戻すことが今後の課題となるでしょう。

エステティックサロンが無くならない理由

エステティックサロンがなくなるといわれていますが、逆に「エステサロンは絶対になくならない」ともいわれています。

その理由として、以下のような点が考えられます。

・通いやすさ

・資格が必要ないため独立しやすい

・美容への需要はなくならない

それでは詳しく解説します。

通いやすさ

美容医療は価格低下によって通いやすくなりましたが、予約の多さから混雑していたり長時間待たされたりします。

エステサロンは予約なしですぐに入れるサロンや当日予約OKなどが増えてきているため、誰でも気軽に通いやすくなっています。

時間が空けば気軽に利用できるので、通いやすさではエステサロンのほうが強いです。

またセルフエステサロンが急増したことから、現在よりもより通いやすいお店になると考えられています。

資格が必要ないため独立しやすい

エステティシャンには資格が必要ないので、経験さえあれば誰でも独立できます。

実際に資格を取得せずに独立しているエステティシャンは多く、現在でも経営を続けている人はいます。

もちろんエステティシャンとして独立するには施術や接客、経営面の知識や技術が必要不可欠です。

そのためエステサロンでスタッフとして経験を積み、計画を立てて独立する人が多いです。

独立へのハードルは低いため、すぐにでもエステサロンを開業することは十分可能となっています。

美容への需要はなくならない

男女や年齢を問わず、美容への需要はいつの時代もなくなりません。

例えばムダ毛や肌のトラブル、体型など悩みを抱える部分は人によって異なります。

このような悩みを解決するためにエステサロンは存在しているため、常にお客様からの需要はあります。

最近ではリーズナブルな価格で利用できるエステサロンも増えているので、これからも利用者は増えていくと想定されています。

エステサロンとして経営を続けることは大変ですが、美容の需要を考えると必要な存在であることは間違いありません。

エステティシャンに求められること

これからエステティシャンとして仕事を続けるなら、何を求められるのかを理解しておかなくてはいけません。

お客様が求めているサービスを提供することでエステサロンの経営は安定していきます。

こちらでは、エステティシャンに求められるスキルについて詳しく説明します。

エステティシャンに求められるスキル

エステティシャンに求められるスキルには、以下のようなものがあります。

・カウンセリング力

・施術の技術

・衛生管理

・集客

それでは順番に説明します。

カウンセリング力

エステサロンでは、お客様の悩みを聞きながら1人ひとりに合った施術をする必要があります。

そのためカウンセリング力は必要不可欠となっており、施術前の重要な仕事です。

お客様の肌やアレルギー、要望などを聞き、悩みを解消する改善策を提案することが大切です。

お客様に安心してもらうためには信頼関係を築く必要があるので、コミュニケーション能力も欠かせません。

接客経験がなかったり話すことが苦手だったりするときは、先輩のスタッフや教本から勉強するようにしましょう。

施術の技術

エステサロンで最も重要なことは、施術の技術力です。

フェイシャルやボディ、脱毛など施術方法はさまざまですが、お客様に満足してもらうためには正しいやり方を知っている必要があります。

力加減やエステ機器の使い方など理解しておかなければいけないことは豊富です。

エステティシャンは未経験でもはじめられますが、プロとしての技術を身につけたいなら経験と知識を積み重ねることが大切です。

衛生管理

エステサロンのルーティンワークとして重要なポイントが衛生管理です。

とくに新型コロナウイルスの流行から、美容業界をはじめ多くの業界で衛生管理が徹底されるようになりました。

衛生状態が良ければお客様もリピートしてくれるので、経営を安定するためにも重要となります。

施術をするベッドやシーツはもちろん、部屋全体の掃除は徹底しておこなうようにしましょう。

集客

多くのお客様にエステサロンを利用してもらうには、集客に力を入れる必要があります。

いくら施術技術が高く衛生管理を徹底していても、集客をしなければお客様は利用してくれません。

集客方法はさまざまですが、代表的な媒体としてチラシや看板、ホームページ、SNSなどがあります。

最近ではパソコンやスマートフォンから情報を探す人が多いので、ホームページやSNSはとくに力を入れるべき集客方法です。

エステサロンの魅力やお客様が求めている情報は何かを考え、有益なコンテンツを提供するようにしましょう。

エステティシャンとして取得すべき資格

エステティシャンは資格を持たなくてもはじめることができる職業です。

ですが資格を取得しておくことでエステサロンの信頼性は上がり、お客様も安心して利用できます。

エステティシャンとして取得すべき資格として、以下の2つがあります。

・CIDESCO

・一般社団法人日本エステティック協会資格

資格の詳細について説明するので、ぜひ取得を検討してください。

CIDESCO

CIDESCOは、世界的に知名度が高いベルギーで設立されたエステティック教育機関です。

CIDESCOには「CIDESCO国際ライセンス」という資格があり、取得することでエステティシャンとして世界的な知識と技術を持っていることを証明できます。

資格取得条件は以下の通りです。

【学生受験】

CIDESCO国際認定校で1200時間以上のカリキュラムを修了

CIDESCOの国際試験に合格

国際試験合格後、2年以内にエステサロンなどで600時間以上の実務経験

【一般受験】

日本エステティック協会が認定する「エステティック資格」を保有

エステティックの教育を600時間以上修了

エステに関する実務経験3年以上

申込書類の審査に通過

【受験費用】

1次試験:10,300円

本試験:61,000円

一般社団法人日本エステティック協会資格

一般社団法人日本エステティック協会資格は、1972年に設立されたエステティシャンの職能団体によって作られた資格です。

資格を保有することでエステティシャンとして基本的な技術や知識を持っていることを証明できます。

資格取得条件は以下の通りです。

【資格取得条件】

日本エステティック協会への入会

協会指定校で300時間以上のカリキュラム修了

エステティックに関する実務経験1年以上

【受験費用】

筆記試験:10,560円 技術力確認試験:13,640円

あわせて読みたい

未経験からエステティシャン独立を目指せる

未経験からエステティシャンの独立を目指すには、経験と実績を積むことが大切です。

まずはエステティシャンとしての働き方を理解し、独立するためにはどうすればいいのかを考えていきましょう。

こちらでは、未経験からエステティシャンの独立を目指す方法について詳しく説明していきます。

研修制度のあるエステティックサロン

未経験からエステティシャンを目指すときは、研修制度のあるエステティックサロンで働いてみることがおすすめです。

エステサロンの多くが研修制度を設けているため、未経験からでもエステティシャンの技術や知識を身につけられます。 アルバイトや正社員など働き方もさまざまなので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

美容業界での経験が積める

エステティシャンとして一から学びたいときは、専門のスクールに通う必要があります。

エステサロンによっては、専門のスクールを卒業していることを前提に雇用しているところもあるのです。

スクールなら、教材や実務を通してエステティシャンとはどういった仕事なのかを理解できます。

スクールに通う暇がない人は、エステサロンで働くことも1つの手です。

美容業界で経験を積み、独立のために技術や知識を身につけましょう。

働きながら資格取得ができる

プロのエステティシャンになりたい方は、働きながら資格取得を目指しましょう。

資格があればプロとしての技術や知識があることを証明できるので、お客様にも安心してもらえます。

エステティシャンには、前述で紹介した「エステティシャンとして取得すべき資格」以外にも多くの資格が存在します。

働きながら資格取得を目指すことで、時間を効率良く使いながらプロのエステティシャンに近づけます。

これから独立を目指すなら、自分の強みを作るためにも資格取得を検討しましょう。

エステティック業界のすべてが分かる情報セミナー

エステティシャンは開業するにあたり、資格が必須というわけではなく、働きながら色々な事を学べる職業です。美容への関心がより一層高まっているなかで、今後どんどん独立しやすい職業となっていくことでしょう。

これからエステティシャンを目指す方も、すでにエステティシャンとして活躍しこれから独立を検討している方にもオススメなエステに関することすべて学び放題のセミナーをご紹介致します。

繁盛サロン研究会®

サロンの経営にかかわる集客方法をはじめ、物販の取り入れ方、財務管理、VIP顧客の獲得方法、売上UPへの手段など、各分野のスペシャリストが講師として二か月に一度開催されています。

このセミナーの最大の魅力は、各業界での著名人が講師であるにもかかわらず受講料が安く、即実践できる内容でありコストパフォーマンスが高いことです。

会場参加とオンライン参加が選べますので、会場から遠い地域にお住まいの方でも気軽に受講できます。

1年間通して全6回のセミナーの他、特別セミナーも開催していますので、まずはお試しで受講するのも良いでしょう。

【まとめ】

今回は、エステティシャンの仕事がなくなるといわれる理由から現状と将来性、具体的な仕事内容まで詳しく解説しました。

エステサロンは競合店舗の多さやコロナウイルスの影響から飽和状態にあるといわれています。

そのなかで生き残るためには十分な施術スキルとコミュニケーションスキル、宣伝などを極めることが大切です。

エステティシャンには辛いところもありますが、そのなかでやりがいを感じられる部分もたくさんあります。

ぜひ当記事をもとにエステティシャンを目指したいと考えている方のお役に立ったなら幸いです。

▼サロン経営でお困りの方、繫盛サロン研究会®で一緒に学びませんか?▼
繫盛サロン研究会®

エステ機器に様々な種類があり、目指すサロンによって購入する機器は変わってきます。サロンのコンセプトに沿った正しい機器の選定が重要と言えるでしょう。また、保証やアフターフォローの有無は、その後のサロンの運営に大きく関わります。

サロン開業時は、どうやってエステ機器選びをするべきか分からないことだらけ。だからこそ、機器選びだけでなくどこから購入、またはリースするかは大変重要な問題です。ワールドジャパンでは様々な種類の美容機器の取り扱いがあり、エステサロンや治療院などへの導入実績は500社以上にのぼります。

種類が多すぎて何を基準に選べばいいか分からない、サロンの方針がはっきり決められなくて機器選びができない…エステ機器選びに悩んでいたら、どんなことでも無料で相談を受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ワールドジャパン株式会社公式HPはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE