トピックス

秋の日焼け対策!日焼け止めの選び方や塗り方を工夫して美肌美白を目指そう!

  • はてなブックマーク
  • Google+

秋の日焼け対策!日焼け止めの選び方や塗り方を工夫して美肌美白を目指そう!

夏の日差しが和らぎ秋になると、途端に日焼けケアをやめてしまう方がいます。でも、その怠りが肌への深刻なダメージなる場合があるってご存知ですか?実は夏ほど日差しが強くなくても日焼け対策は必要なんです。

「夏が過ぎたのに肌の調子が悪い。」「美白対策をしているのに肌が黒ずむ。」という症状にお悩みの方は、秋の日焼け対策をスキンケアに導入してください。
秋の日差しからでも肌はダメージを負います。秋用の日焼け対策で美肌を手に入れましょう。

秋でも美白を脅かす紫外線は降り注ぎます。
夏は海水浴やレジャーなどで日焼け止めが欠かせない!と日焼け止めケアはしている方は多いと思います。でも季節が変わり秋になるとどうでしょうか?夏ほど熱心に日焼け対策をしていない方が多いと思います。
秋にこそ力を入れたい日焼け対策について順を追って説明します。

日焼け対策は美白への近道

日焼け対策は美白への近道

紫外線から肌を守るためには日焼け対策は欠かせません。美白をキープするために日焼け対策を意識しましょぅ。
シミや美白に近づきたいなら日焼け対策は絶対です。紫外線は美白の大敵であるのはもちろん肌が老化する原因ともなります。まずは紫外線の種類、SPF、PAの値について説明します。

紫外線委はA波とB波の2種類がある

紫外線と一口に言っても種類があります。実はA波とB波に分かれており、それぞれが肌に与えるダメージが違ってきます。現在地上に届いている紫外線は95%がA波、残り5%がB波と言われています

A波は急激な変化を肌に与えないものの肌の奥、真皮まで届きます。その結果コラーゲンやエラスチンを刺激、シワやたるみの発生源となります。また雲やガラスも通りやすいという特徴を持ちます。なので曇りの日であってもA波は降り注ぎ、室内にいるからといって安心はできません。

一方B波は日焼けを起こす力が強いとされています。また肌に与える影響としては、メラニン色素を作らせ、シミや肌が黒くなる原因になります。ただA波に比べて日傘などである程度防ぐことができます。

SPFとPA+が表すこと

紫外線にはA波B波に分かれることは既に説明しました。このどちらの紫外線をブロックするかの違いがSPFとPA+です。SPF 値は紫外線によるシミの原因を防ぐのではなく、日焼けしてから肌が赤くなるまでの時間を表した数値です。そのため海水浴やレジャーなどのシチュエーションに適しています。 夏の日焼け止め選びでSPF50が最適と言われるのは、このためです。

次にPA値は紫外線の中でもシワやたるみとなる原因を防ぐ数値です。
そのため本気で紫外線を防ぐのならPA値に注目しましょう。秋の日焼け止め選びでチェックする数値はPA値です。+が多いほど紫外線を防ぐ効果が高まります。
シミやたるみの脅威となるPA値をカットし、秋でも美白対策になります。

秋の日焼け止め選びのポイント

秋の日焼け止め選びのポイント

秋でも日焼け対策は必要。といっても夏ほどの強い日焼け止めは必要ありません。夏ほど日差しが強くないからです。秋にSPF値が高い日焼け止めを選ぶと肌への負担が大きくなります。秋の場合は数値の低いタイプを選びましょう。秋の日焼け止め選びの際はSPF20~30、PA++程度で大丈夫です。また日焼け止めは2~3時間で塗りなおす必要があります。
塗りなおす際は手軽なスプレータイプを使用するなどシチュエーションによって使い分けましょう。

日焼け止めを塗るコツ

いい日焼け止めを使っていても塗り方に問題があると効果を発揮できません。日焼け止めを綺麗に塗るコツは、量をケチらずたっぷりとむらなく、そして満遍なく塗ることです。
確かに日焼け止めは毎日使うもので消費が激しく、商品によっては値が張るものもあります。しかし、日焼け止めの量が少ないことでシミやシワができてしまっては、元も子もありません。惜しみなく使うようにしましょう

また日焼け止めの塗り残しにも気をつけましょう。特に塗り忘れやすいのが、耳の前あたり、顔の両サイドやこめかみ、そして頬骨の高い部分です。まぶたやデコルテも塗り残すことが多いのでチェックしてください。

ムラなく日焼け止めを塗るポイント

ムラなく塗るのが難しいという方は次の塗り方を試しましょう。それは日焼け止めを一度に塗らず2回に分けて塗る方法です。

適量取った日焼け止めを顔に5点置きし馴染ませます。2回目も同様に5点置きします。ポイントは5点置きする場所を1回目と変えることです。こうすることで違う場所を塗ることになり結果としてムラがなくなります。全体的になじませたら、余った日焼け止めで首元や手の甲を塗ることを忘れないようにしてください。

目からの日焼けにも注意

目からの日焼けにも注意

しっかり日焼け止め対策をしているのに肌のダメージが気になる、美白効果を感じない方は、目からのケアがなされていない場合があります。最近ではスマホやパソコンによる目の疲れが増えおりアイケアも重視されています。日焼け対策も同様に行いましょう。

たった数分でも日焼けを起こしてしまう

紫外線はたった数分間浴びるだけでも影響が出てしまいます。そのため、少しの外出でもサングラスは欠かさないようにした方がいいでしょう。
直接、太陽を見なくてもガラスの反射などで目を酷使しがちです。

また選ぶサングラスにも注意しましょう。いくら色の濃いサングラスだからといって必ずしもUV効果があるわけではありません。しっかりとUV効果がある商品を選んでください。

室内ならパウダーファンで予防できる

室内ならパウダーファンで予防できる

「毎日、日焼け止めを塗るのは不安」「肌の調子が悪いので、極力刺激を与えたくない」という場合は、日焼け止め効果のあるパウダーファンデーションを塗ることをおすすめします。ただし、これは日差しが強い屋外ではなく屋内に限った話です。

パウダーファンデーションは室内使いがマスト

どういったシチュエーションでパウダーファンデーションが役に立つか?
それは日中の室内です。休日で特に用事がない場合は極力メイクをしたくない場合があります。でも紫外線はガラスをも通り越して、あなたの肌にダメージを与えます。そのため日当たりの良い室内に入るときやガラス貼りの建物に入る際なども日焼け止めは欠かせません。お肌の大敵であるシワやたるみを紫外線の脅威から防ぎましょう。
日焼け止め効果が高いパウダーファンデーションを塗るだけで手早くケアができます。

ムラなく塗れる利点がある

もう1つパウダーファンデーションの良いところはムラなく肌に塗れるところです。
さらに、メイクの上からでもサっと手直しできる点も便利です。
商品によっては UV 効果の高いものもあり、夏の日差しではなく秋の日差しなどの低い場合なら取り入れるのもありです。

日焼け止めよりもパウダーファンデーションの方が良い場合もあります。シチュエーションによって使い分けすることが大事です。

まとめ

まとめ

秋になった途端に日焼け対策をやめてしまうと、美肌への道のりが遠くなってしまいます。夏ほど力を入れずとも、秋には秋の日焼け対策があります。
秋の日焼け止め選び、塗り方、パウダーファンデーションの導入などを紹介しました。

紫外線は美白の大敵であるのはもちろん肌が老化する原因ともなります。憧れのシミのない肌、美白を目指すなら徹底して日焼け対策を取り入れるべきです。
秋でも日焼け対策は欠かせません。このケアが美肌、美白を作る重要なポイントなのです。夏にばかり意識が向きがちな日焼け対策。秋にも取り入れて美肌を手に入れましょう。

  • はてなブックマーク
  • Google+