fbpx

未経験でもエステサロンを開業できる?失敗しないポイントは?

未経験でエステサロンを開業するとなると、開業に向けての準備や経営についてなどお悩みの方が多いのではないでしょうか。今回は、未経験の方でも開業できるのか、失敗しない為にはどうしたらいいのかをワールドジャパン株式会社の千葉が分かりやすく解説いたします。

未経験でもエステサロンは開業できるのか

未経験の人でも、エステサロンを開業することは可能です。ただし、エステサロンを開業するためにはさまざまな準備が必要となります。

ここでは、未経験者がエステサロンを開業する場合に必要な準備について、詳しくご紹介したいと思います。

エステサロン未経験者が開業に向けて準備すること

未経験者がエステサロンを開業する際に準備することとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 知識を身につける
  • 技術を身につける
  • 開業資金を準備する
  • 物件を探す
  • 経営について勉強する

具体的な内容について、詳しく見ていきましょう。

知識を身につける

エステサロンの開業には、さまざまな知識が必要となります。エステや美容に関する知識はもちろんのこと、経理、法務、マーケティングなど、経営に必要なノウハウを身につけておくことも大切です。

また、最新のトレンドや顧客のニーズを知るために、情報収集のスキルも習得する必要があります。

技術を身につける

顧客に満足してもらえるような技術を身につけることは、エステサロンを運営する上では基本中の基本と言えます。

さらに、施術スキルはもちろんのこと、顧客のニーズを聞きだすコミュニケーション能力も大切です。

あわせて読みたい
開業資金を準備する

エステサロンを開業するには、店舗を借りるための不動産費用や、物件の改装費用、エステマシンの導入費用や広告・宣伝のためのマーケティング費用など、さまざまな費用がかかります。

また、オープンしてすぐは十分な収益が得られないケースもあるため、一定の期間を乗り切るための運転資金も用意しておかなければなりません。これらの開業資金を準備することも、エステサロンの開業には必要です。

物件を探す

物件探しもエステサロンの開業には大切な要素です。

  • どんなサロンにしたいのか
  • どんな顧客をターゲットにしているのか
  • どんなサービスを提供したいのか

上記のようなコンセプトを決めた上で、そのコンセプトや条件に見合う理想の物件を探していきます。

また、女性の顧客が多いエステサロンにとっては立地も重要なポイントです。衛生状況や治安が良く、安心して通うことのできる物件を見つけることも、エステサロンの開業を考える上では大事な点と言えるでしょう。

経営について勉強する

エステサロンを開業するには、経営について勉強することも大切です。特に、サロンスクールを利用すれば、エステの施術方法を学びつつ経営についてのノウハウも習得できるので効率的です。

また、エステサロンの経営に関するセミナーなども開催されており、そうした機会を活用するのもおすすめの方法です。

未経験でもエステサロン開業は出来るけど準備が大変

エステサロンの未経験者であっても、上記の条件をすべて満たすことができれば、開業は不可能ではありません。ただし、0からの出発であるため、身につけるべき知識や技術も多く、経験者に比べると準備は大変です。また、開業資金の項目でも述べたように、エステサロンの開業にはある程度の費用がかかります。

まず、エステの技術習得に必要な費用は以下の通りです。

通学通信講座
期間3ヶ月~2年約半年
費用50万~250万30万~

エステの技術を習得するには、主に美容学校への「通学」と「通信講座」を利用する方法の2つがあります。上記の表で比較すると、費用面では「通学」よりも「通信講座」の方が負担は少ないと言えます。

次に、エステサロンの開業に必要な費用を「自宅サロン」と「テナント」の2つのケースで比較してみましょう。

→スクロール
開業費用内訳 自宅サロン テナント
賃貸物件の契約費用 0円 160万円~
(月額賃料20万円の場合)
内装工事費用 20万円~ 200万円~
器具・家具代 10万円~50万円 30万円~100万円
消耗品・備品 10万円~ 20万円~
広告宣伝費 30万円~ 30万円~
合計 70万円~ 440万円~

上記の表を見ると、「自宅サロン」に比べて「テナント」の方が、開業時の費用負担はかなり重いことが分かります。エステサロンを開業する場合は、こうした点についても知っておく必要があるでしょう。

未経験でエステサロンを開業するならフランチャイズがおすすめ

未経験者が独学でエステサロンを開業する場合、いろいろな所から知識や情報を得る必要があり大変です。

その点、フランチャイズの場合は、開業や経営に関するサポートを受けることができるため、未経験者が開業を目指す場合はフランチャイズがおすすめです。

フランチャイズとは

フランチャイズとは、フランチャイザー(本部)とフランチャイジー(加盟店)が契約を結び、前者に対して後者がロイヤリティ(加盟金)を支払うことで、商標の使用権、商品やサービスの販売権などを得られるシステムです。

主なフランチャイズの業種としては、コンビニエンスストア、レストラン、飲食店、学習塾などが挙げられます。

フランチャイズ開業をするメリット

フランチャイズ開業をするメリットとして、以下のような点が挙げられます。

  • 未経験でも始められる
  • スムーズに開業できる
  • 集客がしやすい
  • 経営のサポートを受けられる
  • 開業コストが削減できる
  • 金融機関から融資が受けやすくなる

それぞれのメリットについて、詳しくご紹介します。

未経験でも始められる

エステサロンのフランチャイズ開業は、未経験でも始めることができます。

フランチャイザーから提示された加盟条件をクリアすれば、資格や経験がなくてもエステサロンのオーナーになることが可能です。

未経験でも始めやすいというのは、フランチャイズ開業の大きなメリットと言えます。

スムーズに開業できる

個人で開業をする場合、施術に必要な機械や商品はすべて自分で準備しなければなりません。一方、フランチャイズ開業の場合は、フランチャイザーが用意した機械や商品を使用することができます。

そのため、個人開業に比べるとフランチャイズ開業は、未経験者でもスムーズに開業することが可能です。

集客がしやすい

集客がしやすいという点もフランチャイズ開業のメリットです。

個人で開業する場合は知名度ゼロからのスタートとなるため、名前を浸透させるまでにある程度の時間がかかります。

その点、フランチャイズは知名度の高いブランド名を利用できるので、開業直後から一定の集客を見込むことが可能です。

経営のサポートを受けられる

フランチャイズ開業では、フランチャイザーから経営のサポートを受けることができます。経営のやり方について、具体的なノウハウを教えてもらうことができるので、未経験者でも安心して開業にチャレンジすることが可能です。

施術やサービスメニューについても自分でイチから考える必要がなく、経営状況に合わせてアドバイスを受けられるのは強みと言えるでしょう。

開業コストが削減できる

個人開業に比べて開業コストを削減できるのも、フランチャイズ開業のメリットです。特に、フランチャイザーが物件を手配してくれるケースでは、開業コストをほとんどかけずにエステサロンを開くことも可能です。

また、フランチャイザーから支援金を受け取ることができるなどのメリットもあります。

金融機関から融資が受けやすくなる

開業にあたって金融機関から融資を受ける方も多いかと思いますが、個人開業の場合は審査が通らずになかなか融資が受けられないというケースも少なくありません。

その点、フランチャイズ開業であれば、社会的に信用のあるフランチャイザーが後ろ盾についているので、金融機関から融資を受けやすくなるというメリットがあります。

フランチャイズ開業をするデメリット

フランチャイズ開業には、メリットだけでなくデメリットも存在します。

フランチャイズ開業の主なデメリットは以下の通りです。

  • 自由度が低い
  • 他店舗の悪い影響を受けることがある

どのようなデメリットが存在するのかについて詳しく見ていきましょう。

自由度が低い

提携する会社にもよりますが、フランチャイズ開業をする場合、基本的にはフランチャイザーが決めたメニューやサービスを提供する必要があります。自分でゼロから考える必要がない反面、自由度が低いのはフランチャイズ開業のデメリットと言えます。

こうした点から、こだわりのサービスや商品などを提供したいと考えている方にとっては、フランチャイズ開業は不向きと言えるかもしれません。

他店舗の悪い影響を受けることがある

他店舗で不祥事などが起きた際に、自分の店舗は無関係でも悪い影響を受けることがあるのもフランチャイズ開業のデメリットです。近年はSNSなどを通じて悪い噂が拡散されやすいため、同じブランド名を背負うことで風評被害を受けてしまうリスクがあります。

また逆に、自分の店舗が問題を起こしたときに、他店舗にまで迷惑をかけてしまうのも、フランチャイズ開業のデメリットと言えるでしょう。

フランチャイズ開業なら『エスプライザFC』がおすすめ

エスプライザとは

エスプライザとは、ワールドジャパン株式会社が運営する「月額制30分エステティックサロン」です。一般的なエステよりも通いやすく、セルフより充実していることが特徴で、美容室感覚で気軽に利用することができます。

エスプライザFCの特徴

エスプライザFCには以下のような特徴があります。

  • 低投資
  • 安定した収益
  • 高い利益率
  • 教育コストがかからない
  • 高品質な機材

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

低投資

エスプライザFCでは、シャワールームやパウダールームの設置を省くことで、従来型のエステサロンの1/2以下の投資で開業することができます。

開業資金を低く抑えることができるので、未経験者でもチャレンジしやすいのが特徴です。

安定した収益

エスプライザFCでは月額制を採用しています。そのため、季節や天候に左右されることなく、安定した収益を得ることができます。

また、低価格のため続けやすく、退会率が低いという特徴もあります。

■エスプライザFCの契約会員構成

高い利益率

回転率の高いビジネスモデルが確立されているため、限られた人員でも効率的に運営を行うことが可能です。

また、前述の通り月額制を採用しているため、損益分岐点を超えた月からは継続して利益を出すことができる仕組みになっています。

教育コストがかからない

エスプライザFCでは、業務フロー、新規顧客対応、紹介喚起など、エステサロンの全ての業務に関するマニュアルを用いた研修プログラムを採用しており、未経験の方でも約2週間でお客様デビューをすることができます。

紙のマニュアルだけでなく研修の動画も用意されており、短期間でサービスへの理解を深めることが可能です。

高品質な機材

全国で2,000店舗以上のエステサロンに導入実績を持つ、高品質かつ安全なエステ機器「セルライトゼロシリーズ」が使えるのも、メーカー直営のエスプライザFCならではの特徴です。

開業直後から、1台でいくつもの機能を持つ痩身複合機によるハイクオリティな施術を提供することができます。

詳しいお問合せはこちらから

フランチャイズ開業を成功させるポイント

フランチャイズ開業を成功させるポイントとして、以下のようなものが挙げられます。

  • フランチャイザー選びを慎重に行う
  • 本部のノウハウをしっかり取り入れる
  • 物件・立地選び
  • 開業資金にゆとりを持つ

これらのポイントをしっかり押さえることが、フランチャイズ開業の成功には重要です。

フランチャイザー選びを慎重に行う

フランチャイズ開業をする際に一番大切なポイントは、フランチャイザー選びを慎重に行うことです。フランチャイザー(本部)はフランチャイジー(加盟店)にとって単なる「看板」ではなく、大切なビジネスパートナーだからです。

フランチャイズ開業を成功させるためには、「なぜエステサロンを開業したいのか」「どんなエステサロンを作り上げたいのか」といったコンセプトを自分の中で明確にした上で、同じビジョンや考え方を持つフランチャイザーを選ぶことが大切です。

本部のノウハウをしっかり取り入れる

フランチャイズ開業では、オーナーのオリジナル性よりも、本部のノウハウをしっかり取り入れることが優先されます。フランチャイザーのブランド名を看板に掲げる以上、本部のやり方を忠実に実行することが、顧客の期待に応えることにも繋がるからです。

下手にオリジナリティを出そうとすると「期待していたサービスと違う」と逆の評価を受けてしまう恐れがあるため注意が必要です。

物件・立地選び

サービス内容は良くても物件や立地が悪いと、経営にとっては不利になります。また、同じフランチャイザーの別店舗が好立地に出来た場合、打撃を受ける恐れもあります。

そうしたリスクを避けるためにも、物件・立地選びは重要です。フランチャイザーによっては事前にアドバイスをしてもらえるケースもあるため、プロの意見を聞いたり、リサーチを行ったりした上で物件や立地を選ぶようにしましょう。

開業資金にゆとりを持つ

フランチャイズ開業の場合、売り上げの中から一定の金額を、ロイヤリティとしてフランチャイザーに支払う必要があります。しかし、開業直後は十分な利益が得られないケースも多いため、開業資金にゆとりを持つことは大切です。

一般的には、エステサロンをフランチャイズ開業する場合、300~500万円の開業資金が必要になるとされています。どの程度の資金が必要なのか、事前にフランチャイザーに確認しておくことが大切です。

【まとめ】

今回は、未経験で開業する方法や失敗しない為のポイントを解説いたしました。
経験や資格がない未経験者でもエステサロンを開業することは出来ますが、集客や経理など自分で行うことを考えると、フランチャイズ開業を考えてみるのもいいかもしれません。
フランチャイズ開業をする場合は、フランチャイザー選び が重要になりますので、コンセプトや資金面などを踏まえて選びましょう。

エステ機器に様々な種類があり、目指すサロンによって購入する機器は変わってきます。サロンのコンセプトに沿った正しい機器の選定が重要と言えるでしょう。また、保証やアフターフォローの有無は、その後のサロンの運営に大きく関わります。

サロン開業時は、どうやってエステ機器選びをするべきか分からないことだらけ。だからこそ、機器選びだけでなくどこから購入、またはリースするかは大変重要な問題です。ワールドジャパンでは様々な種類の美容機器の取り扱いがあり、エステサロンや治療院などへの導入実績は500社以上にのぼります。

種類が多すぎて何を基準に選べばいいか分からない、サロンの方針がはっきり決められなくて機器選びができない…エステ機器選びに悩んでいたら、どんなことでも無料で相談を受け付けているので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ワールドジャパン株式会社公式HPはこちら

お問い合わせ

PAGE TOP

資料請求・お問い合わせ

無料デモンストレーション・お見積りも
こちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ LINE