トピックス

バストの悩み・コンプレックスを一網打尽!

  • はてなブックマーク
  • Google+

美バストをつくるサロン施術の実力とは?

今、バストアップ施術を受けるためにエステサロンを訪れる女性が増えているといいます。

「サイズが小さい」「(年齢によって)位置が下がってきた」「左右の大きさが違う」など、女性たちがバストに抱える悩みはさまざま。エステサロンはそうしたバストへの悩みやコンプレックスを「メスを入れることなく」解消してくれる場として受け入れられているのです。

バストのサイズや形に悩みを抱えてはいませんか?

バストのサイズや形に悩みを抱えてはいませんか?

ではサロンでのバストアップエステとは、どのような内容で、どのような効果が期待できるものなのでしょうか。そこで、現在サロンで行われているバストアップエステについて解説していきたいと思います。

バストへの「コンプレックス」の原因を探ろう

バストは乳腺と脂肪、そしてクーパー靭帯といわれる繊維の束で形成されており、それらを大胸筋が支えています。

バストは9割が脂肪分、残り1割が乳腺でできているといわれています。中にはバストを大きくするためには「脂肪を増やすことが先決」と思っている人もいるかもしれませんが、それは大きな間違い! 実はやみくもに脂肪を増やすだけではバストは垂れ、形が崩れやすくなってしまうのだとか。

実は、大きさも形も魅力的な「美乳」をゲットするためには、バストの“骨組み”となる乳腺を発達させてしっかりと働かせることが何よりも重要。乳腺が発達すれば脂肪も自然と増え、バストが成長するだけでなく、キレイな形を維持することも可能となります。

胸が小さいとお悩みの場合は「乳腺を発達させる」ことが重要!

胸が小さいとお悩みの場合は「乳腺を発達させる」ことが重要!

また、加齢や運動、出産後の授乳育児などによって「バストが下がった」とお悩みの方も多いはず。年齢を重ねてもキレイで上向きのバストを維持するためには、乳腺と皮膚をつないている「クーパー靭帯」を伸ばさない・切らさないようにすることが重要です。

ノーブラで過ごす時間が長い、バストが揺れる運動をする機会が多いなどの理由によって伸びてしまったクーパー靭帯は、なかなか元の状態には戻りませんし、一度切れてしまったクーパー靭帯は二度と修復することもできません。バストの「位置が下がった」と気づいたら、早めの対策が必要なのです。

就寝時にもナイトブラなどを着用してクーパー靭帯を守ろう!

就寝時にもナイトブラなどを着用してクーパー靭帯を守ろう!

エステサロンでのバストアップ施術が人気を集めている理由は、こうしたバストの機能をしっかりと認識し、「乳腺」や「クーパー靭帯」といった自分では難しい部分を狙ってピンポイントにケアをしてくれるから。

では、実際、サロンではどのような方法でケアを行っているのでしょうか。

バスト施術には大きく分けてマシンとハンドマッサージの2種類が!

エステサロンでのバストアップ施術は、その店舗によって内容が異なりますが、大きく分けて「エステ機器を使っての施術」と「エステティシャンによるハンドマッサージ」の2つが挙げられます。マシンのみ、マッサージのみというサロンもあれば、両方を組み合わせた施術を行うところもあります。

◆マシンを使ったバストアップ施術

サロンによって呼び名やメニュー名は異なりますが、基本的にはバストアップ施術に用いられる機器は「光照射」と「EMS」、「マイクロカレント」の3つが主流となっています。

●光照射による施術

「光照射」とは、特殊な光エネルギーによって脂肪を膨張させ自然とバストのボリュームをアップさせるというもの。また、光を当てることで肌のハリや弾力の元となるコラーゲンやエラスチンを産生する線維芽細胞の働きを活発にさせ、バストを支えるクーパー靭帯を太く強くする効果も期待できます。

光豊胸施術にはバストにうれしい効果がいっぱい!

光豊胸施術にはバストにうれしい効果がいっぱい!

また、バストに光を照射すると脂肪細胞が膨張し、その刺激によって女性ホルモンの分泌が活性化するという効果も。それが乳腺の発達・バストアップにつながります。光照射によって1回の施術で1㎝以上もバストアップするといわれています。ただし、継続することでその効果が定着するものになりますので、複数回の施術を繰り返すことになります。

シルキーライト ベルシーノ

国産業務用脱毛機シルキーライトNEW-Rの後継機。新型複合機として、脱毛機能・バストアップ機能・フォトフェイシャル機能を搭載。バストアップフォト機能が充実しているので他サロンと差別化が図れる。…

●EMSマシンによる施術

EMSとは、低周波や高周波の電気を流して筋肉に働きかけるマシンのこと。このマシンを胸に行うことで、胸の土台となる大胸筋や小胸筋を鍛え、下垂したバストのリフトアップをめざします。

バストが正しい位置にアップすることで、バストが大きくなったという人もいますが、EMSはバストのリフトアップにこそ高い効果が期待できますので、バストの下垂が気になっている人に特にオススメの施術といえます。

EMSは授乳などで下垂したバストに悩む人にピッタリの施術

EMSは授乳などで下垂したバストに悩む人にピッタリの施術

ただしこちらも豊胸手術のようにすぐに効果が期待できるものではないので、複数回の施術を受けることが必要になります。

●マイクロカレントによる施術

マイクロカレントとは身体に微弱電流を流すことで背中やワキ、おなかへと流れた脂肪をバストに集め、自然なバストアップをめざすもの。またバスト自体の脂肪にも作用し、より多くの脂肪をバストに集める効果も期待できます。

マイクロカレントによる施術は医療の現場でも行われており、バストの底辺からバストの重みを支える大胸筋を刺激するため、無和向きのツンとした形のよいバストをつくることができるともいわれています。

◆エステティシャンによるバストアップマッサージ

またエステサロンでのバストアップ施術で多く取り入れられているのが、エステティシャンによるマッサージ。機械を使った施術を行っているサロンでも、より高い効果を引き出すためにマッサージを併用しているところが多いようです。

バスト周りだけでなく、背中や腕などのリンパの流れを整えるマッサージも

バスト周りだけでなく、背中や腕などのリンパの流れを整えるマッサージも

エステサロンで行われるバストアップマッサージは、乳腺を刺激するものやリンパの滞りを改善することを目的としたものが主流。

乳腺を刺激するマッサージは、バストをマッサージし、バスト内の乳腺細胞を刺激し、活性化するというもの。バストから流れた脂肪を強くもみ、柔らかくすることで、バストを元の位置に戻すという目的もあります。

一方、リンパマッサージは背中や肩、デコルテ全体などのリンパの流れを考えながら、リンパ節に溜まった老廃物をスッキリと流すことでバストアップ効果を引き出すだけでなく、体型自体をキレイに整え、見た目にも美しいカラダへと導いてくれます。

サロンのバストアップ施術で、自信を持って水着が着られるバストに!

サロンのバストアップ施術で、自信を持って水着が着られるバストに!

バストアップにはマッサージが効果的だといわれ、自己流でバストマッサージをしているという人もいます。しかし、素人がバストを強く刺激するとバスト内部の組織や皮膚を傷つけてしまうことも少なくないといいます。

だからこそ「バストアップ施術を受けたい!」と思った時には、サロン選びにも慎重になりたいもの。口コミや評価、そしてこれまでの実績などを確認し、可能であれば体験施術を受け、本当の「プロ」の施術を体感してみることも大切です。

ベルシーノ バストゲル

豊かなバストに導くと共に豊富なスキンケア成分が働きかけて健やかにうるおった美肌に導く高性能バストジェル。…

理想的なバストをつくる「Ratia横浜店」のバストアップ施術とは?

そんな中、「女性らしいきれいなバストになれる!」とクチコミで評判が広がり、話題となっているのが、横浜駅西口から3分というアクセスも人気のStudio Ratia 横浜店。バストが小さい、垂れている、左右差がある、谷間がない、デコルテに肉がないといった、「バストの5大コンプレックス」に対応した独自メソッドで高い評価を得ています。

Studio Ratia横浜店の豊胸メソッドは、美乳大国と呼ばれるタイの技術を取り入れたバストアップマッサージと光照射、そして美容豊胸に効果的だといわれているプエラリアを配合したサプリメントを組み合わせたもの。カウンセリングで一人ひとりのバストの状態を確認し、最も適したケアを提供してくれます。

カウンセリングによってその人に合ったお手入れを提案してくれる

カウンセリングによってその人に合ったお手入れを提案してくれる

バストだけでなく、背中やおなか、ワキのリンパの流れに沿ったマッサージで、本来「あるべき位置」にバストを整え、特殊な光で乳腺に刺激を与える光照射を加えることで、ハリのある美しいバストへ。独自のマッサージは、他にはない刺激と、効果を実感できるはず! また、バストアップのための正しい下着の着け方も教えてくれます。

ただ「大きくする」だけではなく、本当に女性らしいバストを追求し、多くの女性に喜びを提供してきたStudio Ratia横浜店の豊胸メソッド。その実力をお得に体験できる初回価格も設定されているので、コンプレックス解消のためにもぜひ一度、足を運んでみてはいかがだろうか。

美容ライター 大野ルミコ
大手広告代理店、出版社での勤務を経て独立。女性誌や美容専門誌などを中心に、コスメ、サプリメント、ホームケアアイテムに関する記事執筆、取材多数。『美容用語事典』(美容経済新聞社)の薬事監修・校正なども手掛ける。
  • はてなブックマーク
  • Google+